社協職員日記

2016.07.26

高齢者安心見守り隊フォローアップ研修会を開催しました。

 こんにちは、第三地域包括支援センターです。
 

 先日、飯南地区福祉会、柿野住民協議会、松阪市社会福祉協議会、第三地域包括支援センターの共催で高齢者安心見守り隊フォローアップ研修会を開催しました。高齢者安心見守り隊は認知症サポーター養成講座のレベルアップ編「安心見守り隊養成講座」を受講し、認知症に対する理解を深めていただき、地域で認知症の方や家族の見守りを担ってもらっている方々です。
 

 研修会では認知症の症状や統計、松阪市の認知症への取り組みについて知っていただき、「SOSネットワークまつさか」の紹介を行いました。「SOSネットワークまつさか」とは認知症による徘徊の恐れがある方を事前に登録していただき、行方不明時には早期発見に繋げる仕組みです。
 

 後半のグループワークでは、家族とのやり取りや外出の場面を認知症本人の目線で描かれたDVDを視聴し、感想や地域での見守り隊として出来る事を話し合いました。その際には家族が認知症である事を隠すのでは無く、地域に知ってもらい助け合える環境作りを目指したいなどの意見が挙がりました。
 

 見守り隊という名前は付いていますが、肩ひじを張らず、これまで地域で培われてきた繋がりを認知症の方の見守り活動へ活かしていただきたいと思います。

IMG_0941 IMG_0945

2016.06.27

相津サロンで認知症サポーター養成講座を開催しました。

こんにちは第三地域包括支援センターです。
先日相津サロンで認知症サポーター養成講座を開催し、12名の方々に参加していただきました。「認知症サポーター」とは認知症を正しく理解し、認知症の人やその家族を温かく見守っていただく人たちの事です。養成講座を通じて認知症になっても安心して暮らせる地域作りを目指しています。

IMG_0909

 

養成講座では認知症の種類や症状についてスクリーンの映像を見ながら知っていただきました。他にも「歩いて、食べて、笑って、防ごう」の認知症予防のポイントについて、認知症の方と接する時は「驚かせない」、「急がせない」、「自尊心を傷つけない」という3つの心構えについて知っていただきました。また認知症サポーターキャラバンのDVD視聴では再現場面から認知症の方との関わり方の理解を深めていただきました。

IMG_0912 IMG_0913

養成講座後には音楽レクリエーションとして、皆さんがよくご存じの「カエルの合唱」や「あめふり」などの季節の童謡に合わせて、血流や集中力UPに繋がる体操や介護予防になる手指体操を体験していただきました。

IMG_0921

認知症は身近な人や家族、もちろん自分も含めて誰にでも起こりうる病気です。認知症サポーター養成講座は随時行っていますので、ぜひご参加下さい。養成講座後にはオレンジリングを配布しておりますので、手首やカバンなどに身に着けていただければ幸いです。開催日などに関しては第三地域包括支援センターまでご連絡下さい。

2016.06.06

ららら健音広場(音楽療法)を開催しました‼

こんにちは、第三地域包括支援センターです。
先日、音楽療法による一次予防教室「ららら健音広場」を開催しました。午前は宮前の老人福祉センターで21名、午後は飯南のコミュニティセンターで17名の方々に参加していただきました。
このグループでは音楽療法士が講師となり実施し、ただ歌うだけで無く作詞家や時代背景などの雰囲気を想像したり、その歌が流行った当時を想い出していただいたり、楽器を弾いたりして楽しんでいただきました。
今回はもうすぐ入梅となるので、「あめふり」や「雨降りお月さん」、ジューンブライトになぞらって「瀬戸の花嫁」や「花嫁人形」を楽しみました。嫁入りの歌では、ご自身の、奥様の、お子様の嫁入り姿を想い出していただき話に花が咲いておりました。
またトーンチャイムによる「故郷」、鳴子による「東京ラプソディー」を皆様と演奏しました。トーンチャイムの音色はとても優しく落ち着くもので、以前地域の文化祭でトーンチャイムの演奏を披露された方もいらっしゃいました。鳴子の演奏は活気溢れるもので自然と楽しい気持ちになりました。
他にも「四季の歌」では春夏秋冬で歌い方や雰囲気を変えるなどの歌い分け、「バラが咲いた」では歌詞の中に「バラ」がいくつあったかをクイズ形式で楽しんだりしました。
音楽療法はこの様に聴き入ったり、楽しんだり、考えたりと心のケアに効果があります。また歌う事は口腔機能の向上にも繋がります。何よりみんなで取り組む事は楽しく交流の機会となります。
次回は7月1日の10時から宮前の老人福祉センターと13時から飯南のコミュニティセンターで開催します。音楽療法に興味のある方はぜひ、お気軽にご参加下さい。

