社協職員日記

2021.03.29

花岡地区での『コロナ禍でも繋がりを絶やさない活動』を紹介します!

 こんにちは!松阪支所・地域福祉係です!コロナ禍でもつながりを絶やさない地域の活動を紹介します。

 

 3月15日(月)に花岡地区福祉会主催で『在宅介護者のつどい』が開催されました。

 

 当日は、在宅介護をされている方々を対象に、当協議会 在宅福祉サービス課 宮下るり子 看護師より、『コロナ禍でも、安心して介護ができるあり方』という内容で講話をさせていただきました。

 

 講話は、『1.ウイルスとは、いったい何だろう』『2.不安が体に及ぼす影響とは』『3.自分自身の不安と向き合おう』『4.正しい予防方法を知ろう』という構成で進めていきました。

 

 1時間という限られた時間でしたが、参加者からは「分かりやすかった」「楽しく理解できた」「ちょっと安心して介護ができる気がする」といった感想が聞かれました。

 

 コロナ禍での介護は、様々な不安を感じていられた方も多かったかと思いますが、今回のつどい事業を通じ、コロナウイルスや感染予防等についての知識が得られ、少しでも不安が取り除かれたのではないかと思います。

 

 コロナ禍でも行事が開催できるよう準備や感染予防対策を進めていただき、花岡地区福祉会の皆さま、ありがとうございました!

 

 

ページの先頭へ戻る