社協職員日記

2021.03.04

東黒部地区福祉会 配食サービスへお邪魔しました!

こんにちは!松阪支所 地域福祉係です。

 

コロナ禍でもつながりを絶やさない地域の活動を紹介します。

 

 東黒部地区福祉会では、毎月、80歳以上のおひとり暮らしの方などへ、地域の調理ボランティアの方々による手作りの弁当を、民生委員・自治会のみなさんによってお届けされております。

 

 このお弁当には、東黒部小学校の児童による手書きのお手紙が添えられます。この日も、丁寧に書かれたお手紙が添えられていました(#^^#)

今年度、このコロナ禍で配食サービスをどのようにしていくのか、福祉会のみなさんと、調理ボランティアのみなさんが何度も検討されたそうです。

 一時は活動を自粛されている時もありましたが「お弁当を楽しみに待っている方がおる。活動を止めとったらあかん!」と調理を半分の人数で行うなど工夫し、感染予防対策をとって実施することを決められたそうです。

 

2月の活動日には、私もお弁当配達の民生委員さんに同行させていただきました。

「こんにちは!お弁当を届けに来ました!」の呼びかけに「いつもありがとう」と、とびっきりの笑顔がこぼれておりました。

 

 大変な今だからこそと、地域のみんなで支えあい、笑顔で取り組む姿に力をいただきました。

 これからも、共に活動の応援をしていきたいと思います(#^^#)東黒部地区のみなさん、ありがとうございました!!

 

2021.03.01

杉の子(子どもの居場所づくり)の活動に参加しました

こんにちは。福祉のまちづくり課です。

2月20日(土)に杉の子の活動に参加しました。

 杉の子は、共同募金の助成事業の一つである「子どもの居場所づくり」を活用して、子どもと一緒に料理をしたり、楽しく食べたりする活動を予定していました。

 今年度は夏休みや冬休みにカレーライスを作って食べる企画でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて活動ができませんでした。初開催となったこの日は、感染対策のため事前に調理したカレーを屋外で子どもたちに配布しました。無農薬のお米や身体に良い食材を使ったオリジナルで子どもも食べやすかったのではないかと思います。

 子どもたちが安心して地域で暮らすことができる町として、杉の子の活動が長く続くように応援していきます。

2021.02.25

嬉野だいこんのご寄付をいただきました♪

みなさん、こんにちは。
嬉野支所生活介護事業所です。

先日、嬉野だいこんのご寄付をいただきました。
嬉野だいこんは、肌の艶がよく
甘みがあり、煮崩れしないのが特徴で
米ぬか等を加え、土を発酵させた土壌で作られている
嬉野の特産品です。

そのおいしい嬉野だいこんで
生活介護では、浅漬け・煮物・ゼリーを作らせていただきました。

とろけるような柔らかさでした。

利用者様もおかわりされましたよ。

ご寄付いただきありがとうございます。

今後もご支援よろしくお願いをいたします。

2021.02.24

揥水まちづくり協議会 ワンデイサロン講座「日常生活の中でのコロナ対策」へ参加しました!

こんにちは! 松阪支所地域福祉係です。

2月5日(金)、ワンデイサロン講座「日常生活の中でのコロナ対策」が揥水まちづくり協議会主催で開催されました。

 

 講座は、新型コロナウイルスによる日常生活での不安を、ワンデイサロン事業部員が「こんなことありませんか?」と寸劇で演じ、それに対し、第四地域包括支援センター 保健師 三好さんの解説で、共に楽しく学び合う内容でした。

 寸劇は4つのテーマを舞台として繰り広げられ、とても良い学びとなりましたので、みなさんにもポイントのみご紹介させていただきます。

 

①手指消毒編
・スーパー等の入り口に設置してある消毒液は、手のひらに500円玉の大きさの量は必要。手を洗うように指の間、指先としっかりもみこみ消毒する。

 

②マスク編
・昨今の「不織布マスク以外は効果がない」という話題に対して「不織布マスク警察」が登場していますが、手作り布マスク、ウレタンマスクを否定するのではなく、どれも一般的な使用であるなら問題はない。


『ワンデイサロンスタッフ 平岡さんによる手作りの飛沫シュミレーション(#^^#)』

 

③熱のある時編
・発熱時の対応:まずはかかりつけ医へ電話相談をする。診療時間以外であれば、三重県救急医療情報センター(059-229-1199)へ相談。

※(参照)三重県新型コロナウイルス感染症特設サイト https://www.pref.mie.lg.jp/covid19.shtm

 

④気をつけよう編
・必要な眼科や歯科等、命にかかわる事ではなくても健康でいるために受診は控えない。
・活動自粛で身体は気づかないうちに衰えている。楽しみながら日常生活を工夫してみる。

 

 ワンデイサロン事業部員の名演技と第四地域包括支援センターの三好さんの講座で、会場は終始、感嘆の声と笑いで沸きました。
このようにして感染予防対策をとり、地域のみなさんが元気に過ごしていくための交流は本当に大切な取組みだなぁと思います。

 

 櫛田地区のみなさん、共に学ばせていただきありがとうございました!!

