社協職員日記

2016.01.21

共同募金会 ポールウォーキング

こんにちは、飯南支所です。

皆さんは、「ポールウォーキング」ってご存知ですか?

ポールウォーキングとは、スポーツドクターが開発した新しい健康法で、ポールを持って歩くことで、正しい姿勢のまま歩幅を広げてバランスよく歩けるようになり、猫背や肩こり、腰痛でお悩みの方、ダイエット、運動不足解消、左右の手足をバランスよく使える体幹トレーニングなど、効果はさまざまです。

 

飯南地区共同募金会はこのポールを今年度の事業として22本購入しました。

DSC_2240

1月18日(月)、飯南地域振興局の保健師 梶間さんに講師をしていただき、まず初めに飯南地区の民生委員さんに講習を行いました。

ポールウォーキングに期待できる効果など話しをしてもらい、自分の体格に合わせてポールを調整します。

室内でポールを使ってのストレッチや準備運動を行いました。

DSC_2204

DSC_2214

 一通り室内での説明を聞いた後は、実際に外に出てみて歩き方のチェックを受けました。

何度か繰り返すうちに、皆さん上手に歩けるようになりました。

DSC_2219

 DSC_2224

慣れてきたところで、ふれあいセンター周辺の700メートルを歩きに行きました。

DSC_2233

ポールウォーキングは、ポールを使うことにより基底面が広がり安定するため、左右のバランスが取れて姿勢良く歩けるので、中高年の方の運動でも安全性が高く安心して歩けるのだと思います。

ポールの貸し出しを行っておりますので、興味のある方は飯南支所(32-4630)にお問合せください。

赤い羽根ロゴ

2016.01.15

深緑茶房様ありがとうございます。

こんにちは、飯南支所です。

いつも赤い羽根共同募金にご協力いただきありがとうございます。

今日は飯南地域でのまちおもいプロジェクトについてご報告させていただきます。

まちおもいプロジェクトとは、松阪市共同募金委員会と市内の企業・商店が寄付金付き商品を企画し、募金期間中(10/1~12/31)の売り上げの一部を募金することで地域に貢献する新しい形の募金方法です。

飯南地域では、深緑茶房様にご協力をいただいております。

今年度の募金付き商品は、「香小町(税別1000円)」と「カテキン緑茶(税別500円)」の2種類でした。

それぞれ、募金期間中の売り上げの5%をご寄付いただきました。

CIMG2938-1

このプロジェクトにより集まった募金は、平成28年度に取り組まれる市内の市民活動等の活動財源の一部として活用されます。

寄付金付き商品の販売、購入にご賛同いただきありがとうございました。

IMG_0221

赤い羽根ロゴ

 

2016.01.12

共同募金 昔遊び交流会(凧作り)

こんにちは、飯南支所です。

飯南地区共同募金会では、平成28年1月7日(木)飯南たんぽぽ保育園において、毎年恒例の老人クラブの方々と飯南地区保育園の年長児さんとの交流事業である凧作りと凧あげを行いました。

飯南地区には飯南ひまわり保育園と飯南たんぽぽ保育園の2箇所があります。当日、飯南ひまわり保育園の年長児さんはマイクロバスに乗り一路飯南たんぽぽ保育園へ。

お互いにあいさつをして、8つのテーブルに別れ民生委員の丸山さんの説明を聞きながら凧作りを行いました。

年長児さんには12月に凧の用紙を渡してあり、それぞれ上手に絵を描いてきてもらいました。フルーツや動物、楽しそうに遊ぶ友達やロケットの絵(よく飛びそうですね!)など、とても楽しそうな絵がそろいました。

老人クラブの方々に手伝ってもらいながら、約1時間で上手に凧ができあがりました。

DSC_2126-1

すこし時間が余ったので、各テーブルの園児が舞台に上がり、自分の作った凧の発表をしました。

そして、おいしい昼食を食べた後はいよいよ楽しみの凧あげです。歩いて粥見小学校のグラウンドへ!!

凧のあげ方を説明した後、元気いっぱいにグラウンドをかけていました。老人クラブの方々も童心に返り、楽しく過ごしました。

子どもは元気いっぱいです。少しも休まず走り回っていました。

とても楽しい一日となりました。

DSC_2164DSC_2168

DSC_2171DSC_2179

 

2016.01.12

東急ハンズ名古屋店レポート

こんにちは。 飯南支所です。


 

先月24日より販売が開始されている「M.I.E(ミー)」ブランドの売場状況についてご紹介いたします。

M.I.Eは三重県内6つの障がい者就労支援事業所で作られた製品を集め、手作りブランドとして商品化されています。最初、津市の障がい者が働くステップアップカフェにて展示されていた作品を見た東急ハンズ関係者が、「このままではもったいない」とブランド化を提案。
県が参画事業者を募り、賛同した6つの障がい者就労支援事業所にて昨年11月に管理運営協議会が発足。12月初旬には鈴木英敬知事の記者会見が新聞、テレビ等でも大体的に紹介され、大変反響を呼んでいます。
当社協の多機能型事業所「夢風船」も運営団体に参画しており、以前からさおり織りにてカバン等を制作していた通所者の上山知子さんの作品も東急ハンズ6Fの売場にて販売されています。