IMGP6290 IMGP6288

2016.05.20

「賢い消費者になろう講座!!」を開催しました

こんにちは、飯南支所第三地域包括支援センターです。

今日は飯南コミュニティセンターで「賢い消費者になろう講座」を開催しました。この講座は悪徳商法の実態やどの様な手口が使われているかを知っていただき、消費者被害を未然に防げればと考え開催させていただきました。講師として松阪市役所の商工政策課職員をお招きし、講座をしていただきました。

再現ドラマDVDでは無料プレゼントを宣伝に多くの人を集め、販売員の話術や場の雰囲気で次第に高価なものを購入させられてしまう「催眠商法」。屋根の点検を無料で行い、欠陥が見つかったので修理しますと親切を装って高額で手抜きの工事を行う「訪問販売」が取り上げられました。こういった場合はクーリングオフを使ったり、初めから怪しい物には近づかない、はっきりと断る姿勢が大切です。参加していただいた人たちには消費者被害が決して自分には無関係では無いと感じて頂けたと思います。

また振り込め詐欺の被害に遭いそうになった高齢者への地域住民の声掛けにより未然に防ぐことが出来たという話もあり、消費者被害については自分自身の意識も大切ですが、悪徳商法に負けない様に地域全体が協力しないといけないと気づかされました。

 IMG_0775  IMG_0786

講座の後には地域包括支援センター職員よりバルーン体操をさせていただきました。風船の色から性格や気分が読み取れるカラーセラピーや、風船の弾力が心や身体のリハビリに役立つというバルーンリハビリの話をさせていただきました。

IMG_0800

繰り返しになりますが、消費者被害は皆様にとって無関係ではありません。そういった被害を未然に防ぐ為におかしいと感じる事がありましたら、包括支援センターが窓口になれますのでお気軽にご連絡ください。

 

2016.05.16

元気に美しく歩こう、ポールウォーキング!!

こんにちは、飯南支所第三地域包括支援センターです。

先日、飯南振興局の地域住民課との共催でポールウォーキングを開催しました。この度の催しは全3回を企画しており、その第2回目となります。

ポールウォーキングとはスキーで使うストックの様なポールを持って歩く事です。ただ歩くだけでは猫背気味になってしまう人も、ポールを使うことで背筋がスッと伸び左右のバランスの取れた正しい姿勢で歩くことが期待できます。

また上半身を使うので全身運動となり、ダイエットや肥満予防にも繋がります。

 

まず産業文化センターでメンバーの自己紹介や準備運動を行い、その後外にいざポールウォーキング!!

前回はあいにくの天気でしたが、今回は皆様の気持ちがお天道様に届いた様で気持ちの良い晴天でした。

まずは産業文化センターから南に向かって迂回し、柿野神社へ向かうコースを歩きました。

途中に休憩も取りながら無理ない様に進んでいき、柿野神社に着いた時は「まだまだ歩けるわ」、「いい運動になった」と様々な感想をいただきました。皆様の楽しく参加されている様子を見て、日頃から畑仕事などで運動されているのが伺えました。

 

ポールウォーキングはもっとも身近な運動である「歩くこと」を見直す良い機会となります。次回がポールウォーキングの最終回で、5月26日の13時半から産業文化センターにお集まりいただきます。皆様お誘いあわせの上、ふるってご参加下さい。お待ちしております。IMG_0740 IMG_0733

 

2016.05.10

栄養自主グループ「ランチの会」が開催されました。

こんにちは、飯南支所第三地域包括支援センターです。

今日は飯高町七日市の総合開発センターにて栄養自主グループによる「ランチの会」を開きました。ランチの会は去年の7月から12月まで川俣公民館と共催で実施した「いきいきサポーター養成講座(中級)」の受講者の方々が立ち上げ、今年の4月から栄養自主グループとなりました。グループの地域住民への呼びかけで、参加人数は13名と増え賑やかになってきました。

 

献立は「わかめごはん」、「春キャベツのメンチカツ」、「ひじきと長芋のわさび和え」、「手作り生八橋」です。

2グループに分かれて調理に入り、手際良く進められました。皆様の台所での姿が目に浮かびます。

IMGP6224

メンチカツや生八橋など、

IMGP6232 IMGP6227

こんな様子で調理が進みました。そして…

IMGP6233

見事、おいしいメンチカツ定食が完成しました。カツの衣はサクサクで春キャベツが入っているので口あたりがさっぱりでとても食べやすかったです。生八橋は程よい弾力で本物に負けない出来栄えでした。皆様と感想を話しながら食べる昼食はとてもおいしかったです。

料理をするには様々な調理器具を使い段取りを立てる必要があります。またグループで調理をするのは役割分担やコミュニケーションが必要になります。これらは脳や身体に良い刺激になり立派な介護予防となります。何よりみんなで作ったおいしい料理を食べると心にも良い刺激になりますよね。

