社協職員日記

2021.11.29

「とくわっ子まつり」に参加させていただきました!

 

こんにちは!松阪支所 地域福祉係です!

 

11月14日(日)徳和地区で開催された、『とくわっ子まつり』に参加させていただきました。

 

こちらは、社協の「小地域福祉活動助成金」を活用し、子どもたちに喜んでもらう事を目的に実施されたイベントで、今回初めての試みです。当日は約400名の方が来場されました。

 

受付にて「とくわっ子まつりチケット」を受け取った後、6つのブースをまわります。感染症対策に留意しながら開催された為、皆さん安心して参加しておられました。

 

➀キックthe缶缶…蹴ったボールが思わぬ方向に行くアクシデント?もΣ(・□・;)

②射的…子どもたちは、真剣な表情で的を狙っていました。

 

③ボッチャ…ボールが丸の枠に入ると、歓声があがっていました☆

 

④スーパーボールすくい…子どもたちは、お玉等を使用して苦戦しながらスーパーボールをすくいました。

⑤くじ引き…子どもたちは「何が出るかな~。」とドキドキしながらくじを引きました。

⑥こま遊び・パズルなど…コマの製作や木でできたパズルに取り組む子どもたちの表情は、真剣そのものでした。

 

 

様々な取り組みがなされていたなかで、「素敵だな」と思った運営の工夫を紹介させて下さい♪

・スタッフの名札

「空間を除菌する効果がある。」と言われているもので、当日のスタッフは名札代わりに装着しました。

柄も可愛いですね☆

 

・下駄箱にて外靴の管理

建物の入り口の受付にて外靴を預かり、番号札をお渡しします。建物から出る際には番号札と引き換えに、お預かりしていた外靴をお渡しするという流れでした。そうする事で、何名の方がセンター内にいらっしゃるかが把握できるようになっています。

 

・順番に並びたくなる仕掛け

床を見てみると、徳和住民自治協議会のキャラクターである、「とくわっ子」を発見!

順番に並ぶのが楽しくなりますね(^^)

 

どのブースからも楽しそうな声が聞こえており、大変盛り上がっていました!

来場した方だけではなく、スタッフとして参加された、ボランティアの方も楽しんでいらっしゃる姿が印象的でした♪

子ども達が嬉しくなるような仕掛けがたくさん詰まった、素敵なイベントだと思いました♪

 

当日ご一緒した参加者の皆さま、ボランティアの皆さま、朝から準備をして下さった徳和住民自治協議会の皆さま、楽しい時間をありがとうございました(^^♪

2021.11.29

生活介護の11月の行事のお知らせ

こんにちは、嬉野支所生活介護です。

11月9日におやつ作りで餃子の皮のピザを作りました。

ホットプレートに餃子の皮を並べて、チーズやトマトなど沢山具材をのっけて、美味しくいただきました。

 

簡単でとってもおいしいよ!

皆さんも是非作ってみてくださいね。

 

11月12日に金曜日は防災訓練です。

キャリスターで、人を呼ぶ訓練をしました。重たい人でもなんのその。

社会福祉センター・デイサービスセンター合同訓練。

火災に備えて消火器の使い方も練習しました。みんな無事に避難できました。

11月25日通所介護事業所と年に1度のお楽しみ交流会をしました。

プログラム1 相撲

 

力士たちのそろい踏み

 

 

 

 

 

 

尻相撲で勝負!

 

 

 

 

 

 

決勝戦は押し相撲です

 

 

 

 

 

な、なんと女性職員が優勝しました。

 

 

 

 

 

 

プログラム2

生活介護職員による「明日があるさ」を寸劇風に仕立てて歌って踊りました。

職員一同この日のために頑張って練習しました。

おさげ髪が似合っています。

 

プログラム3

通所介護職員によるTT兄弟

息ぴったりです。沢山の「T」を見つけましたよ。

寒さも笑いで吹き飛ばすくらい楽しい1日でした。

何かと慌ただしい季節となってきました。

これからも安全・安心をして利用者皆様に楽しんでいただけるように職員一同頑張っていきます。

2021.11.26

揥水住民自治協議会 福祉部“ワンデイサロン”による『おしゃべりカフェ』へ参加させていただきました!!

