社協職員日記

2015.11.25

はーとりあ飯高・三雲ホーム 職員交流会をおこないました

こんにちは!在宅福祉サービス課です。

 

松阪市社会福祉協議会は共同生活援助事業として、「はーとりあ飯高」、「みくもホーム」を運営しております。

 

今回は、はーとりあ飯高において、世話人と宿直員との交流会(意見交換会)を行いました。

 

松阪市の東と西に位置する両事業所は、片道1時間ほどかかる場所にあるんですよ。

 

 

 

 DSC_0185

はじめに就労継続支援B型事業所「飯高じゃんぷ」の見学

 

 

 

 

DSC_0187

その後「はーとりあ飯高」に移動し、昼食を摂りながらの意見交流会

 

 

 

 

昼食の弁当と食後にでんがらをいただき、お腹いっぱいです!

 

特に昼食後には積極的な意見交換が行われ、みなさんの利用者様への熱い思いを感じることができました。

 

 

課題もありますが、このような機会を効果的に重ねることによって、より良い事業所運営と向上に努めていくことができればと思います。

2015.11.09

第3回口腔ケア研修会を開催しました。

こんにちは!在宅福祉サービス課です。

 

前回に引き続き、三重県歯科衛生士会 松阪支部 島田富美氏をお招きし、第3回口腔ケア研修会を開催しました。

 

今回は、「実践!器質的口腔ケア」ということで、歯みがきの仕方や口腔ケアのポイントについて講義していただきました。

 

口腔ケアを行うにあたっては、道具等の “何でみがくか” ではなく、

“どうみがくか” であり、利用者様の残存能力を引き出す工夫方法等を教えていただきました。

DSC01752

 DSC01749

 

また、口腔内の細菌の数を調べる機械を持参していただき、参加された職員の口腔内細菌数を調べていただきました。

DSC01738

『ごちそうさま。お茶碗洗ったら、歯も洗う。』

 

いつまでも元気に、いつまでも美味しく、をモットーに利用者様はもちろんのことながら、私たち自身のお口のケアや訓練に努めていきたいと思います。

 

第4回目は「実践!機能的口腔ケア」について講義いただく予定となっております。

 

島田先生、次回もよろしくお願いいたします!

2015.11.02

介護職員初任者研修 閉講式をおこないました。

こんにちは!在宅福祉サービス課です。

 

松阪市社会福祉協議会は地域の皆様への介護技術・知識の習得や普及に努めるべく、公益事業として介護職員初任者研修を行っております。

 

7月1日より開講し、10月30日に平成27年度介護職員初任者研修の閉講式を行い、受講していただきました8名のみなさまに、修了証明書をお渡しすることができました。

 

21日間という長期間でとても内容の濃い研修であったと思います。生徒の皆様、おつかれさまでした。

 

この研修で学んでいただいた技術・知識を仕事現場や自宅または地域の中で大いに活かしていただければ幸いです。

 

最後に、この事業に携わっていただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

今後も松阪社協の介護職員初任者研修事業をよろしくお願いいたします!

2015.10.29

個別支援計画作成についての研修会を開催しました。

こんにちは!在宅福祉サービス課です。

 

今回は、相談支援事業所こだま 島ゆうこ氏をお招きし、障がい福祉サービス事業所における個別支援計画作成についての研修会を開催しました。

 

松阪市における相談支援体系、相談支援専門員の役割、サービス等利用計画と個別支援計画の連動、意思決定支援について、詳しく講義していただきました。

 

講義を受けることでサービス等利用計画、個別支援計画について再確認し、理解を深めることができる良い機会となりました。また、同じ松阪市内の事業所として、相談支援事業者とサービス事業者が同じチームとして連動し、その方に寄り添った支援ができるよう心がけていきたいです。

 

ありがとうございました!

2015.10.20

感染症研修会を開催しました!

こんにちは!在宅福祉サービス課です。

 

今回は、三重県立看護大学の脇坂浩先生をお招きし、事業所の職員を対象に感染症研修会を開催しました。

 

 

DSC01715

 

感染対策の基本やノロウイルス・インフルエンザなどについて、時々クイズを交えながら楽しくわかりやすく講義をしていただきました。

 

 

DSC01718

これから感染症が流行する季節になるので、予防の3原則を守るように取り組んでいきたいと思います。

ありがとうございました!

2015.10.02

第2回口腔ケア研修会を開催しました!

