社協職員日記

2019.08.20

今すぐ!自分でできる!防災とは?

こんにちは。

嬉野支所です。

 

昭和57年8月に発生した台風で

甚大な被害を受けた経験のある豊地地区の子どもたちと

「春告鳥」の方々のご指導を受け

今すぐ!自分でできる!防災について学びました。

 

自分はもちろん大切な家族を守るために

講話に耳を傾け

いろいろな防災グッズに興味を持ち

家に帰って、自分ができることを真剣に考える様子がうかがえました。

   

 

非常持出しグッズの紹介をしていただき

グッズを入れたリュックを背負い

重さを体感しました。

いろいろなことを想定して備えておくことは

とても大切ですが

自分で持てないようでは意味がありません。

(小学生用の非常持出しリュックの重さは、3㎏くらいが目安のようです)

次にあげる非常持出しグッズを参考にして

自分用と家族用の非常持出しリュックを準備しておきましょう。

 

もしものことが起こったときは

まず自分の身を守ることが大切です!

そして

自分の身を守るために日頃からの備えを十分にしておきましょう。

 

8月24日には

嬉野社会福祉センターで『防災運動会』を開催します。

嬉野地区の小学校に通う子どもが対象です。

防災・減災について考えるきっかけにしていただきたいと思います。

ぜひ、ご参加ください★

※申込が必要になりますので

 参加を希望される方は

 23日までに嬉野地区福祉会(42-2718)までご連絡ください。

 

ページの先頭へ戻る