社協職員日記

2020.07.10

大石地区防災計画(風水害編)の住民説明会と防災講演会が開催されました。

こんにちは! 松阪支所地域福祉係  南部地区担当の柳瀬です。

7月5日(日)大石地区防災計画(風水害編)の住民説明会と防災講演会が、南小学校にて開催され、総勢92名が参加されました。

 

この大石地区では、平成29年の台風21号により、最長4日間の停電、地域の複数カ所で斜面崩壊が起こり、

国道166号線が通行止めになるなどの被害に遭われました。

また、同年土砂災害防止法に基づく基礎調査により、

急傾斜地を中心に、土砂災害警戒・特別警戒区域の指定がなされ、大石地区土砂災害ハザードマップが作成されました。

近年の気候変動により長雨や豪雨が続くなど、大石地区にお住まいの住民の不安の声や防災意識が高まり、

「災害時の人的被害ゼロ」を基本方針に目的を定め、一人の犠牲者も出さない防災・減災の取組みとして、

今年3月に「大石地区防災計画(風水害編)」が策定されました。

 

当日は、新型コロナウイルスの感染拡大防止対策をして会場運営を行い開催。

第1部に説明会があり、第2部は、三重大学准教授 みえ防災・減災センターの川口淳先生を講師に迎え、

計画の取組みを高める「地区防災計画のブラッシュアップ」をご講演いただきました。

重要な事は、「ハザードマップ等、災害に備える情報は最新のもの見ること!」 

まず! 「マップを確認し自分の家がどういう状況にあるかを見る」

その上で、自分は(家族は)どう行動したらいいかを考え備えることが必要である。

大石地区には、その風水害タイムライン(行動計画)がある! 

今からがスタートである! とのお言葉をいただきました。

この研修会は、災害は待ってくれないこの時期に開催することに価値があるとのことです。

「コロナだから防災訓練が出来ない」ではなく、

こうした状況を踏まえて、どう対策を立て地域で取組むのか! を考える機会であると思います。

川口先生の講演をお聞きし、自分たちの日頃の備えがいかに大切であるかを改めて実感しました。

資料としていただいた大石の「災害時非常持出品チェックリスト」を基に、家の持出品を確認したいと思います!

大石地区の皆さん、三重大学 准教授 川口先生、松阪市防災対策課さん  ありがとうございました。

2020.06.03

松阪支所 地域交流多目的室でのイベント再開のお知らせ

松阪市社会福祉協議会では、「みんなの居場所 カフェ(旧とのまちカフェ)」を、殿町から新たに松阪社協 松阪支所(鎌田町)に場所を変えて再開いたします。

初回は、6月12日(金)13時~スタートです。

 

“外出してみたいけど、人ごみはちょっと緊張する“

“気軽に行ける場所が欲しい”

“人と話すのが苦手。でも、人と話がしたい”

 

ホット一息できる場、誰でも立ち寄れる居場所として・・・ゆっくり過ごしていただくためのカフェをオープンします。

ご要望に応じて、日常での困りごとの相談も承ります。

カフェにいらっしゃるみなさんがその日の気分でありのままに過ごし、新たな1歩のきっかけづくりとなるようお手伝いができれば幸いです。

どうぞ、お気軽にお越しください。

 

・開催日時: 毎月第2・第4金曜日 (※基本的に祝日は除く)    13時~15時まで

・開催場所: 松阪市社会福祉協議会 松阪支所 1階 地域交流多目的室

        (住所:鎌田町213—1)

 

☆コロナウイルス感染防止の為、来所の際は、可能な限りマスクの着用 および 検温にご協力をお願いします。

発熱がある、体調が優れない際は、無理をせずに、自宅での療養をお願いします。また、相談がある場合は、電話でもお受けします。

☆今後、コロナウイルス感染状況に応じて、開催の変更・中止を余儀なくされる場合があります。ご了承下さい。

 

6月~再開チラシ

2020.06.03

第四地区で花菖蒲が今年もきれいに咲いています。

 松阪市社会福祉協議会 松阪支所 北部地区 地域担当 大西です。

 

 

第四地区では、毎年6月上旬頃、第四地区住民協議会福祉部会の年間行事のひとつとして、「花菖蒲観賞会」が開催されます。

この観賞会では、泰山荘・吉祥苑の入所者の方と三郷保育園・松阪幼稚園・鎌田幼稚園の園児さんが招待され、花菖蒲を観賞し、園児の皆さんと高齢者の皆さんが歌や手遊びをして過ごす、素敵な交流行事となっています。

 

今年は、コロナウイルス感染防止のため観賞会は中止となりましたが、鎌田町の「鎌田花しょうぶ園」では様々な品種の花菖蒲がきれいに咲いています。

持ち主であられる鈴木逸郎さんにより「鎌田花しょうぶ園」の草刈りや手入れなどがきめ細かに行われており、新たに品種の分かる看板も設置されました。

 

