社協職員日記

2021.04.01

港地区『サロン・ド・みなと』におじゃましました。

松阪市社会福祉協議会 松阪支所 地域福祉係 です。

港まちづくり協議会 環境福祉部会主催 3月の『サロン・ド・みなと』におじゃまさせていただきました。

 

『サロン・ド・みなと』は、高齢の方を中心とした介護予防を目的として、飲み物とお茶菓子セット100円で月1回開催されています。

 
 準備・運営は、部会の役員さんとボランティアさんで行われ、松阪市・第四地域包括支援センター・社協等が、講話やレクリエーション、介護予防体操などの催しで協力をさせていただき、参加された方はお茶を飲みながら楽しい時間が過ごせる工夫がなされています。

 

  今年度は、感染症予防について何度も話し合いが行われ、月によってはお休みしなければならないこともありました。

  また、お休みが続いた時期は、カフェの参加者さんより「いつ再開するの?」「早く開催してほしい」などの声があり、部会の役員さん方は、開催への想いと“感染予防対策をしっかりしなければ”という現実との葛藤もあられたと思いますm(__)m

  こまめな話し合いを経て、地区単位開催に変更し、月1回から2回に分けて集まり、密を避け、とても丁寧に消毒をする等 染症予防対策を徹底した上で時期を見て開催されています。

 

  3月は、社協より松阪市ボランティア連絡協議会に登録、活動されているボランティア団体さんに相談をし、サロンへ来ていただきました。

 

それでは、3月のサロンの様子を紹介いたします!(^_^)

 

  冒頭は、副部会長 門山さんの流暢な司会から、部会長でありサロンのマスターである 八田さんの心温まる挨拶で始まり、恒例の『お誕生日祝い』が行われます。

 

副部会長 門山さんの流暢な司会でスタート!

部会長 八田さんの心温まる挨拶 から、お誕生日祝いへ…☆

 

 

 

 

 

 

 

 

お祝いの品は、カラフルなエコバック。マスターよりお渡しされます。

 

 

3月前半の回は、松阪折り紙ボランティア『おり姫』代表 小西さんに来ていただき、鶴のリースづくりを教えていただきました。

 鶴のリースはとてもきれいで皆さん完成品を大切にお持ち帰りされていましたが、いざ作るとなると皆さん苦戦されているお姿も…(^_^)。 

 折り紙を折りながら「この次はどうするんやった?」「どうしたらこの形になる?」等相談しながら作られていることがなんだかあたたかく、皆で一緒に作ることっていいなぁと胸がほっこりしました。

カラフルな鶴のリースです♪

小西さんに折り方を教えてもらいました。

 

 3月後半の回は、『大正琴アンサンブル・カラーノート』の皆さんに来ていただき、大正琴・ドラムの演奏をしていただきました。

 
 大正琴は、低音~高音に分かれ、オーケストラ形式になっており、そこにドラムやパーカッション等の打楽器等が加わり、とてもかっこよかったです。

 選曲は定番の『北国の春』『ずんどこ節』や、春にまつわる曲 メドレー等。思わず、「懐かしいなぁ」と口ずさむ方もいらっしゃいました。

 
 また、この日は、東黒部地区の方も視察見学にいらっしゃっていました♪

大正琴アンサンブル カラー・ノートさんの演奏です♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サロンがあるからこそ、生まれる出会いやコミュニケーションがあり、そんなあたたかいものが交差する場所を作ってくださっていることは、とても貴重でありがたいことだと感じられました。

 
 早く皆様がのびのびと集い、『サロン・ド・みなと』のテーマソングが大きな声で歌える日がきますように…☆

ページの先頭へ戻る