社協職員日記

2015.07.21

認知症研修会を開催しました。

こんにちは!在宅福祉サービス課です。

 

 今回は、介護老人保健施設 第二嘉祥苑「アコラス」施設長奥田隆利氏をお招きし、全事業所の職員を対象に認知症研修会を開催しました。

 

DSC01679

 

医学的側面から見た認知症の基本理解や認知症ケアの理念と視点、認知症による生活障害、心理・行動の特徴の理解と支援方法について講義をしていただきました。

 

DSC01680

 

事例を交えながらのお話や説明をしていただき、研修後のアンケート結果においても「わかりやすかった」との意見が多かったです。

 

ありがとうございました!

2015.07.15

介護職員初任者研修を開講しました!

こんにちは!在宅福祉サービス課です。

 

7月1日(水)より、平成27年度介護職員初任者研修を開講しました。

 

DSC01661

 

受講生は8名、講義及び演習は7月~10月(合計21日間)です。

 

初日の講義では、松阪社協嬉野支所 通所介護事業所を見学させていただきました。

 

DSC01666

 

様々なお仕事の方が受講されていますが、目指すものは皆おなじです。

皆様の介護技術の習得や普及に努めていくことができればと思います。

 

これから4ヶ月間の長丁場となります。

どうぞよろしくお願いいたします。

2015.07.13

リスクマネジメントの研修会を開催しました。

こんにちは!在宅福祉サービス課です。

 

今回は飯高支所 グループホームいいたか管理者の福本詩子さんに講師をお願いし、全事業所の職員を対象にリスクマネジメントの研修会を開催しました。

 

介護サービスのリスクマネジメントという題材で、新しい事故防止の手法やヒヤリハットの評価について詳しく教えてくださいました。

 

また、ヒヤリハットシートを有効活用するため、事例に沿って実際にヒヤリハットシートへ記入し、記入方法や評価の仕方などについても教えていただきました。

 

【6月28日(月)嬉野支所嬉野社会福祉センターでの様子】

DSC01645

【6月29日(火)飯南支所ボランティアルームでの様子】

DSC01657

 

人が生活することに伴うリスクはゼロにはなりません。しかし、私たちはいかにリスクを予測し、事故防止を図ることができるか。それぞれの研修を活かして明日からの業務で努めたいと思います。

2015.06.18

大塚製薬さんをお招きし、摂食回復支援食と熱中症予防における水分補給についての勉強会を開催しました。

こんにちは!在宅福祉サービス課です。

 

6月15日(月)は、嬉野福祉センターにおいて、第1回居宅介護支援事業所支所間研修会を開催。

今回は、大塚製薬さんをお招きし、摂食回復支援食と熱中症予防における水分補給について学習しました。

 

前半の部では、イーエヌ大塚製薬株式会社マーケティング本部マーケティング部の小島真人氏による「摂食回復支援食 あいーと」についてご説明をいただきました。

 DSC01630

あいーとは、“食材ごとに酵素を選び形が崩れないギリギリの柔らかさで調理され、口の中でふわっと溶ける柔らかさ”が特徴。説明終了後には、あいーとを試食させていただきましたよ。

見た目は常食と変わりなく、食材本来の風味や色調が保たれているのです。

 

後半の部では、株式会社大塚製薬工場OS-1事業部営業部名古屋支店の伊藤勝浩課長より脱水の原因や注意事項などについて詳しく説明をしていただきました。

脱水予防に有効なオーエスワンの試飲品を1人1本ずつ配布していただき、試飲もさせていただきました。

DSC01627

私たちも含めて「かくれ脱水」になっている可能性もあり、夏場は特に要注意のようです。これから暑さ指数(WBGT)が上昇する危険な時期を迎えるにあたり、脱水の危険性や水分補給の重要性を啓発していくことができれば良いと思っています。

 

2015.06.09

介護技術研修を開催しました!