 これからも、地域のみなさんが安心して暮らせるまちづくりの応援させて下さい(#^^#)

 

 

 

2021.02.19

野菜の種まき&おやつ作り

こんにちは。
嬉野支所生活介護事業所です。

外は雪が強風にのって舞っている中
生活介護では、ポカポカな1日を過ごしました。

ジャガイモとプチトマトの種まきをみんなでしましたよ♪
ジャガイモは5月
プチトマトは8月頃の収穫を予定しています。

芽が出たら、またお知らせします。

午後からは
おやつ作り「きゃべおこ」をしました。

材料は、キャベツ、魚肉ソーセージ、チーズのみ!
小麦粉未使用のお好み焼きです。

分量は・・・
お好みで調整ください!(^^)!


とってもおいしくできて
利用者様にも大好評でした☆
みなさんもぜひ挑戦してみてください!

気候がそろわず
体調を崩しやすい時です。
みなさま、お体ご自愛ください。

 

2021.02.15

“あまちゃん”と一緒に

  こんにちは。松阪社協 飯高支所デイサービスです。

 今日は、とても暖かい日になりました。天ぷら・煮物・たこさんウインナー・メロンなどが入ったお弁当はとても美味しそうで、「今日は特別のごはんやなぁ」とみなさん嬉しそうでした。今月は飯南町下仁柿にある稲わらの巨大なモニュメント、アマビエの“あまちゃん”を見に行きました。疫病退散の願いが込められた伝説のあまちゃんに、みんなで「コロナが早く終息しますように」「このまま元気に過ごせますように」と願いを込めて一緒に写真を撮りました。毎年有志の方が作られるモニュメントを、来年は何ができるかな?とみなさん楽しみにしています。

 

2021.02.15

豆まきと鬼

  こんにちは。松阪社協 飯高支所デイサービスです。

 今年は124年ぶりに2日の節分でした。もちろんデイサービスでもお昼ご飯に、卵で巻いた恵方巻き(黄金巻き)と、豆を使ったサラダが出て「お寿司大好きやわぁ」と嬉しそう。その後のレクの時間には、鬼に変装した職員が金棒を持って来て大暴れしている所を、みなさんに豆(おじゃみ)をまいてもらい鬼を追い払ってもらいました。たまに鬼に変装していない職員にも豆をまいたり金棒を振り上げてくるお茶目な方もみえました。悪い物を追い払って、今年も福がやってきますよ。

 

2021.02.08

鏡開きで

  こんにちは。松阪社協 飯高支所デイサービスです。

     1月15日は、小正月で鏡開きがあります。もちろんデイサービスでも鏡開きをしました。おもちと一緒にパチリ。その後のおやつの時間に、(本物のおもちは危ないので)松阪の名物の“田舎あられ”を、ぜんざいに自分で自分の好きなだけ入れていただきましたが、溢れるほど入れた方はみえませんでしたよ。「これもぜんざいにあうんやなぁ」と、うれしそうに話してみえました。

 

2021.02.08

元丈の里 営農組合さんより

  こんにちは。松阪社協 飯高支所デイサービスです。

      元丈の里 営農組合さんにいただいた白菜を使って7日は“白菜と人参とあげのゆず胡麻和え”を作っていただきました。柔らかい白菜を使った小鉢はみなさんに大好評で「おいしいわー」とにこにこ嬉しそうでした。8日は、花見弁当で“白菜のうすくず仕立て”という吸い物を飲んで嬉しそうな表情。この日はとても寒く「温まるわ」と喜んでみえて、見ているこちらの心も温まりました。

 

2021.02.03

節分

こんにちは。
嬉野支所生活介護事業所です。

今年の節分は、124年ぶりに2月2日です。

生活介護事業所では
恒例の豆まきをしました。
鬼は外~!福は内~!


鬼役をしていただいた利用者様
ご苦労様でした。

昼食は、節分メニュー『助六』です。

「とってもおいしい(*^^)v」とペロッと完食です。

みなさまに福がきますように☆

ページの先頭へ戻る