社協職員日記

2020.02.05

第四地区にて 『親子防災教室』が開催されました!

松阪市社会福祉協議会 松阪支所 地域福祉係 です。

1月19日(日)第四地区で、『いもけんぴ』代表 大戸 俊慧さん主催の『親子防災教室』が開催されました。

 講師として、『防災ボランティア春告鳥』代表 三浦 洋子さん方による、災害時「死者・行方不明者ゼロ」を目指して自ら命を守る備えを身に付けることを目的に、自宅の危険チェックや、災害で使える簡易トイレを作る取り組みが行われました。

 また、参加者さんにアルミ缶を持ってきていただけるよう呼び掛けをしていただき、松阪社協 ボランティアセンターで行っている、車椅子購入のアルミ缶リサイクル活動にご協力いただきました。

 

 当日は、8組の親子が参加し、まずは、春告鳥さんの指導のもと、家族で一番過ごすことの多い部屋の見取り図を作成しました。作成した見取り図をもとに、自宅内の危険個所をチェックし、その対策について、代表三浦さんのご自宅内の対策と取り組みを紹介していただきながら、学びました。

実践にもとづく説明は、とても説得力があり、また具体的で“今から始められる”ものでした。

 次に、春告鳥さんの取り組みのひとつである、一斗缶を使った缶易トイレを皆で作成しました。この一斗缶トイレは春告鳥さんより希望される方に100円で譲っていただいており、赤い羽根共同募金「百貨店プロジェクト」に全額寄付として協力いただいております。

 災害発生時、ライフラインがストップすると水の確保が困難になり、トイレの水も流せなくなることから、トイレを我慢したり、感染症を引き起こし病気になる可能性があります。市販の簡易トイレは高価であり、簡易的に作り使えるものをと、独自で検証されながら作られた缶易トイレです。

 一斗缶、ダンボールなどの材料がセットされた一式を、春告鳥さん指導のもと組み立てていきます。シールなどを使って、オリジナルに飾っていきました。

 

 最後にその使い方を丁寧に教えていただきました。

 感染症がもっとも怖いことから、トイレの使用者が変わる際は、家族であっても必ず1回ごと捨てること、

今は防臭の袋が売られておりそれを活用するとほとんど臭いが漏れないことや、凝固剤は猫のトイレ砂を応用できること、などなど。発災後、“生きるため”の想いと知恵がたくさん詰まった講話でした。

 

 親子で参加することで、その理解や対応について、話し合いながら進めることができていたように感じます。

 最後は、松阪社協よりアルミ缶がどのように車椅子に変わっていくか、共同募金がどのように使われているか等を説明するお時間をいただきました。

 地域の中で「ふだんの、くらしを、しあわせに」するために、日々活動してくださっている活動団体さんがみえることは、とても貴重で重要なことだと思います。

「いもけんぴ」さん、「防災ボランティア春告鳥」さん、これからもよろしくお願いします!
みんなで応援しながら、“一緒に”取り組んでいきましょう!

2020.02.05

港まちづくり協議会 環境福祉部会による『福祉教育』が行われました!

松阪市社会福祉協議会 松阪支所 地域福祉係 です。

1月18日(土)港小学校地域参観日、4年生の授業で、港まちづくり協議会 環境福祉部会さんによる『福祉教育』が行われました。

夏過ぎから、港まちづくり協議会 環境福祉部会の役員方は、何度も何度も打合せをされ、この日に至りました。

子どもたちに福祉教育を通して伝えたいこと…

「福祉とは何か?をわかりやすく、知ってもらえるにはどうしたらいいかな。」

「子どもたちに、地元でどのような福祉活動が行われているか知ってもらえたらいいな。」

「港地区の福祉活動に次世代の担い手である子どもたちが参加してくれたらいいな。」

このような想いが取り組みへの原点になっていたように感じます。

 

話し合いを重ねる中で、「福祉を分かりやすく伝えるために、紙芝居を作成してはどうか。」というアイデアが出されました。

当初、どのような物語にするか、というところから絵本などを参考にし、話し合いが始まり、どんどんアイデアが出されました。

「シナリオを書いてこよう。」

「紙芝居の木枠も作ろう!」

「ナレーターを港地区の方にお願いしよう。」

「登場人物は動かせるようにした方がいいのではないか。」

「木枠の扉に貼る“切り絵”を寄附していただいた!」

 

みんなの知恵や特技、あたたかな想いなどが集まって、できることを一人一人が一生懸命に作業されました。

シナリオ修正、下絵描き、色塗り、木枠仕上げ・・・

 

