社協職員日記

2019.11.21

たんぽぽ大運動会

  こんにちは。松阪社協 飯高支所デイサービスです。

 爽やかな秋晴れになりました。ボイラーの工事ではみなさんに大変ご迷惑をおかけしましたが、今日からは今まで通り湯船にゆっくりとつかっていただけるようになりました。そして今日は運動会です。紅白のタスキを頭に巻いて、最初に玉入れが始まりました。赤組も白組もたくさんの玉をかごに入れて大ハッスル!続いて綱引き(綱送り)です。どちらのチームもしっかり手が動いて、すごく早くてビックリしました。「やっぱり女性は何をしても強いなあ」との声が聞こえてきました。最後は楽しみにしていたパン食い競争です!みなさんいい顔でパンにかぶりついていました。もちろん職員も本気でパンと戦っていました。「今日の運動会楽しかったわ」「自分でしとるより職員見とる方がおもしろかった」とニコニコの笑顔で話してみえました。今年は赤組が優勝しましたが、白組のみなさんもしっかり手足を動かしてくれていました。

2019.11.13

とのまちカフェで、バルーンアートイベントを開催しました。

 こんにちは!みんなの居場所づくり事業「とのまちカフェ」です。

 11月8日(金)は、バルーンアートイベントを開催しました。講師に堤さんをお招きし、バルーンアートの作り方を教えていただきました。

 講師や職員に聞いたり、利用者さん同士で作り方を確認したり、四苦八苦(>_<)でしたが、出来上がると嬉しさもひとしお! みなさん、わいわいと楽しく過ごしました(^^♪

 今後も『いつでも気軽に立ち寄れる居場所』『ホッと一息つける居場所』として「とのまちカフェ」のコミュニティースペースを展開します。これからもよろしくお願いいたします。

2019.11.08

みんなの居場所づくり事業「太極拳をやってみよう!」

こんにちは!松阪支所地域福祉係です。
11月22日(金)、みんなの居場所づくり事業として「太極拳をやってみよう!」を松阪支所 地域交流多目的室にて開催いたします。
参加者同士がアットホームな雰囲気のなかでコミュニケーションをとりながら、太極拳でリラックスしゆったりと過ごしていただけたらと思います。
太極拳には、“姿勢がよくなる。代謝がよくなる。バランスがよくなる。心豊かな社会生活が送れる”等、魅力的な効能があります。心と身体の緊張をといて、正しく立って、深い深呼吸をして、体のすみずみに酸素と栄養を送る・・・どなたにも楽しんで頂ける簡単な動作です。
申込みは松阪支所 地域福祉係 ℡0598-30-5210 申込期限は11月18日(月)です。みんなでリフレッシュしてみませんか?申込みご連絡お待ちしております。

2019.11.07

「松阪まちなかレオパークコンサート」へおじゃましました!

こんにちは!松阪支所 地域福祉係です。

 

今年も10月1日~赤い羽根共同募金が始まっています!

松阪市内各所で地域の皆様方が様々な形で募金運動にご協力をいただいており、心よりお礼申し上げます。

皆様のあたたかなお気持ち、ありがとうございます!

 

10月20日「松阪まちなかレオパークコンサート」へおじゃましてきました。

この松阪まちなかレオパークコンサートは、ライオン像で有名な“ポケットパーク”で、昨年から日曜日に開かれているコンサートです。

このコンサートの目的は、グループの生演奏を聴いてもらい、観光客に松阪の良さを伝えることや、若者に楽器に興味を持ってもらうこと、また高齢者の憩いの場づくり等、地域活性化を期待したものです。

また、併せて、赤い羽根共同募金も継続的に行っていただいております。

 

この日のコンサートは、「ザ・サークル」さん、京都から「原ファミリーバンド」さん、そして大阪の「ねじまきお」さん の3バンドが演奏をご披露されていました。

 

 

 

 

最後には、みんなで歌い、とても楽しい時間を過ごさせて頂きました!

また、しっかり赤い羽根共同募金の案内と協力の呼びかけを行っていただき^^ 今年はこのコンサートを通して、5,164円の募金協力をいただきました。

 活動を通して募金を呼び掛けてくださった出演者の皆様、募金にご協力をいただいた皆様、本当にありがとうございました。皆様よりお預かりいたしました募金は、次年度の福祉活動へとつなげさせていただきます。

 

 “まちなか”から、音楽♪を通して、歌ったり、リズムに乗って手拍子をしたり、おしゃべりに笑ったり…あたたかな輪が広がっていくような、素敵な活動であることを改めて感じさせていただきました。

本当に、ありがとうございました!!