 

DSC_2187

JR名古屋駅前にそびえ立つJR名古屋高島屋の4F~10Fに東急ハンズ名古屋店が入店しています。

 

01_20100503194955

 

エスカレータにて東急ハンズ店内6Fへ・・・

東急ハンズのフリー購読紙「HANDS BOX」がエスカレーター横に設置されており、自由に手に取ることができます。

Vol.13号のP28~29にてM.I.Eブランドも紹介されています。

 

img20160112_162508

 

昇りエスカレーターを降りて、そのまま前方突き当たりに向かうと「私の時間」コーナーがあります。

 

img20160112_162415 img20160112_162322

「私の時間」は日本、世界の有名メーカーの手芸素材等やアンティーク物などが数多く取り揃えられており、終日大勢のお客で賑わっています。名古屋駅に直結であり、当然ですが、三重県とは比較にならない集客力があり、さすが名古屋の一等地だと実感できます。

手芸レジカウンターのすぐ横にM.I.Eのコーナーがありました。
レジ横であり、会計をされる方の目にも止まりやすい位置に作品の数々が陳列されていました。

img20160112_162104 img20160112_162201

カラフルな色使いがとっても新鮮です♪ 

撮影している間も、お客が次々に手にとって、素材の感触などを確かめる姿も確認できました。

M.I.Eは、Many Identity Emotionの頭文字であり、個性豊かな作者によって、ひとつひとつ心を込めて一生懸命かつ丁寧に作り上げた商品を手に取っていただきたい、そんな想いが詰まっています。

夢風船の上山さんの作品であるバッグも一際輝きを放っていたように感じました。ブランドのコンセプト通り、より多くの方々に、作品に込めた想いを感じ取っていただきたいと思います。また、この機会を通じ、賃金の適正化に繋がっていくきっかけとなることを願ってやみません。


 

 

※ 写真の撮影については、事前に東急ハンズ6F販売スタッフの方に撮影許可を頂戴しております。

 

 

 

 

 

 

 

2015.12.22

合同消防訓練を実施しました

飯南支所です♪

本日22日、飯南ふれあいセンターと飯南高齢者生活福祉センター合同の消防避難訓練を行いました。

毎年2回の実施を行っており、後期分となる今回は、利用者・職員合わせて67名の参加でした。

前回5月の実施時には、消防署飯南分署の協力を要請いたしましたが、今回は防火管理者の主導による自主訓練としました。

 

 DSC_2078 

 

高齢者生活福祉センター厨房にて火災発生の場面を想定。

あらかじめ設定しておいた初期消火班、避難誘導班、避難確認班によりスムーズに避難訓練を行うことができ、避難に要する時間も前回よりやや短縮となりました。

 

DSC_2075

 

避難者人員の報告のあと、火災報知機や消火器、防火扉、排煙装置等の場所を一覧表にて再確認。「へえ~、こんな場所にもこんな装置あったんや~」などの声も聞かれ、日頃から目にしている場所だけでなく、センターのあちらこちらに目を向けて頂ける機会ともなったようです。

訓練の最後に、消防署からお借りした水入りの消火器にて使用方法や注意点も確認しました。「ピン、ポン、パン」の合図で、皆上手に使うことができ一安心。また、避難時は身の安全第一とし、初期消火が出来ない場合は決して無理をせず、避難のタイミングを逃すと命にかかわることにもなりかねない事など、火災時の対応について要点を確認。

 

DSC_2084

 

「備えあれば憂いなし」とは言いますが、いざという時に落ち着いて行動できるかどうか、やはり、今回のような日頃からの訓練を自主的に繰り返し行っておく事が大切ですね。

 

 

2015.12.18

年末の清掃活動

飯南支所です。

本日午前、飯南ふれあいセンター周辺の年末清掃活動を行いました。

毎年この時期恒例となっており、民生委員児童委員の皆様をはじめ、老人クラブ飯南支部、飯南地区福祉会の有志の方々と、ふれあいセンターほけんふ室、社協職員の総勢30名が午前9時にセンター前に集合。

 

DSC_2064

 

本日は冬将軍到来のニュースが朝から流れ、数日前の暖かい日々が一転、冷え込みの厳しい寒空の下での作業開始となりました。

晩秋まで暖かい日が多かったせいか、例年より雑草も多かったように感じます。数々の行事・イベントの片付けで取りきれなかった細かなゴミも片付けて頂きました。

センターの外周には庭木も多く、素人では難しい剪定作業をはじめ、側溝に溜まった大量の落ち葉などもきれいに片付けていただきました。

 

DSC_2071

 

職員だけではとても手が回らない部分もきれいにして頂き、本当に有難い事です。

こうして地域の皆様に支えて頂きながら、センターも景観を保てていることに感謝しつつ、職員一同、残り僅かとなった今年の業務に一層気を引き締めて取り組みたいと思います。