料理は身近な介護予防としてとても有効です。これからも皆様がおいしく介護予防できる様に努めてまいります。

2016.02.16

地域再発見 伊勢本街道ウォークのお知らせ

こんにちは。飯南支所です

仁柿住民協議会では、来る3月6日(日)に「地域再発見 伊勢本街道ウォーク」と銘打ちウォーキングを開催します。

ふるってご参加ください。

 

日  時:平成28年3月6日(日)8:30~

集合場所:仁柿小学校(松阪市飯南町上人柿194)

定  員:70名  小雨決行

締  切:2月22日(月)

問合せ :柿野出張所 ℡ 0598-32-2004

    仁柿小学校よりバスにて美杉へ行きます。

    伊勢本街道 櫃坂峠を歩く約7kmのコースです。

    仁柿小学校に戻りふるまいもあります。

    当日は、動きやすい服装、お茶、タオル等はご持参ください。

 伊勢本街道ウォーク チラシ

2016.02.03

飯南地区福祉会、柿野住民協議会、共同募金会合同防災講演会

こんにちは。飯南支所です。

平成28年2月1日(月)、飯南ふれあいセンター多目的ホールにおきまして、飯南地区福祉会、柿野住民協議会、松阪市飯南地区共同募金委員会合同での防災講演会を行いました。

講師は松阪市役所危機管理室の小泉氏をお招きして、「自分たちで行う防災 ~自助・共助・公助のあり方~」と題し、講演していただきました。

今年度、飯南地区では台風15号による床上・床下浸水や土砂災害がありました。集中豪雨での避難の仕方や家具の固定、防災情報の収集、南海トラフ地震についてなど、身近な話題から地域や住民が行う対策など役立つお話しを聞かせたいただきました。

講演会には約50名の方が出席していただき、飯南地域の防災意識の高さがよく分かりました。

今後とも、防災意識を高めながら地域とのつながりを大切にしていきたいと思います。

DSC_2334

 

2016.02.03

『未知普請で地域の○(輪・和)づくり事業』 仁柿住民協議会

こんにちは。飯南支所です。

平成28年1月31日、仁柿住民協議会主催で『未知普請で地域の○(輪・和)づくり事業』の第2弾、

櫃坂・古坂の修復を行いました。

朝8:00、旧仁柿小学校に松阪市内から参加された方、地域住民の方を含め大勢の方が集まりました。

036

あいさつの後、車に分乗して修復箇所の櫃坂・古坂に行きました。

古坂は倒木や街道の崩れもあり、街道になれた住民協議会の役員の方が修復を行いました。

 

住民協議会の役員以外の方は、櫃坂の修復、清掃を行いました。

037041056051

街道沿いの落ち葉や落石、ごみを片付けたり、穴の開いた箇所を修復、水の通り道には溝をつけるなど約2時間半の作業を行いました。

櫃坂は峠の上まで作業を行いました。途中には滝があったり、切り通しがあるなど見所がたくさんあります。

作業の後は、仁柿小学校に戻り、いのしし鍋をいただきながら交流をしました。

069072

『未知普請で地域の○(輪・和)づくり事業』第3弾はウォーキングです。

平成28年 3月6日(日)午前9時~ 集合 仁柿小学校

北畠の里から櫃坂を越え仁柿小学校へ向かいます。ウォーキングにあわせておもてなしもあります。

ぜひ、多くの方のご参加をお待ちしております。締切は2月22日(月)までで、定員は80名です。

 未知普請

2016.01.22

共同募金 昔遊び交流会

こんにちは、飯南支所です。

平成28年1月21日(木)、22日(金)に民生委員・児童委員さんが地域の保育園に訪問して昔遊び交流会を行いました。

◎ 21日(木)は、飯南たんぽぽ保育園に訪問しました。

DSC_2248

はじめに、共同募金から購入させていただきました紙芝居をみんなで聴きました。

紙芝居が始まると、行儀よく静かに見ていました。紙芝居の後は、

 お手玉・あやとり、ジャンボカルタ、ヒコーキ飛ばし、こまの4つのグループに分かれ、

子どもたちも4つの班に分かれ、それぞれを回り楽しみました。

DSC_2251DSC_2257

DSC_2258DSC_2254

 

 ◎ 22日(金)は、飯南ひまわり保育園に訪問しました。

DSC_2264

あいさつをした後は、お手玉・あやとり、ジャンボカルタ、ヒコーキ飛ばし、こま、紙芝居の5つのグループに分かれ、各遊びを回り楽しみました。

DSC_2277DSC_2283

DSC_2286DSC_2285

いっしょに楽しく遊びました。

継続して交流会をしていることから、昔遊び交流会が終わった後も保育園でカルタやこま、お手玉をしているということで子供たちも上手になっていると話してくれました。

「また、来年も来てな」と、嬉しい約束をしました。

赤い羽根ロゴ

 

ページの先頭へ戻る