また、第四地区住民協議会 福祉部 部会長 鈴木芳文さんより「7月の株植え替えの際に、プランターに花菖蒲を株分けし、いずれは新しくできた鎌中地域交流センター前で観賞できるように工夫をしたい」という想いをお伺いました。

 

コロナウイルスの影響により、観賞会は中止になりましたが、変わらず行われている「鎌田花しょうぶ園」の手入れや次の活動アイデアに、あたたかな気持ちになりました。

 

‟できない中でも、できることを当たり前に、少しずつ“ そんな言葉が浮かんできました。

 

7月には、希望する方に、花菖蒲の株分けもしてくださるそうです。

 

6月1日時点の訪問では、‟ 開花は全体の半分程”と伺いました。

 

 

散歩の途中に是非ご観賞ください!

 

2020.06.03

フードバンク松阪さんへ訪問しました!

こんにちは、松阪支所 地域担当です!NPO法人 フードバンク松阪さんに訪問し、活動のお手伝いをさせていただきました!

 

 「フードバンク」とは、安全に食べられるが包装の破損等の理由で流通に出すことのできない食品や、過剰在庫の食品を企業から寄贈していただき、必要としている方や団体等に無償で提供するという、『もったいない』を『ありがとう』へと繋げる活動のことをいいます。

 フードバンク松阪さんも個人の方や企業からのご寄付をもとに、生活や食べる物に困られている方々への支援をされています。代表の手島さんは「自分たちだって、いつ食べ物に困る生活になってもおかしくない。できる限りの支援をしたい」といつも力強く言われます。

 

ご寄付いただいた物品の一部です。コロナ禍で皆さん大変だと思いますが、多くの気持ちをお寄せいただいていました(^^)

 今回訪問させていただいた時には、外国人の利用者さんからお礼に貰ったマスクと手紙について嬉しそうに話をしていただきました。フードバンク松阪さんは単に『物』を受け渡すだけでなく、活動を通じて『気持ち』や『心』を通わすことをとても大事にされている団体だと改めて感じました。私も手島さんにお会いすると、いつも元気を貰っています(^^)

                       

 今、新型コロナウイルスの影響により、フードバンク松阪さんの支援を必要とされる方が多くなってきている現状をお聴きしました。地域にこのような活動をしている団体があることをこの機会に知っていただき、フードロスや食べる物に困られている方がいるということに少しでも関心をもっていただければ嬉しく思います。

 

 また、松阪社協でも保存食や、アルコールを除く飲料(賞味期限が充分にあるもの)の寄附受付を行っております。ご協力いただける方は、松阪社協 松阪支所(30-5210)までご連絡いただけますと幸いです。

 

 フードバンク松阪さん、今回もお忙しい中訪問させていただき、ありがとうございました(*^▽^*)

2020.05.08

松阪支所 コミュニティスペースでのイベント中止のお知らせ

松阪社協 松阪支所(鎌田町213-1)にて開催を予定している5月~ のイベントについて、新型コロナウイルス感染症 感染予防のため、中止とさせていただきます。

① 第2・第4金曜日「みんなの居場所 カフェ(旧とのまちカフェ)」 → 当面の間、中止

②5月28日(木)「キッズヨガ教室」 → 中止

 

今後、イベント等を再開する際は、社会情勢をふまえ、改めて告知させていただきます。

ご不便とご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解の程お願いいたします。

2020.04.20

松阪支所 みんなの居場所 カフェ(旧とのまちカフェ) 中止のお知らせ

 

松阪社協 松阪支所(鎌田町213-1)にて、第2・第4金曜日において開催を予定しておりました、みんなの居場所 カフェ(旧とのまちカフェ)ですが、この度、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、当面の間中止とさせていただくこととなりました。

 

ご不便とご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解の程お願いいたします。

 

新型コロナウイルス感染症の収束を目処に運営を再開する予定ですが、社会情勢をふまえ再開時は改めて告知させていただきます。

 

宜しくお願いいたします。

2020.02.05

第四地区にて 『親子防災教室』が開催されました!

