社協職員日記

2018.12.07

柳屋奉善様より、お菓子のご寄付をいただきました!

現在、松阪市内では、子どもが安心して地域で過ごせるよう、様々な取り組みが行われています。

 

今回、松阪市の事業「学習室」で勉強を頑張る生徒さんへ、柳屋奉善さんより、お菓子を頂戴いたしました!

頂戴したお菓子は『どラスク』という名前で、どら焼きの皮がサクサクのラスク風に仕上げられており、添加物を一切使わずに作られたそうです。職人さんが作ってくださったとお伺いいたしました。

ちょうどよい甘みを生み出すことの大変さや、100%無添加のお菓子を作ることへのこだわり等をお伺いいたしました。

 

生徒さん方からは、「甘くておいしかったです!」「さくさくで良い感じの甘さで美味しかったです!!また食べたいです!!」などの感想をいただきました。

お預かりした感想は、松阪市社会福祉協議会 会長 田上 勝典より柳屋奉善 17代目代表 岡 久司様へお渡しをさせていただきました。

また、その後、その感想は、岡様より『どラスク』を作られた職員さんのもとへと届けていただいておりました。

 

柳屋奉善様、本当にありがとうございました。

ページの先頭へ戻る