社協職員日記

2019.10.07

摂食嚥下研修会を開催しました

こんにちは!在宅福祉サービス課です。

925日(水)松阪社協嬉野社会福祉センターにおいて、摂食嚥下研修会を開催いたしました。

松阪支部歯科衛生士会の近田紀子さんと株式会社ニュートリーの佐々木郁枝さんを講師にお招きしました。

これまで、介護現場ではトロミのつけ方は支援者により濃度にばらつきがみられていました。利用者様の個々の嚥下(飲み込み)の能力によってトロミを適切につけて食事を楽しんでいただくことを目的に研修会を開催しました。

 

嚥下困難な高齢者の方がトロミを飲み込む実際の映像には、参加者から驚きの声があがりました。利用者様個人に適した食事介助の角度や、トロミの濃度があるということを学びました。

 

トロミを作ります。分量の違う緑茶、牛乳、オレンジジュースにトロミ材を混ぜ、それぞれ飲んでみます。

飲んでみると…「分量によって粘度が違う」、「牛乳、オレンジジュースは混ざるのに時間がかかる」、「飲みにくい」など様々な意見が飛び交いました。また、普段口にすることがないトロミを実際に飲むことで利用者様の気持ちがよく分かったという声もありました。

適切なトロミをつけて、少しでも安全でおいしく食事を楽しんでいただけるようにしていきたいと思います。ありがとうございました。

ページの先頭へ戻る