本番が近づくと、何度も集まり、何度も予行練習をされました。

 

本番では、環境福祉部会 部会長八田さんの挨拶に始まり、『追い剝ぎにあった旅人』というタイトルの紙芝居を披露されました。この紙芝居は、お伊勢参りの帰り道、追い剝ぎにあった旅人を、通りかかった人たちが協力をし、知恵を出し合って助けていくお話です。

 

この話をもとに、福祉について呼びかけ、子どもたちの感想を伺いました。

子どもたちからは「皆で助け合う心が優しいと思った!」「港地区でこんな福祉活動をしていると知らなかった。」などの意見が聞かれました。

 

その後、港まちづくり協議会 環境福祉部会の行っている福祉事業を紹介されました。

高齢者への配食サービス、ふれあい農園、高齢者の集いの場『サロン・ド・みなと』…

『サロン・ド・みなと』の紹介では、みんなでサロンのテーマソングを唄いました♪

 

また、港地区における福祉活動について紹介をし、次世代の担い手である子ども達にその協力を呼びかけ、配食サービスにお手紙や折り紙などのメッセージを添えていただけることになりました!(*^^*)

 

港まちづくり協議会 環境福祉部会の皆さん、ナレーターの小菅さん、そして港地区の子どもさんたち… 皆で作った港地区オリジナルのとても素敵な授業でした☆

素敵な時間にご一緒させていただき、ありがとうございました。

ますます素敵な港地区になられるよう、これからも応援しています!!

 

2019.12.02

第四地区にて アルミ缶で参加できる『親子太極拳教室』が開催されました!

 松阪市社会福祉協議会 松阪支所 地域福祉係 です。

11月17日(日)市民活動助成事業 赤い羽根共同募金の配分団体 アーナンダさんによる『親子太極拳教室』が開催されました。
 アーナンダさんは、健康寿命の延伸を目的とする勉強会・活動の実施や太極拳教室の開催、青少年の健全育成のための活動、また、地域福祉実現のためアルミ缶やペットボトルキャップの収集活動、福祉施設へのボランティアなどの活動を行ってみえます。

 この日は、『親子太極拳教室』として、洗浄したアルミ缶を参加費として持参していただいた親子の方が多数参加されました。

    講師として、日本健康太極拳協会 楊名時 (ようめいじ) 太極拳友好会 三重県支部 赤田 智彰 (あかだ ともあき) さんが太極拳の指導を行われました。

 赤田先生は、太極拳についてわかりやすく丁寧に説明され、ゆっくり体操から始められました。しばらくして体が整ってきた頃に、いよいよ太極拳の本番が始まり、いわゆる“太極拳”と聞いてイメージをするなめらかな動きを先生の丁寧な指導のもと、みんなで行っていきました。

先生は、「競うのではなく自分の無理ない範囲で、ゆるく行うことが大切」であることを何度も説明され、心身ともにリラックスすることの大切さについて伝えられていました。

 

 最後は、『参加費』であるアルミ缶を、松阪市社会福祉協議会のマスコットキャラクター 福っきーが回収をさせていただき、回収されたアルミ缶がボランティア方の手により整理され車椅子の購入費として役立てられることを説明させていただきました。

 また、この活動の運営に役立てられている「赤い羽根共同募金」について、その仕組みも含め説明をさせていただきました。

 

 「福祉」「青少年の健全育成」「健康」などをキーワードに、素敵な循環のしくみを考えられ、松阪市内でその素敵な輪を拡げてみえる「アーナンダ」さん。そして、赤田先生。

 これからも応援していきたいと思います!

 ありがとうございました。

2019.11.07

「松阪まちなかレオパークコンサート」へおじゃましました!

こんにちは!松阪支所 地域福祉係です。

 

今年も10月1日~赤い羽根共同募金が始まっています!

松阪市内各所で地域の皆様方が様々な形で募金運動にご協力をいただいており、心よりお礼申し上げます。

皆様のあたたかなお気持ち、ありがとうございます!

 

10月20日「松阪まちなかレオパークコンサート」へおじゃましてきました。

この松阪まちなかレオパークコンサートは、ライオン像で有名な“ポケットパーク”で、昨年から日曜日に開かれているコンサートです。

このコンサートの目的は、グループの生演奏を聴いてもらい、観光客に松阪の良さを伝えることや、若者に楽器に興味を持ってもらうこと、また高齢者の憩いの場づくり等、地域活性化を期待したものです。

また、併せて、赤い羽根共同募金も継続的に行っていただいております。

 

この日のコンサートは、「ザ・サークル」さん、京都から「原ファミリーバンド」さん、そして大阪の「ねじまきお」さん の3バンドが演奏をご披露されていました。

 

 

 

 

最後には、みんなで歌い、とても楽しい時間を過ごさせて頂きました!

