社協職員日記

2015.08.17

「かくれ脱水」を見逃さない!

ふっきーとOS1

こんにちは!在宅福祉サービス課です。

 

みなさん、「かくれ脱水」という言葉を耳にしたことはありませんか?

 

ご存知の方もみえるかもしれませんが、かくれ脱水とは、脱水症の早期段階あるいは前段階の状態を指すことなのです。小さなお子さんや高齢の方などは、まわりの人が気をつけてかくれ脱水を見逃さないようにしてくださいね。

それでもかくれ脱水が疑われる場合は、まずは食事で水分が充分に摂れているか、食生活を見直してみることが大事です。

 嬉野支所の中

今年は記録的な猛暑が続いておりますが、松阪社協においても大塚製薬さんとの熱中症予防の研修をきっかけに、サービス事業所において経口補水液と呼ばれるOS1(オーエスワン)を用いた熱中症予防を啓発しております。

 

環境次第では誰にでも起こりうることですが、脱水症を予防するためにもこまめに水分と塩分の補給に努めるとともに、食生活を中心とした生活環境を見直したいものです。

 

 

 

 

 

また、室温を適切に保つ程度のエアコンの使用も大切なことといわれています。

ここ松阪社協嬉野支所は松阪まちなか避暑地キャンペーン協力施設なのです。(上の画像の福っきーの奥に見えるのが、ロビーになります)

松阪まちなか避暑地

この暑い夏を乗り切るためにも、公共施設等を上手く活用してすごす…。というのも良いのではないでしょうか。

ページの先頭へ戻る