社協職員日記

2019.05.08

『豊地』風土体感事業:田植え体験に行ってきました♪

こんにちは。嬉野支所です。
10連休も明け、令和になって初めて開催される地域行事に行ってきました。

 

嬉野地域のほぼ中央に位置する豊地地区は

清流中村川を中心とした事業を展開されています。

今回は、その一つである“田植え体験”が

豊地小学校の児童(5年生)と共に実施されました。

田植えを初めて体験する子どもがほとんどでしたが

「おいしいお米ができますように」と願いを込めて

苗を一つ一つ丁寧に手植えしました。

その後

用水路でどろんこになった手足をキレイにし

地域の方が手作りされた野上がりまんじゅうをいただきました。

野上がりまんじゅうは

田んぼから野に上がるという意味で

昔は、田植え仕事をし終えた後に

田植えが無事に終わったことを祝うために

野上がりまんじゅうを手作りして食べる風習があったそうです。

豊かな自然に触れ、土の香りや感触を体感し

またみんなで伝統の野上がりまんじゅうを食べ

心もお腹も(^_^;)満たすことができました。

9月には

稲刈り体験も予定されており

しばらくは、稲の成長を見守っていきたいと思います。

 

ページの先頭へ戻る