社協職員日記

2015.08.05

やまなみ保育園と交流会を行いました

 本日のサテライト・田引CS会は”やまなみ保育園”の年長のみなさんと交流会を行いました。地元の園児との交流はみなさんいつも楽しみされています。

踊りや歌の披露、肩たたきに手作りのプレゼントもいただき、みなさん「元気も一緒にもらった」と大喜びでした。短い時間でしたが、笑顔があふれるひと時でした。 

 

 飯高支所では、外出支援通所サービス(サテライト型デイサービス)を展開し地域で楽しく過ごしていただくお手伝いをしています。

参加していただく会員の方も募集しています。登録方法などの詳細は飯高支所(電話45-1125)へお問い合わせください。

 

DSC01315

DSC01338

 DSC01344

DSCN2841

2015.07.19

「生きるを学ぶ」自然体験学習が始まりました

 波瀬むらづくり協議会が主催する自然体験学習「生きるを学ぶ」が、今年も本格的に始まりました。台風11号の影響もあり、この週末の開催は懸念されていましたが、無事行うことができました。

 

 本日は「桑名ワンダーポケット」さんが体験学習に参加されました。

キャンプ2日目は、「生きるを学ぶ」恒例のアマゴつかみを行いました。

波瀬むらづくり協議会を始め、飯高支所の男性陣も川を堰き止めるために力を合わせて、“いけす”を作りました。

 

 慣れないライフジャケットを着ても、子どもたちは冷たい水の中で大はしゃぎ。アマゴを取った子は、両手で握り締めながら、誇らしげにお母さんたちに見せていました。

 みんな夢中でアマゴを追いかけ「どこにいるの?」「岩の隙間におるよ」「取ったよ!!」などいろんな声が聞こえ、笑顔があふれていました。

 

 最後は、波瀬むらづくり協議会の中で、食を担当する「里グループ」のメンバーが作った炊き込みご飯と一緒に焼いたアマゴをいただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAIMGP0063IMGP0073IMGP0076

2015.07.07

飯高郷土の味「でんがら」作り♪

 飯高支所では、日替わりで地区を変えてサテライト型(出張型)デイサービスを行っています。

7月7日は宮本ニコニコ会で、毎年恒例の「でんがら」作りをしました。

 

「でんがら」とは朴葉で包んだ飯高町特産のお餅です。

名前の響きが面白いですが、朴の葉に包まれとてもいい香りがします。

飯高では、子どもからご年配の方までおやつとして食べられている馴染み深いお餅です。

 

さて、このブログでは、ニコニコ会の皆さんの協力をいただき、「でんがら」ができるまでを簡単にご紹介します。この日のために前日から仕込みをして、メンバーの皆さんは大忙しでした。

 

 

ひとつ30gで餡を分けていきます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

上新粉・きび粉の2種類で作りました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

餡を包んでいきます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

朴の葉でくるみます

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

はさみで形を整えていきます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

きれいに並びました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

蒸し器へ… 男性陣も真剣です

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

パック詰めをして完成です♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

もちもちの食感で、餡の甘さもいい感じです

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

この「でんがら」は一緒に作った味ご飯と共に、メンバーの皆さんが宮本地区の高齢者のお宅へお届けしました。

七夕の日の嬉しいプレゼントですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

サテライト型デイサービスでは、各地区参加者を募集中です。

詳しくは、飯高支所までお問い合わせください。

 

 

2015.07.02

療育キャンプにご協賛いただいた方々へお礼状をお届けました

 先日、このふっきー日記でもご紹介した手をつなぐ親の会の「療育キャンプ」に新たにご協賛いただいたみなさんへお礼状をお届けしました。

 キャンプの内容をお話すると「みんな喜んでくれてよかった」「微力だけどお役に立ててよかった」などとても“あたたかいお言葉”をかけていただきました。

 