 

2019.11.01

第15回 松阪市社会福祉大会 福祉フェスティバルが12月15日(日)に開催されます。

福祉のまちづくり課です。
12月15日(日)に、嬉野ふるさと会館にて、第15回 松阪市社会福祉大会 福祉フェスティバルが開催されます。

お気軽にお越しください。

託児室もございます (^^)

 

オープニング 10:00~ 嬉野中学校吹奏楽部

式典10:15~ 福祉に貢献された方々の表彰

記念講演13:00~ 綾戸智恵さん(JAZZ SINGER)の記念講演「家族との係わり~母として・娘として~」

 

フェスティバル 10:30~ 屋台村・オリジナルショップ・地域福祉活動・赤い羽根共同募金などの活動展示

 

※詳しくは、こんにちは!社協です!!11月号折り込みチラシをご覧ください。

2019.10.28

コスモスと・・・

  こんにちは。松阪社協 飯高支所デイサービスです。

 台風が近づいていて、この頃ずっと雨。天気予報でも雨。のはずが、みなさんの心掛けが良いのか今日は朝から晴れ!ポカポカ暖かい日になりました。お花見日和ですね。

花見弁当は、栗ごはんや、エビフライなどの料理が並んでいて、みなさん美味しそうな顔をしています。

おやつを食べたら出発です!最初に富永地区にコスモスを見に行きましたが、この前の台風で倒れてしまって残念ながら花はちらほら咲いているだけでした。その後道に咲いているススキを見ながら、森地区の津本公園に行きました。少し寒くなってきましたが、みなさん元気に車からおりて「キレイな所やなあ」と喜んでみえました。

2019.10.25

10月20日(日)神戸地区文化祭に参加しました!

こんにちは! 松阪支所 地域福祉係です。

10月20日(日)神戸地区文化祭に参加しました!

この文化祭は「赤い羽根共同募金」の「歳末たすけあい地域福祉活動助成金」をご活用いただきながら

神戸まちづくり協議会が主催し、地域にお住まいの子どもから高齢者まで皆さまが集う場として、

世代間交流を目的に開催している毎年恒例のイベントです。

日頃、公民館で活動されている講座の芸能発表や作品展示、茶道クラブのお茶会や老人会によるつき立てのお餅の販売、

久保中学校 家庭科部の6名のボランティアさんにもご協力いただき、神戸名物カレーうどんやポップコーンなどの模擬店があり、飛ぶように売れていました!

 

また、まつさか福祉会 向野園のお菓子の販売や、久保中学校ブラスバンド部による演奏があり、さわやかな秋晴れのなか約400人が集い大賑わいでした。

この文化祭は「赤い羽根共同募金」のイベント募金として

地域の民生委員児童委員さんご協力のもとブースを設けていただいています。

「自治会で募金したけど、また募金しとくわ」とのお声をいただいたり、子どもさんが小さな手で募金箱へ入れくださり、皆さんが赤い羽根を帽子や胸に付けられている姿を拝見し

胸が熱くなりました。ご協力ありがとうございました。

年間の取組みの中でも神戸地区の大きな行事として地元に根付いており、

神戸地区の皆さまの笑顔と笑い声が響き渡り、地元愛とパワーを感じる一日でした。

これからも、地域の皆さんの笑顔をお届けいたします!

神戸地区の皆さん ありがとうございました!!(*^▽^*)ノ

2019.10.24

「マジックで体験・交流わくわくライブ」 を開催しました!

こんにちは! 松阪支所地域福祉係です。

9月27日(金)、みんなの居場所づくり事業として 「マジックで体験・交流わくわくライブ」 を松阪支所 地域交流多目的室にて開催しました。この「みんなの居場所づくり事業」は、皆さまからお寄せいただいた「赤い羽根共同募金」を財源として、地域の幅広い年齢の方同士が世代を超えてふれあい、交流を深めていただくための場作りを目的としています。

 

当日は、小さなお子様からご高齢の方まで、定員を超える66名の方々にご参加いただきました。
 今回は松阪市内の地域で活躍されている4名のマジシャンによるマジックショーと、世代間交流を目的としたマジック体験を行いました。
 まずトップバッターは、茅広江地区の高橋マジシャンによる、コップの中の水が消えるマッジクです!
参加された方は、「どうして?なんで?お水が???」と不思議な顔に皆さん大笑い。

続いて、中央地区の山田大路(ようだおおじ)マジシャンによる、ティッシュで作ったカタツムリが塩をふったら消える!?松尾地区の村田マジシャンによるカードマジック、神戸地区の森本マジシャンによるコインマジックと、会場が笑いと歓声に包まれました。
 マジック体験では、各マジシャンによる4つのブースで、マジックを教えていただきました。参加された方は、「これは自分で出来るからみんなに教えるわ!」と意気揚々。今日からマジシャンです!

