社協職員日記

2020.07.02

アガパンサスと紫陽花と・・・

  こんにちは。松阪社協 飯高支所デイサービスです。
      先月は自粛で花見弁当を食べるだけでしたが、今月はお花見に行けることになりました。楽しみにしていたお弁当を食べたら出発です。最初は飯高支所の七日市地区の職員のお宅に“アガパンサス”の花を見に行きました。コロナウイルスの事もあり、すぐに車からおりられる方だけ写真を撮っていただきました。花はまだまだ蕾が多くシュッとした姿に、同じようにシュッと立ってくれました。「これから咲くのが楽しみやなあ」「きれいやなあ」と話す声が聞こえてきました。次に森地区に紫陽花を見に行きました。きれいな紫陽花ロードにみなさん「いっぱい咲いとるんやなあ」と、喜んでみえました。

2020.07.01

松阪市成年後見センター開設のお知らせ

 松阪市社会福祉協議会 福祉のまちづくり課です。

 令和2年7月1日 松阪市成年後見センターを開設しました。

 松阪市成年後見センターでは、成年後見制度の利用を希望される方などの相談や利用支援、啓発のための研修会、利用する方を支える関係機関の連携のお手伝いなどを行います。

 ご自身やご家族、身近な方などで、判断能力の低下に伴う困りごとができたとき、将来のために制度の話を聞いておきたいときなど、成年後見制度に関する相談があればお気軽にご連絡ください。

 

 松阪市成年後見センター開設に先立ち、6月30日に開設式が行われました。

 竹上真人松阪市長によりご挨拶、大平勇松阪市議会議長よりご祝辞いただき、社会福祉協議会会長が松阪市成年後見センターの看板を受け取りました。

 

※成年後見制度は認知症や知的障がい、精神障がいなどの理由で判断能力が不十分な方が、日常生活での契約や財産管理などを行うときに、不利益をこうむったりしないよう、成年後見人等が支援を行う制度です。

 

問合せ:松阪市成年後見センター

電 話:31-3001

住 所:殿町1563 松阪市福祉会館2階

開所日:月曜日~金曜日 8時30分~17時15分(祝日、年末年始は除く)

2020.06.19

茅広江まちづくり協議会の “高齢者花の慰問活動” におじゃましました!

こんにちは! 松阪支所地域福祉係 南部地区担当の柳瀬です。

6月13日(土)茅広江まちづくり協議会の “高齢者花の慰問活動” におじゃましました。

この取組みは、茅広江まちづくり協議会が 社協の「小地域福祉活動助成金」の「見守りネットワーク活動」を活用されながら、65歳以上一人暮らしの高齢者宅へ花の寄せ植えをお届けし、地域で見守りを行う取り組みです。

まちづくり協議会健康福祉部さんが中心となり、地域の自治会長さん、民生委員さん、老人会さんと地域の方が集まり

ジニア、コリウス、ガザニアなど、色とりどりの寄せ植えが出来上がりました。

今回は、上茅原地区の自治会長さんと民生委員さんの班に同行させていただきました。

「こんにちは! お変わりないですか?」 と、日頃の様子や困りごとを聞き取りします。

8月で91歳になられる なみえさんより「里ちゃん、むっちゃんには世話になっとるんさ~ 弁当や寄せ植えをいつも配ってもうてな~ 楽しみにしとるんやに! ありがとうな」とお言葉をいただき、朝からのご様子を詳しくお話してくださいました。

ご近所である、里ちゃん(自治会長)とむっちゃん(民生委員)も、笑い交じりに話しが弾みます。

私自身、祖母を思い出し「こうやって色々話しを聴いてあげたかったな…」としみじみ思いました。

茅広江地区は、顔と顔が見えるご近所の繋がりがある地域です。

この見守りネットワーク活動によって、高齢者が安心して住み慣れた町で暮らすことが出来る

素晴らしい取組みであると実感しました。

今日は地域の皆さんの笑顔から、元気をいただきました。

茅広江地区の皆さん! ありがとうございました。

また12月もよろしくお願いします! (*^▽^*)ノ

 

 

 

2020.06.11

神戸まちづくり協議会の “小学生体験農園” におじゃましました!