2015.12.17

お正月準備

こんにちは。飯南支所です。

師走も早半月が過ぎいかがお過ごしでしょうか。

飯南支所では週末に夢風船の運転手さんたちがボランティアで門松を作ってくれました。

お休みのところ、また年の瀬のお忙しい中、みんなが集まれるふれあいセンターでも

お正月を迎えられるようにと毎年門松を作ってくれます。

半日ほどかけ写真のように大変立派な門松が出来上がりました。

今年も残るところあとわずかですが、気を引き締めてがんばりたいと思います。

DSC_2058

 

2015.12.16

あたたかい気持ちをありがとう ~飯南高校~

 こんにちは。飯南支所です。

 年の瀬も近づき、赤い羽根共同募金の期間も残り少なくなってまいりました。

 

 今日は、飯南高校の生徒さんが集めてくれました赤い羽根共同募金の受け渡し式が行われました。

生徒会の6名が中心となり、一生懸命に集めていただきました。

 

 集めていただきました募金は大切に使わせていただきます。

飯南高校の皆様、ありがとうございました。

DSC_2059

赤い羽根ロゴ

2015.12.11

相可高校 村林先生に教わる料理教室を開催♪

こんにちは 飯南支所です。

さて本日、飯南地区福祉会の主催にて、相可高等学校食物調理科のみなさんによる料理教室が開催されました。今回で第22回目となります。本年7月にも実施の予定でしたが、あいにくの大型台風接近にて中止となっており、今年度としては初めての開催となりました。きっと心待ちにされていた方も多かったのではないでしょうか。

 

DSC_2015

 

相可高校食物調理科については、もはや説明不要でしょうが、三重県で唯一調理科のある学校であり、これまでに輝かしい実績を何度も残してこられていますね。高校生国際料理コンクールでの金メダル総合優勝1位をはじめ、最近では、10月に外務省の飯倉公館で開かれ「世界サミット歓迎レセプション」への参加のほか、12月初旬に開催された全漁連主催「シーフード料理コンクール」では、調理師コース2年生の太田さんが「鯛のミルフィーユ寿司」にて審査員特別賞を受賞されています。

 

DSC_2024

 

今回も生徒のみなさんはもちろん、専任教諭である村林新吾先生によって直接ご指導いただける貴重な機会であり、年間3回ほどの実施ですが、毎回満員御礼となっております。今回参加された36名の参加者も、みな真剣な眼差しで参加されていました。

 

村林先生の軽快なトークに真剣に耳を傾けつつ、参加者と生徒のみなさんとも時折おしゃべりしたり、コミュニケーションを取りながら、たいへん和やかな雰囲気ながらも料理がテンポ良く完成していきました。生徒のみなさんの説明や手際の良さに、みな感心しています。まさにプロの料理人を目指す「知」と「技」を垣間見た時間とも言えました。

 

DSC_2026 DSC_2033

今回は季節柄、クリスマス料理をご指導頂きました。オーブンで焼き上げたチキンにオムレツ、シーフードピラフにナポリタン、エビフライにサラダと、豪華ディナーが勢ぞろい!!毎回定員一杯になるのも納得の出来栄えであり、たいへん華やかなクリスマス料理の完成です。

  DSC_2044 

DSC_2046

生徒のみなさんも、これからプロの料理人として羽ばたかれると思いますが、こういった地域の方々とのコミュニケーションも、きっと貴重な経験として今後の活動に活かされることでしょう。

 

村林先生、生徒のみなさま、今回は大変お世話になりました♪

 

増々のご活躍をお祈りしています!

2015.11.29

地域連携防災訓練

みなさん、こんにちは 飯南支所です。

本日29日、松阪市地域連携防災訓練(飯南・飯高)実行委員会の主催による防災訓練が行われました。

飯南・飯高地区全域において、非常時に地域、公助機関が実践的な行動が出来ることを目的としての実施です。今回は、南海トラフを震源とする大地震発生の状況を想定し、陸上自衛隊・松阪地区広域消防組合松阪中消防署飯高分署、飯南分署並びに地元消防団ほか、関係機関協力のもと、この地区では初めてとなる大規模な訓練となりました。

img20151129_112732

上空を防災ヘリが旋回する中、巡回車による管内の見回りを行い、倒壊家屋や橋梁・山の斜面の崩落等、被災状況の確認にて、災害対策本部と連携をとりながら負傷者の救助・搬送など、実際に起こりえる場面を想定しての訓練となりました。また、各地の会場にて炊き出しや土嚢積み訓練、新聞紙で作るスリッパの実演等も行われました。

消火栓や消化ホースの扱いについては、地元消防団の方々による説明が行われ、どこにあるか、どのように使うか、また注意すべきポイントの幾つかについて、大変分かりやすい説明をして頂きました。このような説明が無ければ、いざという時に実際使えるかどうか不安だという声が大半の参加者から聞こえてました。より多くの方がこのような体験をしておくことはもちろんですが、いつ起こるかもしれない非常事態に備え、常日頃から意識しておくことの大切さを強く感じる一日となりました。

ページの先頭へ戻る