こんにちは!松阪支所 地域福祉係です。

 

11月5日(金)揥水住民自治協議会 福祉部 “ワンデイサロン”による『おしゃべりカフェ』へ参加させていただきました。

 

“ワンデイサロン”は、昨年まで『地域のみんなが安心して暮らしていくために、身近な課題を共に学ぶ場』でしたが、今年度より『地域の誰もが気軽に集える居場所』として生まれ変わりました!気軽におしゃべりを楽しみながら、健康体操も実施される、心と体を元気にする『地域の居場所づくり事業』です。

この日は、同協議会 健康いきいき推進部が昨年、『地域のみんながいつまでも心身共に健康に過ごせるように』の思いで作られた『おすすめ体操』のDVDを、スクリーンに上映し、参加された17名のみなさんで身体をゆっくりほぐしました。

続いて、第四地域包括支援センターの三好保健師の楽しいおしゃべりと共に介護予防体操を行いました。すっかり体もほぐれた後は、感染予防対策のもと、健康チェック、おしゃべりと各々が自由に楽しい時間を過ごしました。

運営された福祉部の方々は、参加された誰もが、少しでも楽しく、気持ちが『ほっと』するようにと、各テーブルに季節の花を飾り、手作りのウエルカムボードで迎え、会話と共にできる遊びも準備されるなど、様々な工夫をされていました。

地域をあげて各専門部が連携をし、健康なまちづくりに取り組む櫛田地区の皆さんに、地域のたくましさを感じました。

 

櫛田地区の皆さん、本当に楽しい時間をありがとうございました。

 

 

※ていすい住民自治協議会 福祉部 ワンデイサロン『おしゃべりカフェ』の活動は、『赤い羽根共同募金』が活用されております。『赤い羽根共同募金』は、地域の身近な福祉活動に活用されております。松阪市のみなさん、いつもご理解ご協力いただきありがとうございます!!

 

 

2021.11.25

嬉野中学校で赤い羽根共同募金について学びを深めました

こんにちは。嬉野支所です。

11月16日(火)に嬉野中学校 後期福祉委員さんと共に、赤い羽根共同募金について学びを深めました。「赤い羽根共同募金について知ろう!伝えよう!」をテーマに歴史や活用方法、計画募金というしくみになっていることを学習しました。令和3年度の目標額が約3,100万円であることを伝えると「多いな~」と率直な感想を聞くことができました。

3年度に集められた募金は、4年度の地域福祉活動に活用されます。嬉野地区では赤い羽根共同募金を活用して、幅広い世代の方が交流できる場づくりや高齢化・過疎化の進む地域での集いの場づくり事業を、新たに行う予定です。最後に福祉委員さんからは「自分のまちを良くしていきたいと思う」といった感想が聞かれ、とても心強く感じました。

委員会活動として今後、赤い羽根共同募金についてまとめた新聞づくりや各クラスへ訪問して啓発活動をしていただけるとのことです。

松阪社協では、「じぶんのまちを良くするしくみ」の理解の輪が広げられるよう、今後も活動していきたいと思います。

嬉野中学校 福祉委員の皆さん、ありがとうございました。

 

嬉野中学校 学校便り「六郷(R3.11.22発行)にも掲載していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

2021.11.25

11月14日(日) 鎌田中学校区にて開催『松阪市防災訓練』に参加させていただきました。

こんにちは!松阪支所 地域福祉係 です。

 

11月14日(日) 鎌田中学校区にて開催『松阪市防災訓練』に参加させていただきました。

今年度は、当初の予定より規模が縮小となり、感染症予防に配慮した避難所開設・運営の訓練や、訓練当日に向けて鎌田中学校 生徒さんが勉強されてきた防災に関する学びの発表動画視聴等が行われました。

 

当日は、気持ちのよい快晴でした。

まずは、鎌中グラウンドに集合し、開会式が行われました。

 

 

続いて、地区住民と市議会議員・災害対策本部員・防災訓練実行委員で二手に分かれ、訓練スタート!! それに合わせて、運営スタッフ側も一気に動きます。

 

地区住民側は、避難者受付や避難所開設の運営に関する説明を聞きます。

 

その後、4つに分かれて、それぞれの訓練がスタート!

