社協職員日記

2021.12.24

粥見小学校の「赤い羽根共同募金」の募金活動を紹介します。

こんにちは! 飯南支所地域福祉係です。

地域の皆さんの心温かい「赤い羽根共同募金」の活動を紹介します。

粥見小学校の児童会が、手作りのチラシを作り12月9日と10日の朝休みに募金活動をしてくださいました。

「自分たちのまちをよくするしくみの一つです」「一人ひとりの協力で私たちのまちをより良くしていきましょう」と、「赤い羽根共同募金」のしくみを自分たちで考えてチラシを作ったそうです。

 

朝休みの8時5分~15分 1階の教室に募金コーナーを設置し、すでに8時には、募金を握りしめた子ども達の行列ができます。

1年生と4年生のお母さんより「朝から100円握りしめて行きました。次の日も主人からもらって募金してましたよ^^」 と教えてくださいました。 みんな「赤い羽根」を楽しみに募金をしていると伺いました。

そういえば… 私も小学校の頃に募金をしたなぁと思い出しました。

うん十年前ですが(;^_^A

皆さまの温かいお気持ちや想いが、来年度の松阪市の福祉活動に役立てられます。

粥見小学校のみなさんありがとうございました。

粥見小学校HPより 

児童会の活動 赤い羽根共同募金 - 松阪市立粥見小学校 (iinan-matsusaka.com)

 

【赤い羽根共同募金は「じぶんの町を良くするしくみ」として、高齢者や障がい者、子育て中の親子など、すべての人が安心して暮らしていくためのまちづくりを目指し、身近な地域におけるさまざまな福祉活動を支援しています】

ページの先頭へ戻る