こんにちは! 松阪支所地域福祉係 南部地区担当の柳瀬です。

6月1日(月)神戸まちづくり協議会の “小学生体験農園” におじゃましました。

この取組みは、神戸まちづくり協議会が社協の「小地域福祉活動助成金」の「地域福祉教育活動」を活用されながら、第五小学校2年生の児童92名にサツマイモの苗植えから収穫までを体験してもらい、収穫の喜びと、食の大切さや作業の楽しさ、

地域の皆さんとのふれあいから助け合いの心を育む、毎年恒例の地域の福祉活動です。

この日は、待ちに待った平常授業再開の日でした。

授業の1限目・2限目に2班に分かれて、学校から農園までサポーターさんと先生の先導により歩いてやって来ます。

まずは、神戸まちづくり協議会会長 村田哲也さんが挨拶され、

公民館長より芋苗の植え方を教わります。

虫が怖い子や、泥んこの土に触るのが苦手な子がいましたが、スコップを持ち小さな手で土をかけている姿がとても可愛いらしかったです。

その姿を見ながら、私たちの子どもの頃は、野原を走り回ったり、虫取りをしたりと

「たくましかったなぁ~」と時代を感じてしまいました。

神戸まちづくり協議会さんの日頃のふれあい農園のお手入れや

早朝よりの体験農園のご準備お疲れさまでした。

地域の皆さん、第五小学校さんありがとうございました!

秋の収穫祭もよろしくお願いいたします!(*^^*)/

これからも、地域の情報や皆さんの笑顔をお届けしたいと思います!

2020.06.03

松阪支所 地域交流多目的室でのイベント再開のお知らせ

松阪市社会福祉協議会では、「みんなの居場所 カフェ(旧とのまちカフェ)」を、殿町から新たに松阪社協 松阪支所(鎌田町)に場所を変えて再開いたします。

初回は、6月12日(金)13時~スタートです。

 

“外出してみたいけど、人ごみはちょっと緊張する“

“気軽に行ける場所が欲しい”

“人と話すのが苦手。でも、人と話がしたい”

 

ホット一息できる場、誰でも立ち寄れる居場所として・・・ゆっくり過ごしていただくためのカフェをオープンします。

ご要望に応じて、日常での困りごとの相談も承ります。

カフェにいらっしゃるみなさんがその日の気分でありのままに過ごし、新たな1歩のきっかけづくりとなるようお手伝いができれば幸いです。

どうぞ、お気軽にお越しください。

 

・開催日時: 毎月第2・第4金曜日 (※基本的に祝日は除く)    13時~15時まで

・開催場所: 松阪市社会福祉協議会 松阪支所 1階 地域交流多目的室

        (住所:鎌田町213—1)

 

☆コロナウイルス感染防止の為、来所の際は、可能な限りマスクの着用 および 検温にご協力をお願いします。

発熱がある、体調が優れない際は、無理をせずに、自宅での療養をお願いします。また、相談がある場合は、電話でもお受けします。

☆今後、コロナウイルス感染状況に応じて、開催の変更・中止を余儀なくされる場合があります。ご了承下さい。

 

6月~再開チラシ

2020.06.03

第四地区で花菖蒲が今年もきれいに咲いています。

 松阪市社会福祉協議会 松阪支所 北部地区 地域担当 大西です。

 

 

第四地区では、毎年6月上旬頃、第四地区住民協議会福祉部会の年間行事のひとつとして、「花菖蒲観賞会」が開催されます。

この観賞会では、泰山荘・吉祥苑の入所者の方と三郷保育園・松阪幼稚園・鎌田幼稚園の園児さんが招待され、花菖蒲を観賞し、園児の皆さんと高齢者の皆さんが歌や手遊びをして過ごす、素敵な交流行事となっています。

 

今年は、コロナウイルス感染防止のため観賞会は中止となりましたが、鎌田町の「鎌田花しょうぶ園」では様々な品種の花菖蒲がきれいに咲いています。

持ち主であられる鈴木逸郎さんにより「鎌田花しょうぶ園」の草刈りや手入れなどがきめ細かに行われており、新たに品種の分かる看板も設置されました。

 

また、第四地区住民協議会 福祉部 部会長 鈴木芳文さんより「7月の株植え替えの際に、プランターに花菖蒲を株分けし、いずれは新しくできた鎌中地域交流センター前で観賞できるように工夫をしたい」という想いをお伺いました。

 

コロナウイルスの影響により、観賞会は中止になりましたが、変わらず行われている「鎌田花しょうぶ園」の手入れや次の活動アイデアに、あたたかな気持ちになりました。

 

‟できない中でも、できることを当たり前に、少しずつ“ そんな言葉が浮かんできました。

 

7月には、希望する方に、花菖蒲の株分けもしてくださるそうです。

 

6月1日時点の訪問では、‟ 開花は全体の半分程”と伺いました。

 

 

散歩の途中に是非ご観賞ください!