 

  • 避難者受付手順確認の訓練

受付運営側と避難者側に分かれて、受付の体験をします。皆さん声掛けもしっかりされ、スムーズに運営されていました。

 

 

  • 避難所となる体育館のレイアウトを作成する訓練・支援物資仕分け訓練

避難所のレイアウトを作成する訓練は、皆さん相談しながら真剣に考える姿が印象的でした。

いざ考えるとなると難しいですよね…。平常時からシミュレーションすることが大切なのだと思いました。

 

 

  • 発電機等の資機材取り扱い訓練

発電機について、初めて見る方も多かったのではないでしょうか。

どのように発電され点灯するのか、知っているだけで安心感が増すのではないでしょうか。

 

  • マンホールトイレ設置訓練

何人かに分かれてトイレの組み立てをされていましたが、その組み立てに苦労されておられる様子もありました。一度経験することで、いざという時の自信につながりますよね!

一つ一つの取り組みに新しい発見があられたかと思います(^-^)

 

 市議会議員・災害対策本部員・防災訓練実行委員は、目標管理型災害対応訓練として、『人と防災未来センター』講師 高原先生の講話・ワークショップを受けられていました。

 

 

 最後には、今回参加することのできなかった鎌田中学校生徒さんがこれまで積み重ねてこられた防災学習の成果を動画にて伝達されました。ひとつひとつの発表は、これまでの学びを丁寧にまとめたものであり、それぞれ個性が光っておられました。

 子どもから大人へ、学びを伝える。コロナ禍の取り組みの工夫で、またひとつ、地域の中で連携が深まるきっかけになったと思います。

 

この訓練が少しでも気づきのきっかけとなり、みんなで一緒に、次のステップを踏めることが大切だと思います!(^^)!

 

 これからも陰ながら応援しています!!

2021.11.24

11/12 赤い羽根共同募金 店頭募金のご協力ありがとうございました!

こんにちは!松阪社協 松阪支所 です。

11月12日(金) 『ぎゅーとら ラブリー大黒田店』様と『BACIS 松阪店』様にて、赤い羽根共同募金運動を実施させていただきました!(*´▽`*)

 
 今年度は、感染症予防の観点から、ラジカセで啓発の音声を流し、募金箱は据え置き型に変えさせていただきました。

 また、職員より『赤い羽根共同募金のしくみ』がわかるミニブックを配布させていただき、赤い羽根共同募金のしくみ知っていただくことを大切に取り組みました♪

 

午前は、『ぎゅーとら ラブリー大黒田店』様の店頭で実施させていただきました。

 

この日は、共同募金キャラクターの愛ちゃんも登場!!

お客様から写真撮影を頼まれることもあり、愛ちゃんは羽根をパタパタと動かして喜んでいました♪(#^.^#)

 

お店の裏側も職員が立たせていただき、お客様に周知をさせていただきました。

 

 

午後は、『BASIC 松阪店』様です。

夕方の買物に来店されるお客様に、ミニブックを配布させていただきました!

 

 

立ち止まってミニブックを読んでくださる方、募金に協力してくださる方、

「赤い羽根、見かけたら毎年しとるんさ!」「自治会の方でもう募金したよ」と教えてくださる方… 

本当にありがたかったです。

 

 この日の運動を行うまでに、『ぎゅーとら ラブリー大黒田店』様 と『BACIS 松阪店』様に何度も訪問させていただき、店長様にご依頼・打合せをさせていただきました。とてもご多忙と拝察される中、募金運動の実施については、ひと声で快諾いただきました。

 本当にありがとうございます!!