また、しっかり赤い羽根共同募金の案内と協力の呼びかけを行っていただき^^ 今年はこのコンサートを通して、5,164円の募金協力をいただきました。

 活動を通して募金を呼び掛けてくださった出演者の皆様、募金にご協力をいただいた皆様、本当にありがとうございました。皆様よりお預かりいたしました募金は、次年度の福祉活動へとつなげさせていただきます。

 

 “まちなか”から、音楽♪を通して、歌ったり、リズムに乗って手拍子をしたり、おしゃべりに笑ったり…あたたかな輪が広がっていくような、素敵な活動であることを改めて感じさせていただきました。

本当に、ありがとうございました!!

 

2019.07.10

大石地区まちづくり協議会 「災害図上訓練(DIG)」 が大江中学校で開催されました。

こんにちは! 松阪支所地域福祉係です。

7月7日(日)大石地区まちづくり協議会 「災害図上訓練(DIG)」 が

大江中学校のランチルームにて開催されました。

地域の防災・減災に向けて、この大石地区では災害への備えとしてより実践的な

【大石地区防災計画】を作成する為、第1回目のワークショップとして開催。

指導講師として、三重大学 准教授であり

地域圏防災・減災研究センター 社会連携部門長であられる川口淳さんをお招きし

大石地区3町を5つのグループに分けグループワーク形式で実施しました。

まずは、それぞれの地域の地図を基に、河川・水路・貯水池は水色マーカー。

道路は茶色マーカーで色分けし地域の地形を確認します。

次に防災資源の所在確認として、

公共機関・学校幼稚園等・消防交番・医療関係の場所に色分けしたシールを張り、

ハザードマップを見てイエローゾーン・レッドゾーンの色塗りをします。

その地図の情報を踏まえながら

実際の自分の行動を(自分だったらどうするか?どこで何をしていますか?)

台風接近を想定し時系列で皆の行動を発表し合います。

①台風発生(2日前)  ②雨が降り出す(1日前夕方)

③大雨洪水注意報発令(当日早朝)

④大石地区全域に避難準備高齢者等避難開始(当日昼)

⑤大雨洪水警報・土砂災害警報 避難勧告発令 

⑥避難指示発令 大石全域が停電

接近に伴い、台風進路の確認や、食材の買い出し、田んぼの水路確認、家の周りの片付け・戸閉めなど

「自分は何をしているか?」一つずつ確認しながら付箋に書き出しましたが、

避難指示が出ても避難されない方が多く

先生の「あなたはいつ避難しましたか?」

「もう土砂で流されている可能性がありますよ」の言葉に皆さん衝撃を受けておられました。

その後、反省と検討を行い

一人暮らしの高齢者は「迷惑かけるで行かへん」と言われるが、

先頭に立って動くリーダーを作り、みんなが一緒に行こう! 

と誘い合うなど隣近所の“地域の助け合い”が必要である。

また、雨が少ない動けるうちに早い段階で避難をしよう! など沢山の意見が出ました。

この大石地区は、昨年台風による土砂崩れが起こり、生活道路が寸断。各所で停電が発生した地域です。

この被害を教訓として、「ここは一人暮らしやで」「ここのお婆ちゃん連れてかなあかん」と

顔の見えるご近所の同じ地区で話し合いを行うことにより

自らの命を守る(自助)とご近所で助け合おう(共助)の思いが自然と生まれ実践に繋がります。

今回のDIG訓練により、ご近所さんが同じ地域のことを一緒に考える有意義な機会となり

この大石地区の団結力と地域力を深く感じました。

9月にはこの訓練を踏まえ避難訓練が開催されます。

地域の実情に沿った訓練が実践できるよう取組みを進めていくとのことです。

大石地区の皆さん、三重大学 准教授 川口先生、松阪市防災対策課さん ありがとうございました。

9月もよろしくお願いいたします!!

 

※【DIGとは】Disaster(災害)Imagination(想像)Game(ゲーム)の略で災害訓練の方法です。

 参加者が地域の地図を囲んで、ゲーム感覚で災害時の対応(危険個所の確認や避難経路など)を考える訓練のこと。

2019.07.10

茅広江まちづくり協議会「“在宅介護者のつどい」に参加しました!