 

2020.06.03

フードバンク松阪さんへ訪問しました!

こんにちは、松阪支所 地域担当です!NPO法人 フードバンク松阪さんに訪問し、活動のお手伝いをさせていただきました!

 

 「フードバンク」とは、安全に食べられるが包装の破損等の理由で流通に出すことのできない食品や、過剰在庫の食品を企業から寄贈していただき、必要としている方や団体等に無償で提供するという、『もったいない』を『ありがとう』へと繋げる活動のことをいいます。

 フードバンク松阪さんも個人の方や企業からのご寄付をもとに、生活や食べる物に困られている方々への支援をされています。代表の手島さんは「自分たちだって、いつ食べ物に困る生活になってもおかしくない。できる限りの支援をしたい」といつも力強く言われます。

 

ご寄付いただいた物品の一部です。コロナ禍で皆さん大変だと思いますが、多くの気持ちをお寄せいただいていました(^^)

 今回訪問させていただいた時には、外国人の利用者さんからお礼に貰ったマスクと手紙について嬉しそうに話をしていただきました。フードバンク松阪さんは単に『物』を受け渡すだけでなく、活動を通じて『気持ち』や『心』を通わすことをとても大事にされている団体だと改めて感じました。私も手島さんにお会いすると、いつも元気を貰っています(^^)

                       

 今、新型コロナウイルスの影響により、フードバンク松阪さんの支援を必要とされる方が多くなってきている現状をお聴きしました。地域にこのような活動をしている団体があることをこの機会に知っていただき、フードロスや食べる物に困られている方がいるということに少しでも関心をもっていただければ嬉しく思います。

 

 また、松阪社協でも保存食や、アルコールを除く飲料(賞味期限が充分にあるもの)の寄附受付を行っております。ご協力いただける方は、松阪社協 松阪支所(30-5210)までご連絡いただけますと幸いです。

 

 フードバンク松阪さん、今回もお忙しい中訪問させていただき、ありがとうございました(*^▽^*)

2020.05.25

うどん作りを楽しみました!

こんにちは、嬉野支所生活介護です。

コロナウイルス感染拡大予防で外出訓練が自粛になり、

お楽しみ会として手作りうどんをみんなで作りました。

上手に、とってもおいしく出来上がりました。

みなさんもぜひ挑戦してみてくださいね  。

 

2020.05.22

おいしそうな“餡巻き”

  こんにちは。松阪社協 飯高支所デイサービスです。
 きょうは午後から、おやつの時間に食べる“餡巻き”を作っていただきました。いつもならみなさんに生地を焼いていただくところですが、コロナウイルスの影響で生地は職員が焼いて、みなさんには自分の食べる分の餡を巻いて食べていただきました。みなさんは「これを包んだらええんかな?」「お腹いっぱいになるなー」と嬉しそうに話してみえました。職員が「おいしそう」と声をかけると、「食べさしたろか?あーん」と“餡巻き”を差し出してくれましたが、コロナウイルスが流行っているのでお気持ちだけいただきました。

2020.05.13

お花見弁当を食べて…

  こんにちは。飯高支所デイサービスです。

 今日は、楽しみにしていたお花見弁当の日です。エビフライに、和え物・フルーツなど、美味しそうな食材がいっぱいで、「食べた事ない物食べさしてもらうで長生きするわ」と喜んでみえました。いつもならこれからお花見に出発するのですが、コロナウイルスの影響でお花見は自粛になりました。今、近くに咲いている花を写真に撮ってきました。今の季節は花がいっぱいですね。オオデマリ・桐・石楠花・菖蒲・サツキ・藤・なんじゃもんじゃ・モッコウバラを見て、一緒にお花見気分を味わって下さい。

ページの先頭へ戻る