 

 今回の募金運動で、改めて、皆様の協力があってこその募金であり、その優しさに支えられているのだな、と感じました☆
 また、お預かりした募金は、しっかりと次年度の福祉活動へとつなげていかねばならないといけないと、引き締まる思いです。

 

ご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました!!

2021.11.21

「赤い羽根共同募金」のキックオフイベントを開催しました!

こんにちは! 飯南支所 地域福祉係です。

11月1日(月)166号線沿いのたきや運送前と、飯南高校前の2カ所において「赤い羽根共同募金」のキックオフイベントを行いました。

10月1日から始まった「赤い羽根共同募金」ですが、コロナ禍により緊急事態宣言が明けた翌日であった為、対策を取り11月に延期した開催となりました。

たきや運送前では、松阪市共同募金委員会の委員である、粥見住民自治協議会の中野会長、

飯南地区民生委員児童委員協議会の宮本会長と、保護司会中村さんに参加いただきました。

また飯南高校前では、ボランティア部員の生徒さんがボランティア活動として参加!

黄色いはっぴと赤色ジャンバーを着用し、登校する生徒さんや行き交う皆さんに手を振り啓発活動をしました。

秋晴れの澄み渡る青空の下、生徒さんの笑顔と笑い声に包まれたイベントとなりました。

ご参加いただきました皆さん 早朝よりありがとうございました。

また、先日開催された飯南高校の文化祭での、ボランティア部による「赤い羽根共同募金」活動の様子もお届けしたいと思います。

社協のホームページとFacebookは要チェックです!(#^^#)!

 

 

 

 

 

2021.11.16

紅葉狩り

  こんにちは。松阪社協 飯高支所デイサービスです。

 爽やかな日になりました。今日は午後から紅葉狩りに行きます。楽しみにしていたお花見弁当は、豚角煮・かぼちゃコロッケ・柿のなます・胡麻豆腐など、旬の食材を使った美味しい料理でお腹いっぱいになりました。手作りおやつのカトカールを食べたら出発です!最初は、七日市地区に大きな銀杏の木を見に行きました。あっちから見ると黄色こっちから見ると黄緑の葉が、真っ青な空の色に映えて輝いていました。その後は森地区のスメールに行きました。川沿いに並んでいる楓の葉は赤・黄・緑・茶色でとても華やかで、「ここは初めて来たわーきれいやなぁ。ありがとう!」と喜んでみえました。道路の方から1枚パチリ。川の方を向いて遠くからパチリ。楽しそうに手を振ってステキな笑顔を見せてくれました。

2021.11.12

「小地域福祉活動サミットin北海道」に参加しました!

こんにちは! 飯南支所 地域福祉係です。

 

10/22、23の二日間に渡り「小地域福祉活動サミットin北海道」が開催され、

飯南地区福祉会が中心となり、飯南支所(ふれあいセンター)にて、飯南地区4つの住民自治協議会とサロンの代表者さんが其々の分科会に分かれ、総勢37名が参加されました!

このサミットは、小中学校区の小地域で地域福祉活動に取り組む、全国の実践者が集う交流会です。

コロナ禍である為、今回は集うことをせず全国の実践者の皆さんとZOOMで繋がる方法をとり、メイン会場である北海道と、各地の先進地会場の発表をオンラインで聴くサミットになりました。

一日目、講演「コロナ禍における小地域福祉活動」に、飯南地区の柿野・仁柿・粥見・有間野区の4つの住民自治協議会の役員さんが参加されました。

北海道津別町の「個を地域で支える」「個を支える地域をつくる」課題事例の発表があり、松阪市で来年度から取組む「重層的支援体制整備事業」の先進地の相談支援体制について学ぶことができました。

午後は、第1分科会「コロナ禍でのサロン活動の苦難と工夫」に、飯南地区内16サロンある中の10名の代表者さんに参加いただき、富山県黒部市のサロンの活動の休止から再開までや現状の活動などを聴きました。

受講後は皆さんで「百均で作るバーバリウム」の計画をされておられ、参加されたことにより皆さんのやる気!に火が付いたようでした(#^^#) 次回のサロン代表者会議が楽しみです(^^♪

二日目は、第4分科会「地域住民が主体となる小地域福祉活動や生活支援の仕掛け!工夫!」に、4つの住民自治協議会の役員さんと飯南地区民生委員児童委員協議会の会長さんが参加されました。

宮崎県都城市より、地域住民が組織する「地区社協」の取組み発表があり「みそ汁の会」を各地区で展開されておられ、福祉活動のヒントを沢山いただくことができました!