松阪市社会福祉協議会 松阪支所 地域福祉係 です。

1月19日(日)第四地区で、『いもけんぴ』代表 大戸 俊慧さん主催の『親子防災教室』が開催されました。

 講師として、『防災ボランティア春告鳥』代表 三浦 洋子さん方による、災害時「死者・行方不明者ゼロ」を目指して自ら命を守る備えを身に付けることを目的に、自宅の危険チェックや、災害で使える簡易トイレを作る取り組みが行われました。

 また、参加者さんにアルミ缶を持ってきていただけるよう呼び掛けをしていただき、松阪社協 ボランティアセンターで行っている、車椅子購入のアルミ缶リサイクル活動にご協力いただきました。

 

 当日は、8組の親子が参加し、まずは、春告鳥さんの指導のもと、家族で一番過ごすことの多い部屋の見取り図を作成しました。作成した見取り図をもとに、自宅内の危険個所をチェックし、その対策について、代表三浦さんのご自宅内の対策と取り組みを紹介していただきながら、学びました。

実践にもとづく説明は、とても説得力があり、また具体的で“今から始められる”ものでした。

 次に、春告鳥さんの取り組みのひとつである、一斗缶を使った缶易トイレを皆で作成しました。この一斗缶トイレは春告鳥さんより希望される方に100円で譲っていただいており、赤い羽根共同募金「百貨店プロジェクト」に全額寄付として協力いただいております。

 災害発生時、ライフラインがストップすると水の確保が困難になり、トイレの水も流せなくなることから、トイレを我慢したり、感染症を引き起こし病気になる可能性があります。市販の簡易トイレは高価であり、簡易的に作り使えるものをと、独自で検証されながら作られた缶易トイレです。

 一斗缶、ダンボールなどの材料がセットされた一式を、春告鳥さん指導のもと組み立てていきます。シールなどを使って、オリジナルに飾っていきました。

 

 最後にその使い方を丁寧に教えていただきました。

 感染症がもっとも怖いことから、トイレの使用者が変わる際は、家族であっても必ず1回ごと捨てること、

今は防臭の袋が売られておりそれを活用するとほとんど臭いが漏れないことや、凝固剤は猫のトイレ砂を応用できること、などなど。発災後、“生きるため”の想いと知恵がたくさん詰まった講話でした。

 

 親子で参加することで、その理解や対応について、話し合いながら進めることができていたように感じます。

 最後は、松阪社協よりアルミ缶がどのように車椅子に変わっていくか、共同募金がどのように使われているか等を説明するお時間をいただきました。

 地域の中で「ふだんの、くらしを、しあわせに」するために、日々活動してくださっている活動団体さんがみえることは、とても貴重で重要なことだと思います。

「いもけんぴ」さん、「防災ボランティア春告鳥」さん、これからもよろしくお願いします!
みんなで応援しながら、“一緒に”取り組んでいきましょう!

2020.02.05

港まちづくり協議会 環境福祉部会による『福祉教育』が行われました!

松阪市社会福祉協議会 松阪支所 地域福祉係 です。

1月18日(土)港小学校地域参観日、4年生の授業で、港まちづくり協議会 環境福祉部会さんによる『福祉教育』が行われました。

夏過ぎから、港まちづくり協議会 環境福祉部会の役員方は、何度も何度も打合せをされ、この日に至りました。

子どもたちに福祉教育を通して伝えたいこと…

「福祉とは何か?をわかりやすく、知ってもらえるにはどうしたらいいかな。」

「子どもたちに、地元でどのような福祉活動が行われているか知ってもらえたらいいな。」

「港地区の福祉活動に次世代の担い手である子どもたちが参加してくれたらいいな。」

このような想いが取り組みへの原点になっていたように感じます。

 

話し合いを重ねる中で、「福祉を分かりやすく伝えるために、紙芝居を作成してはどうか。」というアイデアが出されました。

当初、どのような物語にするか、というところから絵本などを参考にし、話し合いが始まり、どんどんアイデアが出されました。

「シナリオを書いてこよう。」

「紙芝居の木枠も作ろう!」

「ナレーターを港地区の方にお願いしよう。」

「登場人物は動かせるようにした方がいいのではないか。」

「木枠の扉に貼る“切り絵”を寄附していただいた!」

 

みんなの知恵や特技、あたたかな想いなどが集まって、できることを一人一人が一生懸命に作業されました。

シナリオ修正、下絵描き、色塗り、木枠仕上げ・・・

 

本番が近づくと、何度も集まり、何度も予行練習をされました。

 

本番では、環境福祉部会 部会長八田さんの挨拶に始まり、『追い剝ぎにあった旅人』というタイトルの紙芝居を披露されました。この紙芝居は、お伊勢参りの帰り道、追い剝ぎにあった旅人を、通りかかった人たちが協力をし、知恵を出し合って助けていくお話です。

 

この話をもとに、福祉について呼びかけ、子どもたちの感想を伺いました。

子どもたちからは「皆で助け合う心が優しいと思った!」「港地区でこんな福祉活動をしていると知らなかった。」などの意見が聞かれました。

 

その後、港まちづくり協議会 環境福祉部会の行っている福祉事業を紹介されました。

高齢者への配食サービス、ふれあい農園、高齢者の集いの場『サロン・ド・みなと』…

『サロン・ド・みなと』の紹介では、みんなでサロンのテーマソングを唄いました♪

 

また、港地区における福祉活動について紹介をし、次世代の担い手である子ども達にその協力を呼びかけ、配食サービスにお手紙や折り紙などのメッセージを添えていただけることになりました!(*^^*)

 

港まちづくり協議会 環境福祉部会の皆さん、ナレーターの小菅さん、そして港地区の子どもさんたち… 皆で作った港地区オリジナルのとても素敵な授業でした☆

素敵な時間にご一緒させていただき、ありがとうございました。

ますます素敵な港地区になられるよう、これからも応援しています!!