こんにちは! 松阪支所地域福祉係です。

7月6日(土)茅広江地区の “在宅介護者のつどい“ が開催されました。

この取組みは、茅広江まちづくり協議会の健康福祉部会が、

高齢のご家族を自宅で介護されている方を対象として、介護に関するノウハウを学び、

介護の悩みや思いを地域の方や、同じ介護者さんとわかち合い、

日頃の介護疲れを癒していただくリフレッシュの場として、毎年開催されています。

今年は、高齢のご家族を自宅で介護されている方や、ご家族が高齢になりこれから介護に関わってくる、

またはご自身が介護を受けるという心の準備をされている方にもご参加いただき

「力を使わない介護、日常生活での介助を学ぶ」と題して

当松阪社協 松阪支所 福っきー体操くらぶまつさかの、理学療法士 紀平美香 を講師に

介護と介助の違いや、「立つ・歩く・座る」の日常生活の基本動作からポイントを学ぶ講話のあと

椅子からの立ち上がりや歩行等の介助の仕方で、少しでも楽な介護として

実際に体験をしていただきました。

  

車いすに乗ったことがない方が大半で、乗る方と押す方を交代で体験していただきました。

健康福祉部の小塩部会長は、高齢のご両親がご健在ということで

車いすからベッドへの移乗を実践され「足の位置が大事やなぁ」と

男性ペアのご近所の参加者さんと抱き合い、

介護される役の方は「わしは力が入らん人」と役になり切られ、

周りから笑いも起き終始なごやかな雰囲気に包まれていました。

実践のあとは、皆さんで健康体操でリフレッシュ!

脳トレのボール運動では、あちらこちらから笑いが起き和気あいあい(*^▽^*)

最後に、皆さんで食事会を行いご歓談楽しい会となりました。

茅広江地区の皆さん ありがとうございました!

介護の悩みや相談など、お気軽にお声掛けください。これからもよろしくお願いいたします。

 

2019.07.03

“とくわっ子「ほっ」とくらぶ” のタガログ語勉強会に行ってきました!

こんにちは! 松阪支所地域福祉係です。

6月24日(月)徳和住民協議会の子どもの居場所づくり事業

“とくわっ子「ほっ」とくらぶ” のタガログ語勉強会に行ってきました!

この “とくわっ子「ほっ」とくらぶ” は

地域で子ども達を育み「ほっ」と安心できる居場所づくりをめざしネーミング。

この徳和地区にお住まいの地域の方々と、外国籍の児童及びそのご家族が

安心して暮らせることが出来るような交流の仕組みづくりとして今年4月に発足しました。

徳和小学校の土曜授業の終了後、「子ども食堂」と地域住民との楽しい遊び体験として

徳和地区市民センターで年4回開催します。

このタガログ語勉強会は、徳和住民協議会 中西会長さんの

「自分達も子ども達とタガログ語であいさつして親しくなりたい」の “鶴の一声” で開催しました。

講師先生は、久保交番のタガログ語通訳である尾﨑巡査長です。

今回は、神戸地区まちづくり協議会の富田事務局長、小田防犯防災部会長も飛び入りで参加されました。

フィリピンは目上の人を敬う文化があり、またイギリスとアメリカの統治下にあった為

学校では国語の授業以外は英語で学ぶそうです。

 

おはようございます! ⇒ アガンダン ウマーガ

マガンダンは「良い・きれい」

ウマーガは「朝」という意味で、後につける「昼」「夜」で

こんにちは ⇒ マガンダン ハーポン こんばんは ⇒マガンダン ガビ となるそうです。

日頃、見守り支援をされている 米倉「ほっ」とくらぶ実行委員長は

明日の朝声掛けしよう!と一生懸命暗記されていました(^^)

お互いの文化を理解し合おうという心と歩み寄る姿勢、地域の皆さまの熱い思いが、

この地域の福祉活動として地域の子どもの支援となり、

徳和地区にお住まいの皆さんの笑顔に繋がっていくんだ! と実感し胸が熱くなりました。

久保交番さん、徳和地区の皆さま

「ナカティラ アコ サ トクワ」

「サラーマット ハンガン サ ムリ」

私は徳和に住んでいます。

ありがとうございました! また会いましょう! (*^▽^*)ノ

2019.06.21

西之庄町 避難所体験訓練 

松阪支所 地域福祉係です。 

6月16日 橋西地区 西之庄町自治会で避難所体験訓練が実施されました。

西之庄町では、平成28年に自主防災隊を結成し、避難所訓練の運営等を中心に活動されています。

この日は、これまで1年に1回行われてきた西之庄町自治会の避難所体験訓練 内容について、過去をさかのぼってふりかえりをしました。

西之庄町さんでは、これまで、防災講話を聴いたり、クロスロードゲームを実施したり、避難所である第三小学校の備蓄品を確認したり・・・と、様々な取り組みをされています。