 新たにご協賛いただいたのは以下の方々です。

  ・間瀬 一弥

  ・飯高砂利株式会社  代表取締役社長  竹上 真人

  ・株式会社上山組  代表取締役  上山 勝久

  ・(株)中井組  代表取締役  中井 敬

  ・株式会社尾鍋組  代表取締役  尾鍋 哲也

  ・有限会社米常  代表取締役  森田 泰三

  ・濱田 衛

  ・今井 朝

  ・今西 淳子

(順不同・敬称略)

 

たくさんのご協力ありがとうございました。

DSCN2574DSCN2571

2015.06.17

今年も花を植えてもらいました

 本日、ファミリースーパーつるや様にお花を植えてもらいました。このお花は毎年つるや様の好意で毎年ご寄附していただいています。この日も朝早くから従業員の方が植えてくださいました。

 先日、デイサービス利用者のみなさんに植えてもらったひまわりも芽を出してきました。たくさんの花に彩られる日が楽しみです。

 

DSCN2551 DSCN2550 DSCN2553

2015.06.15

療育キャンプを無事終えることができました

 本日、療育キャンプの全ての行程を無事終えることができました。

天候にも恵まれ参加されたみなさんの笑顔があふれる素晴らしい2日間になりました。

 ご協力・ご協賛いただいたみなさまありがとうございました。おかげにより飯高ではできない体験をすることができ、有意義な療育キャンプとなりました。これからも、誰もが住みやすい地域づくりにご協力いただければ幸いです。   

 

 

 

  DSCN2476DSCN2503IMGP0019 

IMGP0030DSCN2543

 

2015.06.14

療育キャンプ1日目終了!

 先日もブログでご紹介した療育キャンプですが、無事に1日目の全行程を終えることができました。10時に飯高を出発して、鳥羽の海を詰込んだキャンドル作りや鳥羽展望台の散策、ホテルでのビンゴゲームなど内容盛りだくさんでした。団体行動をとおして、マナーを守る大切さや普段は見ることができない海を見たり、工作をしたり・・・非常に有意義な1日目となりました。 

 ご協賛いただいたみなさまへの感謝の気持ちを忘れず、残りの行程を楽しみながら過ごしてもらえればと思います。

 

DSCN2432 OLYMPUS DIGITAL CAMERA DSCN2440 DSCN2430 DSCN2420 DSCN2419 CIMG5116

2015.06.11

療育キャンプを行います

 飯高支所では手をつなぐ親の会飯高支部(片浦 英樹支部長)の事務局を受け持っています。

6月14日(日)~15日(月)にかけて会員の相互交流と社会参加の促進を兼ねて恒例の療育キャンプを実施します。

 今年は親の会の活動を知ってもらい、応援していただける方を地域で増やしていきたいと思い企業や商店のみなさんに協賛をお願いしました。

 飯高管内を中心にお声かけをしたところ、快くご協力いただきました。協賛を頂戴したのは以下の方々です。

 

 ・グリーンライフ山林舎

 ・松阪農協いいたか支店

 ・飯高駅

 ・森のホテルスメール

 ・話食処檜葉

 ・大黒屋商店

 ・ファミリースーパーつるや

(順不同敬称略)

 

写真は先日、片浦支部長よりお礼状をお渡しした際の様子です。

DSCN2383DSCN2380 

2015.06.01

ひまわりの種を植えました

 こんにちは。飯高支所デイサービスです。少し植える時期がずれましたが、6月1日に利用者の方々にひまわりの種植えを体験してもらいました。この種は阪神・淡路大震災の際に被災され亡くなった女の子の家族の方が自宅の跡地に植えたひまわりの種を、東日本大震災の被災地である陸前高田市に送られ、咲いた花の種をボランティアの方が松阪へ持ち帰り分けていただきました。その種をデイサービスの利用者7名が職員の付き添いのもと1粒ずつ大切に植えてもらいました。職員に穴の深さや植える間隔、水やりの時間帯や水の量を確認しながら作業されていました。また、花の手入れを手伝ってもらいながらひまわりを大きくしていきたいです。植えられた利用者は皆「早く芽が出ないかな。」や「大きくなって種を付けるのが楽しみ。」と大きくなるひまわりを期待していました。