全国とZOOMで繋がり、みんなにやさしいまち「いいなん」を目指して、身近な地域でささえ合う小地域福祉活動を、同じ仲間が学び地域への想いを再確認する良い機会であったと思います。

ご参加いただきました皆さんありがとうございました!

飯南地区福祉会さん、飯南会場として申込みから当日の準備など色々とお世話になりました。

これからも飯南地区が元気になる活動のお手伝いをさせていただきます!(*^-^*)

今後ともよろしくお願いいたします!!

2021.11.11

令和3年度 松阪まちなかレオパークコンサート 最終日におじゃましました!

こんにちは!松阪支所 地域福祉係 です。

 10月31日、松阪まちなかレオパークコンサート最終日に、赤い羽根共同募金運動とコンサートの応援におじゃましてきました!(*´▽`*)

 この松阪まちなかレオパークコンサートは、ライオン像で有名な“ポケットパーク”にて、冬季以外の毎週日曜日に開かれているコンサートです。

 今年で4年目を迎えられますが、4年間継続できることがすごいことであり、また、それだけのご努力と皆様のお力が集まったからこそだと…演奏を聴かせていただきながらそんなことを想いました。

 このコンサート、すっかり日曜日の街中から音楽が聞こえてくる憩いの場として、定着をされたのではないでしょうか!(*^^*)

 また、出演者様も年々増えて、音楽のジャンルも多様になっているように思います!

 この日は、老若男女、様々な世帯の方が来場されていました!

 

おなじみ『ザ・サークル』さんで幕開け!定番ソングで皆さんニコニコ♪手拍子も弾みます!

 

続いて、今年誕生した『どんぶりカルテット』さん^^

どんぶり…この由来は、“誰でも一緒に…参加できる”そんな自由さを表現されたと伺いました♪

この日は飛び入り参加のウクレレ奏者さんも一緒に演奏…。アンプにつながったウクレレの音色と、美しいうたごえにほっこりしました☆

 

 

そして『The TOROPICAL Jazz Band』さん。

ギター、ベース、打楽器、オルガン、ドラム、間弦楽器…  だ、大迫力!!

心はいっきにTOROPICAL☆ 音楽を生み出せるって素敵です。それで人の心を揺さぶることができるって本当に素敵です!!

12月11日 ジャズ茶房サライさんで、チャリティライブをされるようですよ♪♪(^^)

 

 

最後は、みんなで一緒に大演奏!!(*^^*)

最後の最後まで、楽しく素敵な時間でした。

 

 そして、社協として、赤い羽根共同募金運動やコンサートへの想いをお伝えする時間も頂戴いたしました。

 コンサート立ち上げから3年間、赤い羽根共同募金を活用し、活動を展開されてきました。募金いただいた皆様の想いを、こうして形にして紡いでくださったこと、本当にありがとうございます(*´▽`*)

 また、毎年赤い羽根共同募金の手作り募金箱を常設していただいております。

 今年度は、皆さまより8,456円の協力をいただきました。ありがとうございます。

 令和4年度の福祉活動へとおつなぎしたいと思います!

 

 来年も、ゆるやかに、楽しく、ホット!!に、幸せな音楽が街中で聴けますように…。

 来年も、散歩がてら「ちょっと音楽聞きにいこか~」って寄ることのできる街中コンサートが開催されますように…☆

 

引き続き、応援しています!!!

 

 

ページの先頭へ戻る