 こんにちは!在宅福祉サービス課です。

 

今回は松阪支所訪問介護事業所の田中信代さんに講師をお願いし、

通所介護事業所の職員を対象に、介護技術の研修会を行いました。

 

内容は、食事介助・おむつ交換・衣服の着脱・車椅子の移乗などです。

2人1組ペアとなり、介助側と利用者側に分かれて実践しました。

 

5月20日(水)【松阪社協嬉野社会福祉センター】

DSC01584

 DSC01587-2

5月26日(火)【飯南高齢者生活福祉センター】

DSC01594

 DSC01600

新人、ベテラン、職種、勤務地など様々な違いがある職員同士が集まり、介護というテーマの下に勉強会を行うことで利用者様へのサービス向上を図ることができればと思っております!

 

2015.02.27

ケアマネジャーのセルフケア研修

こんにちは!在宅福祉サービス課です。

 

松阪市社会福祉協議会(在宅福祉サービス課)は三重県介護支援専門員協会松阪支部の事務局を担当しております。

松阪支部は、松阪市、多気町、明和町、大台町の介護支援専門員(ケアマネジャー)で構成されており、介護支援専門員の資質及び社会的地位向上に努め、専門的知識、技能を研鑽し、介護保険制度が利用者主体の制度として確立されるよう、日々の実践・年間の研修を通して利用者の健康と福祉の増進に努めております。

 

 

2月25日(水)は松阪社協嬉野社会福祉センターにおいて、第9回の研修会を開催いたしました。

今回は健康運動指導士またはヨガインストラクターとしてご活躍されているTAMIKO先生をお招きし、『ケアマネジャーのセルフケア ~職場でできるストレス解消法~』と題して自身の身体を見つめ直すとともに、日頃の運動不足や心身のリラクゼーションを目的に運動指導をしていただきました。

 S1030024

いつもと違った研修の風景。

今回は簡易タタミを使用して心身ともにリラックスしながら…。

決して無理せず各自のペースでヨガを楽しむことができ、あっという間の90分でした。

S1040011

最後は「ナマステ」とヨガ発祥の地であるインドの挨拶で終了。

終了後も参加者から「また来年も…」「ぜひ職場でやってみたい…」など好評の声が多く聞かれたように思います。TAMIKO先生、本当にありがとうございました。

 

 

さて、いよいよ介護保険制度改正の時期が近づいてまいりました。確定された情報内容が気になるところでありますが、3月は制度改正に関わる研修会を予定しております。詳細が決まり次第ご案内いたします。

 

在宅福祉サービス課も松阪支部の事務局として管内のケアマネジャーに必要な情報をいち早くお伝えできるよう微力ながら支えていきたいと思っています。

 

2015.01.26

松阪支部 第8回研修会を実施開催しました!

こんにちは!在宅福祉サービス課です。

松阪市社会福祉協議会は三重県介護支援専門員協会松阪支部の事務局を担当しております。

松阪支部は、松阪市、多気町、明和町、大台町の介護支援専門員(ケアマネジャー)で構成されており、介護支援専門員の資質及び社会的地位向上に努め、専門的知識、技能を研鑽し、介護保険制度が利用者主体の制度として確立されるよう、日々の実践・年間の研修を通して利用者の健康と福祉の増進に努めております。

 

1月23日(金)は松阪市嬉野保健センターにおいて、第8回の研修会を開催いたしました。

今回は、昨年度の研修会が大変好評で、再度研修会に招聘いたしました聖隷クリストファー大学の中村裕子教授に、『認知症の周辺症状への理解とその対応に必要な援助技術』と題してご講演をいただきました。

 

 

 20150123研修会②

 認知症の人、またはその脳の状態を理解すること、そして先生の長年の現場経験をもとに作成された実践のポイントを学び、さらに写真を通して欧州の事情やその事例も学ぶこともでき…。

 

 

 

 20150123研修会③

後半では認知症の周辺症状への対応について、事例シートを活用して先生からアドバイスを聴かせていただきました。

先生の熱意が強く、時間もオーバーしましたが、皆さん喜んでもらえたのではないでしょうか。

 

 

2月の研修会についても、日程が確定し次第ご案内いたします。

ページの先頭へ戻る