ライブ中、小さなお子さんが自由に過ごす様子を、他の参加者の方々が、温かなまなざしで見守っている光景に心がほっこりました。参加者の皆さんにマジックを楽しんでいただくことが出来たと思います。
4名の素敵なマジシャンと、そしてご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

「地域交流多目的室」は、平日の9時から17時までどなたでもご利用できる交流スペースです。カフェ『えみりあ』のランチの後や、お子さんを連れてお母さんお父さんが集う場や、新聞を読みにお寄りいただくなど、ぜひご利用ください。地域の皆さまに様々な形でご利用いただけるようイベントも開催いたします。
次回は、「みんなで一緒に 太極拳をやってみよう!」です。どうぞお楽しみに。

 

2019.10.17

幸まちづくり協議会 ~2019幸地区防災訓練~ が開催されました。

こんにちは! 松阪支所 地域福祉係です。

10月5日(土)幸まちづくり協議会 ~2019幸地区防災訓練~ が開催されました。

大規模地震による避難所(幸小学校)への避難訓練およびAED、心肺蘇生訓練と

各自治会における防災意識の啓発として行われました。

午前8時30分 松阪市防災スピーカーの放送と、各自治会所有の放送設備より伝達がされ

自宅から1日生活できるだけの物を持って徒歩により避難訓練を開始します。

総勢105名! 地域の皆さまが集まり、防災訓練センター、松阪市、消防城東分団、消防さくら分団、防災ボランティア「春告鳥」の協力のもと、グループに分かれマンホールトイレの説明 ⇒ 煙体験⇒ 毛布を活用した担架を作る体験の後、体育館に集まり「はるる」よりエコノミー症候群にならない予防体操を行いました。

続いてさくら分団さんの指導の下、班に分かれてAEDの使用方法を学ぶ心肺蘇生訓練です。

各班より「大丈夫ですか⁉大丈夫ですか⁉」の声が飛び交い、皆さん真剣そのもの。

しっかり訓練の時間を取っていただいた為、それぞれに体験をしていたくことが出来ました。

今回は受付後、実際の避難所の受付で使用する避難者名簿を記入しました。

春告鳥さんより、「地域全域が被災した場合、物資・食料の支援を受ける時は在宅で避難される方もこの避難者名簿を記入する必要がある。この避難者名簿は、地域で災害にあったすべての人の為にあるものです。」

「また、この避難訓練により避難準備のリュックを1年に1回点検をする良い機会となります。災害への備えとして大切なことです!」とのお話しをいただきました。

非常用持出袋はそのまま保管せず、食品は消費期限もある為定期的に確認し準備することが必要ですね。

皆さんリュックの準備は万全ですか? 消費期限は大丈夫ですか? お水はリュックに入っていますか?

今一度、ご自身のリュックを点検してみましょう!

これから起こり得る大規模災害にどう備えるか、自分たちの命をどう守るか、

地域での防災の取組みに、これからも社協として携わっていきたいと思います。

幸地区の皆さま、協力関係機関の皆さま ありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。

 

2019.10.17

「ボランティアフェスタ ~つなごうボランティアの手と手~」を開催しました。

 10月14日(月・祝)三重県立みえこどもの城を会場として「ボランティアフェスタ ~つなごうボランティアの手と手~」を開催しました。

 松阪のボランティア活動を子ども達に伝えたいと松阪市ボランティア連絡協議会・皇学館大学ボランティアルームの皆さんに協力いただき、ボランティア体験・ボランティアステージ・被災地復興支援募金活動をおこないました。

 ボランティア体験コーナーでは、点字・防災啓発・おもちゃ作り・絵手紙・折り紙と各グループの活動を体験していただきました。

 ボランティアステージでは健康体操・大正琴・声楽を楽しんでいただきました。「ボランティアさんが歌い、子ども達がダンスし、それをお父さん・お母さん・おじいちゃん・おばあちゃんが見守る」とても一体感を感じるステージが出来上がり素敵な時間が過ごせました。

 また綿菓子体験・コリントゲーム等の募金コーナーでは各地で発生する豪雨災害への募金活動をおこないました。総額38,206円の募金が集まりました。皆様の温かいお気持ちを被災地へ届けさせていただきます。
 参加したボランティアさんにとっても実りある1日となりました。ありがとうございました。

おもちゃ作り体験

防災啓発コーナー

折り紙体験

コリントゲーム

大正琴ステージ&子ども達のダンス

ページの先頭へ戻る