社協職員日記

2018.12.07

平成30年度心配ごと相談員研修会

こんにちは、地域生活支援課です。

松阪市社会福祉協議会では、本所及び各支所において、悩んでいること・困っていること等を気軽に相談いただける場所として、心配ごと相談を行っています。

この度、12月5日(水)に、蒔田勝義氏(高田短期大学非常勤講師)を講師にお招きし、講義とグループワークを交えて研修していただきました。

 

講義では、相談支援の考え方や、心配ごと相談事業の背景や今後の見通しについて等をお話しいただきました。心配ごと相談の場合は、問題(課題)を抱えて相談にみえた方自身が決定して行動に移してもらうことに対する支援であるため、相談員の役割として問題の整理や気づきの促しが大切になる等、相談を受ける際に大切になってくる考え方を教えていただきました。

また、蒔田氏自身、長年社会福祉協議会の職員をされていたこともあり、心配ごと相談事業が全国的に普及した昭和30年代頃の話から、近年の動向までを端的に説明いただきました。

 

その後は、グループ毎に日々の相談業務の中で心がけていることや困っていることを出し合い、共有を図るためグループ毎に話し合った内容を発表いただきました。

最後にまとめとして、相談における留意点として秘密の保持など来談者が安心して相談できるようにするためのポイントや、支援における留意点として心配ごと相談は専門職による相談でないことから、あくまでも来談者自身による自己解決が原則であるというポイントを述べられました。

そして、何より来談者に寄り添い傾聴の態度を貫くことが大切であるというお話をいただきました。

 

今回の研修が相談員の方が来談者に対応する際の参考になり、ひいては相談にみえる方々へのより良い相談対応に繋がればと思います。

2018.09.21

地域後見サポート事業研修会を開催しました!

こんにちは、地域生活支援課です。

9月20日(火)、平成30年度地域後見サポート事業研修会「あなたの財産 誰が管理するの?~精神科医に聞く成年後見制度の診断書~」を開催させていただき、あいにくの天気でしたが、精神科医から直接お話を聞ける機会とあって、60名以上の方にご参加いただきました。

 

前半は、松阪厚生病院 医師 川本ほづみ先生にお話しいただきました。

成年後見制度の概要から、どのような病気が原因となり利用に至っているのか、診断書を書く際に注意していること等を医師の立場から話していただきました。

成年後見制度の3つの理念(「自己決定の尊重」「残存能力の活用」「ノーマライゼーション」)を大切にされていることも話されていました。

 

後半は、地域後見サポート事業運営委員の弁護士と社会福祉士が、それぞれの立場から医師に対して質問を行い、会場からの質疑も受けていただきました。

成年後見制度の申立のために診断書を希望する際は、かかりつけ医がある場合は、先ずかかりつけ医に相談することを勧められていました。先ずはかかりつけ医に相談し、症状に応じて必要があれば精神科や神経内科、脳外科などを紹介していただく道筋もあることを教えていただきました。

「いきなり病院に行くのはちょっと・・・」という場合は、松阪市のもの忘れ相談会を利用したり、地域包括支援センターや社会福祉協議会など、その方が身近に感じる所から相談していただくのが良いとのことでした。

 

松阪市社会福祉協議会でも地域後見サポート事業の相談事業として、相談をうかがったり、制度の説明をさせていただいていますので、成年後見制度について知りたいなと思った時にはお気軽にお問い合わせください。

2018.01.15

『とのまちカフェ』でコラージュ体験(^▽^)/

こんにちは!みんなの居場所づくり事業「とのまちカフェ」です。

 さて、1月12日(金)今年初の「とのまちカフェ」では、参加者の皆さんとともにコラージュ作りをしました。コラージュとは、雑誌やパンフレットなどから写真や絵を好きなように切り抜き、画用紙に張り付けて作品を作るものです。作品を完成させる喜びを味わったり、言葉で表現できない自分の内面に気づいたり、作品を共有し合うことで参加者同士の交流が深まったりする効果があるそうです。作成にあたって「みえ家族と心のケア相談室」の杉野健二さんにご指導いただきました。