こんにちは!在宅福祉サービス課です。

 

前回に引き続き、三重県歯科衛生士会 松阪支部 島田富美氏をお招きし、第2回口腔ケア研修会を開催しました。

 

今回は、「口腔ケアのアセスメント・評価機能を確認しよう!」ということで、口の機能について講義していただきました。

 

 

DSC01706

 

講義以外にも、反復嚥下唾液テストやお口の体操などを実践させていただきましたので、紹介させていただきます。

 

★ぱたから体操★

DSC01725

 

★反復嚥下唾液テスト★ 

DSC01727

 

★健口体操★

DSC01728

DSC01729

DSC01730

第3回目は「実践!器質的口腔ケア」について講義いただく予定となっております。

島田先生、次回もよろしくお願いいたします!

 

2015.09.18

精神に障がいのある方の支援について学びました!

こんにちは!在宅福祉サービス課です。

 

今回は、南勢病院の向井亜希氏をお招きし、主に訪問介護と介護支援専門員の職員を対象に精神に障がいのある方の支援について理解を深めました。

 

IMG_23322

質疑応答では、一つ一つの質問に対して丁寧にお答えいただき、基礎を理解しできる良い機会となりました。

 

ありがとうございました!

2015.09.10

第1回口腔ケア研修会を開催しました。

 こんにちは!在宅福祉サービス課です。

 

今回は、三重県歯科衛生士会 松阪支部 島田富美氏をお招きし、看護師・生活相談員・生活支援員を対象に口腔ケア研修会を開催しました。

 DSC01691

この研修会は4回シリーズの研修会を予定しており、第1回目では、噛むことの大切さや、口腔ケアなどについて基礎知識を学びました。

 

講義以外にも、「噛むカムチェックガム」で噛む力の検査を行ったり、ペットボトルを使用して成人男性と高齢者の唾液量の比較を学んだりと改めて口腔ケアの必要性を再認識し、次回以降の研修会に取組むことができればと思います。

  DSC01698

第2回目は「口腔ケアアセスメントと評価」について講義いただく予定となっております。

島田先生、次回もよろしくお願いいたします!

2015.08.17

「かくれ脱水」を見逃さない!

ふっきーとOS1

こんにちは!在宅福祉サービス課です。

 

みなさん、「かくれ脱水」という言葉を耳にしたことはありませんか?

 

ご存知の方もみえるかもしれませんが、かくれ脱水とは、脱水症の早期段階あるいは前段階の状態を指すことなのです。小さなお子さんや高齢の方などは、まわりの人が気をつけてかくれ脱水を見逃さないようにしてくださいね。

それでもかくれ脱水が疑われる場合は、まずは食事で水分が充分に摂れているか、食生活を見直してみることが大事です。

 嬉野支所の中

今年は記録的な猛暑が続いておりますが、松阪社協においても大塚製薬さんとの熱中症予防の研修をきっかけに、サービス事業所において経口補水液と呼ばれるOS1(オーエスワン)を用いた熱中症予防を啓発しております。

 

環境次第では誰にでも起こりうることですが、脱水症を予防するためにもこまめに水分と塩分の補給に努めるとともに、食生活を中心とした生活環境を見直したいものです。

 

 

 

 

 

また、室温を適切に保つ程度のエアコンの使用も大切なことといわれています。

ここ松阪社協嬉野支所は松阪まちなか避暑地キャンペーン協力施設なのです。(上の画像の福っきーの奥に見えるのが、ロビーになります)

松阪まちなか避暑地

この暑い夏を乗り切るためにも、公共施設等を上手く活用してすごす…。というのも良いのではないでしょうか。

2015.08.11

障がい福祉サービス事業所(基礎編)を開催しました。

 

こんにちは!在宅福祉サービス課です。

 

今回は、松阪市役所障がいあゆみ課 世古元志氏をお招きし、障がい福祉サービス事業所・居宅介護支援事業所の職員を対象に障がいサービス事業所研修会(基礎編)を開催しました。

 

障がい者福祉制度についてという題材で、障がい者の認定と障害者手帳・障害福祉サービスについて講義していただきました。

 

アンケート結果においても、細かいところまで説明してもらい、分かりやすかったとの意見をいただき、制度改正や多様なサービス等の変化がみられる昨今において、経験年数に関係なく、基礎を理解し確認できる良い機会となりました。

 

ありがとうございました!

ページの先頭へ戻る