社協職員日記

2019.04.23

宇気郷地区の「うきさとクローバー」に参加しました!

こんにちは! 松阪支所 西部地区地域担当です。

4月12日(金)宇気郷地区市民センターにて「うきさとクローバー」が開催されました。

この活動はおおむね65歳以上の方を対象として、認知症予防の取組みから展開され

第五包括支援センター協力のもと宇気郷住民協議会が主催し開催されました。

この「うきさとクローバー」は、

宇気郷にある「与原・後山・飯福田・柚原」の離れた場所にある4町の方の交流の場として、

またイベントや茶話会など、おしゃべりをしながら楽しく過ごす集いの場として、

それぞれの地区を一つにつなげようという思いを4つ葉のクローバーに込めてネーミングされたそうです。

 

第1回目の今日は『音楽のアトリエMUSICANO(ムジカーノ)』さんにお越しいただき

ミニコンサートと、頭と身体を使って行う認知症予防のリズム体操など

参加型音楽アクティビティで盛り上がりました!

「春の小川」「おぼろ月夜」「ふるさと」「花が咲く」皆さんお馴染みの曲から

崖の上のボニョの挿入歌である「ひまわりの円舞曲」では、お婆ちゃんとのエピソードを聞き皆で涙する場面も。

その後の茶話会では、ケーキやプリンを食べながらおしゃべりしました♪

宇気郷の市民センターに皆さんの歌声と笑い声が響き賑やかな楽しい会となりました。

第五包括・宇気郷住協の皆さん、宇気郷地区の皆さんありがとうございました。

れからもよろしくお願いいたします!(*^^*)

 

 

ページの先頭へ戻る