 

2019.12.02

第四地区にて アルミ缶で参加できる『親子太極拳教室』が開催されました!

 松阪市社会福祉協議会 松阪支所 地域福祉係 です。

11月17日(日)市民活動助成事業 赤い羽根共同募金の配分団体 アーナンダさんによる『親子太極拳教室』が開催されました。
 アーナンダさんは、健康寿命の延伸を目的とする勉強会・活動の実施や太極拳教室の開催、青少年の健全育成のための活動、また、地域福祉実現のためアルミ缶やペットボトルキャップの収集活動、福祉施設へのボランティアなどの活動を行ってみえます。

 この日は、『親子太極拳教室』として、洗浄したアルミ缶を参加費として持参していただいた親子の方が多数参加されました。

    講師として、日本健康太極拳協会 楊名時 (ようめいじ) 太極拳友好会 三重県支部 赤田 智彰 (あかだ ともあき) さんが太極拳の指導を行われました。

 赤田先生は、太極拳についてわかりやすく丁寧に説明され、ゆっくり体操から始められました。しばらくして体が整ってきた頃に、いよいよ太極拳の本番が始まり、いわゆる“太極拳”と聞いてイメージをするなめらかな動きを先生の丁寧な指導のもと、みんなで行っていきました。

先生は、「競うのではなく自分の無理ない範囲で、ゆるく行うことが大切」であることを何度も説明され、心身ともにリラックスすることの大切さについて伝えられていました。

 

 最後は、『参加費』であるアルミ缶を、松阪市社会福祉協議会のマスコットキャラクター 福っきーが回収をさせていただき、回収されたアルミ缶がボランティア方の手により整理され車椅子の購入費として役立てられることを説明させていただきました。

 また、この活動の運営に役立てられている「赤い羽根共同募金」について、その仕組みも含め説明をさせていただきました。

 

 「福祉」「青少年の健全育成」「健康」などをキーワードに、素敵な循環のしくみを考えられ、松阪市内でその素敵な輪を拡げてみえる「アーナンダ」さん。そして、赤田先生。

 これからも応援していきたいと思います!

 ありがとうございました。

2019.11.07

「松阪まちなかレオパークコンサート」へおじゃましました!

こんにちは!松阪支所 地域福祉係です。

 

今年も10月1日~赤い羽根共同募金が始まっています!

松阪市内各所で地域の皆様方が様々な形で募金運動にご協力をいただいており、心よりお礼申し上げます。

皆様のあたたかなお気持ち、ありがとうございます!

 

10月20日「松阪まちなかレオパークコンサート」へおじゃましてきました。

この松阪まちなかレオパークコンサートは、ライオン像で有名な“ポケットパーク”で、昨年から日曜日に開かれているコンサートです。

このコンサートの目的は、グループの生演奏を聴いてもらい、観光客に松阪の良さを伝えることや、若者に楽器に興味を持ってもらうこと、また高齢者の憩いの場づくり等、地域活性化を期待したものです。

また、併せて、赤い羽根共同募金も継続的に行っていただいております。

 

この日のコンサートは、「ザ・サークル」さん、京都から「原ファミリーバンド」さん、そして大阪の「ねじまきお」さん の3バンドが演奏をご披露されていました。

 

 

 

 

最後には、みんなで歌い、とても楽しい時間を過ごさせて頂きました!

また、しっかり赤い羽根共同募金の案内と協力の呼びかけを行っていただき^^ 今年はこのコンサートを通して、5,164円の募金協力をいただきました。

 活動を通して募金を呼び掛けてくださった出演者の皆様、募金にご協力をいただいた皆様、本当にありがとうございました。皆様よりお預かりいたしました募金は、次年度の福祉活動へとつなげさせていただきます。

 

 “まちなか”から、音楽♪を通して、歌ったり、リズムに乗って手拍子をしたり、おしゃべりに笑ったり…あたたかな輪が広がっていくような、素敵な活動であることを改めて感じさせていただきました。

本当に、ありがとうございました!!

 

ページの先頭へ戻る