社協職員日記

2019.08.28

「サマーボランティアスクール 楽しく福祉を学んじゃおう」を開催しました。

松阪市ボランティアセンターです。

 ボランティアセンターでは小学生を中心とした子どもたちに、福祉活動やボランティア活動へ興味をもってもらうためにサマーボランティアスクールを開催しています。

 8月9日(金)、22日(木)「楽しく福祉を学んじゃおう」をおこないました。皇学館大学ボランティアルームによる企画で毎年大人気のスクールです。

「車いすラリー」「視野狭窄メガネで豆つかみ」「お年寄り体験」「手話ジャスチャー」と福祉やボランティアについて、楽しく・面白く工夫した内容で参加した小学生に伝えてくれました。また調理ボランティアさんにも協力いただき「みたらし団子」「焼きチーズドーナツ」をみんなで作って食べました。

4月に移転した新福祉会館を利用して、初めてのボランティアスクールということで、皇学館大学ボランティアルームの学生さんも何度も足を運び準備をしてくれました。調理室も以前よりも広くなり子ども達とたっぷりとおやつ作りを楽しんでもらえました。

 

参加した子どもたちからは「お兄ちゃんやお姉ちゃんと色々なゲームが出来てとても楽しかった」「車いすの乗り方やお手伝いの仕方を教えてくれた」「手話を覚えられた」「みたらし団子家で作りたい」などの感想が出ていました。

 また企画・運営をおこなってくれた学生さんからは、「元気いっぱいの子ども達の笑顔に元気をもらいました。」「楽しい中にも私達が伝えたかったことが伝わって良かった。」「調理ボランティアさんと一緒に活動することで私達も学ぶことがたくさんあった」などの声をいただきました。

お兄さん・お姉さんたちとの別れを惜しんで、なかなか帰らない子ども達の姿に良い交流が図れ、お互いに実りある1日になったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る