また、“避難所では融通が利かない大変さを知ってもらえたら…”と、体育館で座って過ごす体験を取り入れられています。

そして、今年度は、グループに分かれ、西之庄町の危険箇所や被災時資源となるものについて、地図上で確認・チェックをする作業を行いました。

グループを回らせていただくと、「ここは農業用水路やで水がつきやすいんさ」「道が細くなっとるんさな」「ここは枝が危ない」など、様々な意見が聞こえてきました。

最後に、他グループの地図も皆で確認し、ふりかえりをして終了となりました。

毎年、避難所運営訓練の実施内容について、検討を図られながら継続実施されています。

こつこつとできることを積み重ねられている西之庄町さん。応援しています!

2019.06.21

港まちづくり協議会 環境・福祉部会 高齢者の見守り訪問を兼ねた配食 の実施

松阪支所 地域福祉係です。 

6月12日、港まちづくり協議会 環境福祉部会さんによる「配食サービス」が行われ、同行させていただきました。

港まちづくり協議会 環境福祉部会さんでは、70歳以上ひとり暮らし・80歳以上高齢者のみ世帯への見守り訪問を兼ねた配食を、年間5回行ってみえます。配食の対象者は、おおよそ200名となります。

この日は、地元猟師町のちらし寿司を配食される日でした。

民生委員児童委員さん方が地区市民センターに集まり、お手紙と弁当を袋に詰められます。

袋詰めが終わったら、それぞれの担当地区の民生委員児童委員さんが見守りを兼ねた配食を始められます。

この日は、猟師町・町平尾町・新松ヶ島町を担当されている民生委員児童委員さんに同行をさせていただきました。

一緒に地区内をまわらせていただく中で、民生委員児童委員さんの訪問を待っている様子の方が多く、中には窓際に腰かけて待たれている方がみえたり、「いつも、おおきに」「いつも、ありがとうな」と笑顔で述べられる皆さんの言葉がとても印象的でした。

 途中、配食中の民生委員児童委員さんに、お菓子の差し入れをされる地域住民の方もあり、心があたたかくなりました。

 こうした取り組みが、地域の安全安心につながり、また、顔と顔の見える関係づくりに繋がっていると思うと、とても大切な取り組みであることを想うと同時に、半日および1日かけてまわられる民生委員児童委員さんのご活動に頭が下がる想いでした。

港地区さんでは、ここ数年で、年間の配食回数を1回ずつ増やされ、現在は年間5回、見守りの取り組みに力を入れておられます。

これからもささやかながらに応援させていただけたらと思います!

2019.06.19

第四地区住民協議会による花菖蒲鑑賞会 が開かれました!

松阪市社会福祉協議会 松阪支所 地域福祉係です。 

6月5日、第四地区住民協議会による花菖蒲鑑賞会が開かれました。

    第四地区の恒例の行事で、福祉部会さんが中心に集まり、当日の準備・運営をされます。

 この鑑賞会には、毎年、泰山荘・吉祥苑の入所者さんおよび三郷保育園・松阪幼稚園・鎌田幼稚園の園児さんを招待されます。

 菖蒲がきれいに咲き誇る畑の前で、園児さんが歌の披露を行い、高齢者さんとともに手遊びをして交流をしました。

 最後は、園児さんは裸足になり、みんなで一緒に菖蒲畑の中を歩き、菖蒲を観察したり、となりの田んぼを覗いてみたり…自然の中で素敵な時間を過ごされていました。

 走り回った後は、畑の持ち主である鈴木さんに冷たい井戸水を流してもらい、地域の方に丁寧に足を洗ってもらっていました。

 この花菖蒲は、2001年から手間暇かけて育てられ、様々な種類の菖蒲を畑一面に育てられています。

    第四地区で、長い時間をかけて大切に育まれてきた花菖蒲と、この鑑賞会。毎年この時期、にぎやかな笑い声が響きます。

 

ページの先頭へ戻る