社協職員日記

2018.12.07

平成30年度心配ごと相談員研修会

こんにちは、地域生活支援課です。

松阪市社会福祉協議会では、本所及び各支所において、悩んでいること・困っていること等を気軽に相談いただける場所として、心配ごと相談を行っています。

この度、12月5日(水)に、蒔田勝義氏(高田短期大学非常勤講師)を講師にお招きし、講義とグループワークを交えて研修していただきました。

 

講義では、相談支援の考え方や、心配ごと相談事業の背景や今後の見通しについて等をお話しいただきました。心配ごと相談の場合は、問題(課題)を抱えて相談にみえた方自身が決定して行動に移してもらうことに対する支援であるため、相談員の役割として問題の整理や気づきの促しが大切になる等、相談を受ける際に大切になってくる考え方を教えていただきました。

また、蒔田氏自身、長年社会福祉協議会の職員をされていたこともあり、心配ごと相談事業が全国的に普及した昭和30年代頃の話から、近年の動向までを端的に説明いただきました。

 

その後は、グループ毎に日々の相談業務の中で心がけていることや困っていることを出し合い、共有を図るためグループ毎に話し合った内容を発表いただきました。

最後にまとめとして、相談における留意点として秘密の保持など来談者が安心して相談できるようにするためのポイントや、支援における留意点として心配ごと相談は専門職による相談でないことから、あくまでも来談者自身による自己解決が原則であるというポイントを述べられました。

そして、何より来談者に寄り添い傾聴の態度を貫くことが大切であるというお話をいただきました。

 

今回の研修が相談員の方が来談者に対応する際の参考になり、ひいては相談にみえる方々へのより良い相談対応に繋がればと思います。

ページの先頭へ戻る