社協職員日記

2020.02.13

「スペシャリスト看護師による出張出前講座』~感染症の予防と対策~を開催しました

こんにちは!松阪支所 地域福祉係です。
1月28日(火)“みんなの居場所づくり事業『スペシャリスト看護師による出張出前講座』~感染症の予防と対策~” を開催しました。
この『みんなの居場所づくり事業』は、地域にお住まいの皆さまが地域交流多目的室を気軽にご利用いただき、
イベントを通じて世代間交流を図ることを目的としています。
今回は、隣接する済生会松阪総合病院 地域包括・診療支援センター 事務次長 山本泰広さんと、感染管理認定看護師 感染管理認定看護師 西川有子さんをお招きし『感染症予防対策とウイルスに負けない体力づくり』についてお話いただきました。

 

この時期インフルエンザが流行する季節です。また、巷ではニュースで新型コロナウイルス感染症が話題が上がっています。
“ウイルスについての基礎知識”として、『感染のプロセス』『ノロウイルスの症状』『基本的な予防方法』を学び、
“正しいマスクの着け方” と“手の洗い方”をレクチャーいただきました。
皆さまはマスクの裏表の見分け方ご存じですか?
裏と表では材質が全く違うため、逆につけてしまうと逆効果となるそうです。

手洗い指導では、洗い残しが確認できるクリームを使って光を当てて確認。
西川看護師さんに手洗いのアドバイスをいただき、受講された方からは、
「あんなに洗ったのになんでやろ」「手首が残ってる」等のお声が上がっていました。
手洗いは、お湯で洗うと肌荒れをする為、冷たい水で洗い、ハンドクリームをつけると良いそうです。

秋冬はウイルスが強くなり人の免疫力が低下するからこそ、
『しっかり朝ごはん』『適度な運動・休養』など基本的な生活習慣を身につけ、感染症を予防することが大切です。
本日受講された方の中には「宅老所の皆さまにも手洗いの方法を教えます!マスクも着用してもらって早速実践します!」とおっしゃる方もいらっしゃいました。
感染症の予防と対策は自分や家族の為でもあり、そして共に暮らす地域の皆さまの為でもあります。
手洗い・うがい・マスクで予防し、日頃から感染症予防に取組みましょう!
済生会松阪総合病院の山本さん、西川さん、地域の皆さまと共に学ばせていただきありがとうございました。
ご参加いただいた皆さまありがとうございました。
これからも安心安全なまちづくりに貢献し、
地域の皆さまと共にたくさん笑顔になれるよう楽しいイベントを開催したいと思います。   

ページの先頭へ戻る