1 3

 

 

 

2014.07.05

ガーデンウェディング IN 「波瀬ゆり館」

7月12日(土)飯高町波瀬の「波瀬ゆり館」(旧波瀬小)で、 初の結婚パーティーが開催されました。 主役の新郎川西澄伸さん(24)と新婦畑山麗衣さん(22)は、 関西学院大学の卒業生です。 2人は在学中、波瀬の地で過疎地研究として関わっていました。 松阪市社会福祉協議会も、波瀬むらづくり協議会とともに 関西学院大学の取り組みを長年応援してきたので、この結婚はとても嬉しい! 2人とも兵庫県在住ですが、思い入れのあるこの地で、 ぜひ結婚パーティーを挙げたいという、波瀬地区にとって嬉しい申し出でした。 当日は2人を祝福するような、すばらしい晴天でした。 波瀬むらづくり協議会のみなさん、住民のみなさんをはじめ、 市役所職員、社協 飯高支所も気持ちを込めて楽しく準備をしました。 8bdb650e 力仕事はむらづくりの皆さん

efe18648 1511e1bf 心を込めて作ります

aa5badfc うどんも手打ちです

b0203da7 ケーキナイフをリボンでかわいく!

「生きるを学ぶ」の達人、調理の達人、 フラワーアレンジメントや、リメイク着物の達人など、 地域の皆さんの持っている力がそれぞれ十分に発揮され、 主役のおふたりにとっても、地域にとっても素敵なパーティーになるように 心をこめて準備をしました。

8a247efe 6944ac26 ひな壇ができました! e47e01a9 レッドカーペット、地域の準備に脱帽 7f29cda1 階段にも一工夫

fcec5060 飾りはリメイク着物のケーキ。かわいい!     000ad80d 校舎もおしゃれなフロアに変身! 0b7735af

波瀬のお花をアレンジ 素敵なガーデンチャペルが完成しました。

39a4a3de c4f4df11 bafe2099

準備は万端です。 時間が近づいてきました。 住民や大学関係者、報道関係者も含め、約100名超の参加で、パーティー会場は2人のお祝いムードで賑わってきました。

d0b42751

9c87d40c

素敵に飾り付けられた階段から、新郎新婦の登場です。

83234a41

かわいいベールガールとゆっくりと新郎のもとへ 会場からは、「わぁっ」「きれい!」と歓声が上がります。 衣装も手作りです。よくお似合いで素敵ですよね!

6b7d1108 3f7ef474 指輪交換

de58fd19-s

素敵な笑顔のお二人です。とっても幸せそうですよね。

bbbca48a 報道陣も来ています

7f1cc352 コーディネートのみきちゃん(右) 285abf56 波瀬むらづくり協議会福井会長のスピーチ c2674e9e

フィールドワークに長年取り込んでこられた元関西学院大学の川本先生

3c23b7cc 波瀬むらづくり協議会 増田さん b7d083c4 こんなにたくさんの方がみえました。 3376dce6 心を込めて作ったお料理も盛況です。

6e98103a

お色直ししました。着物がよくお似合いです。

0a5840fb

結婚パーティの定番二人の共同作業。これもリメイク小物のケーキなんです!

dc2e622d bc23db9c-s 7c59d318-s 91ac933d

お手伝いしていただいた住民の方も、廊下からお祝い。親子音楽ユニト「RAMO」さんのあたたかい演奏。

 

過疎化に憂う、波瀬の地域に、 若い力がみなぎった幸せなひとときでした。 川のせせらぎと森林にかこまれた「波瀬ゆり館」という 美しい旧校舎の活用ができていることも地域の魅力のひとつですよね! おふたりともこれからも、末永くお幸せに!!

ページの先頭へ戻る