 初めは「見とるだけにする」「ようせんわ~」と言っていた参加者さんも、材料を手にするうちに夢中になり、中には2枚目、3枚目と取り組まれる方もいました。帰り際に「楽しい時間はあっという間にすぎてくわぁ」と声をかけてくださる参加者さんの言葉に、今年も皆さんとともに「とのまちカフェ」を盛り上げていき、そして気楽に立ち寄れる居場所づくりをスタッフ一同目指していきたいと思いました。本年もどうぞよろしくおねがいします。

はじめに講師の杉野さんに説明をしていただきました。

どれを貼ろうかな~

完成した作品を発表しました。

2017.11.01

♪「とのまちカフェ」でミニミニライブ♪

 10月27日(金)「とのまちカフェ」でミニミニライブを開催しました。 Mブリッジから濱田昌平さんにお越しいただき、アコースティックギターで演奏をしていただきました。

 事前にリクエストしていた曲の他に、参加者さんからの飛び込みリクエストにも快く応じていただき、素敵なギターの音色を堪能させていただきました。参加者のみなさんは曲に合わせて口ずさまれたり、思い出を語られたりしていました。また、参加者さん同士自然と会話も生まれ、終始にこやかで和やかな時間を過ごされていました。ギターを弾き続けてくださった濱田さん、贅沢な時間を過ごさせていただきました。本当にありがとうございました。

2017.08.28

とのまち夏カフェ

 8月25日(金)とのまちカフェでふわふわかき氷をみんなで食べました。

 秋はもう目の前にやってきていますが、まだまだ残暑の厳しいなか、少しでも涼を感じていただける企画をしました。

ふわふわの氷に参加された方々からは「こんなに美味しいかき氷は食べたことがない!」

「久しぶりに氷を食べたなあ。みんなで食べると美味しいなあ。」など、嬉しい感想をいただきました。

 しょんがいソーランの音楽をBGMに、オセロや将棋、談笑など、みなさん思い思いの時間を過ごされました。カフェ終了時には、片付けも一緒に手伝っていただき、とても早く片付きました。みなさんありがとうございました。

 次回は9月8日(金)12:00~です。ご参加お待ちしています😊

抹茶とあんこ(左)、カルピスとみかん(右)

 

 

2017.04.04

松阪市生活相談支援センターが移転しました。

こんにちは。地域生活支援課「松阪市生活相談支援センター」です。

平成29年4月から場所が移転しました。

市役所1階 地域福祉課 生活サポート係(窓口番号9-4)内になります。

 

生活困窮者自立支援制度が始まった平成27年度に開設し、「自立相談支援事業」を行っていましたが、平成28年度から新たに「家計相談支援事業」を開始、平成29年度からは更に「就労準備支援事業」を開始し、業務を行っています。開設時は3人だった職員も事業の拡充に伴い、5人体制となりました。

 

経済的に生活にお困りの方、長期療養等で働くことに不安な方など生活の問題を抱えている方は、一人で悩まず、まずはご相談ください。相談したいけど、どこに相談すればよいのかわからない。そんな生活の困りごとや不安を支援員が広くうかがいます。

 

≪松阪市生活相談支援センター≫

電話:0598-53-4671

FAX:0598-26-9113

E-mail:seikatsu-soudan@matsusakawel.com

月曜日~金曜日(祝祭日、年末年始を除く) 8時30分~17時15分

 

生活相談支援センターチラシ(平成28年度版)

2015.04.08

松阪市生活相談支援センターが開設されました。

こんにちは。

平成27年4月1日に松阪市生活相談支援センターが開設されました。

 

松阪市生活相談支援センターは平成27年4月1日より施行された生活困窮者自立支援法を根拠法としており、松阪市より受託し「自立相談支援事業」を行っていきます。

 

「生活に困っている・・」「経済的に苦しい・・」等、生活で困っている方がいらっしゃったら、一度ご相談していただければと思います。

 

 

現在は松阪市福祉会館1階に事務所を構えていますが、5月7日に松阪市役所本庁へ事務所を移転します。移転まではご迷惑をおかけしますが、ご用のある方は松阪市社会福祉協議会本所(松阪市福祉会館)へお越しいただくか、代表番号(0598-21-1487)へ連絡を下さい。

 

5月7日以降は直通番号(0598-53-4671)まで連絡をお願いします。

 

松阪市生活相談支援センター開設

ページの先頭へ戻る