社協職員日記

2021.09.01

徳和地区の『とくわっ子あそ防運動会』に参加しました!

こんにちは!松阪支所 地域福祉係です。

徳和地区の子どもたちが防災について楽しく学んだイベントをご紹介します。

 

 

8月15日・19日に徳和地区の「とくわっ子あそ防運動会」が開催されました!

 

 

「とくわっ子あそ防運動会」は、徳和住民自治協議会さんの「子どもたちと楽しく防災を学び合いたい。」という声がきっかけで、社協が協力をさせていただき、打ち合わせを行うなかで誕生しました。

 

 

参加対象者は、子どもとその保護者で、一回目は15名、二回目は8名の方が参加しました。

 

 

はじめに、松阪弁のラジオ体操で運動会に備えました!

ばっちり体操をした後は、2つのチームに分かれて対決しました。

 

種目は以下の内容で行われました。

 

①「防災〇×クイズ」

「防災」に関するクイズを5問出題しました!

皆さん悩みながら〇のコーナーと×のコーナーに分かれました(^^)

 

②バケツリレーで火を消そう(消火訓練)

水に見立てたバルーンをバケツに入れて、火のイラストが描かれた的に目がけて投げました♪

 

③担架でGO!GO!(避難誘導)

簡易担架でバルーン人形を優しく運び、身近にあるもので簡易担架が製作できることを体験してもらいました!

 

結果発表を待つ間に、ガラスの飛散体験と車椅子体験をしてもらいました。

 

➀ガラスの飛散体験

子どもたちはガラスに見立てた卵の殻を新聞紙スリッパを履いた状態と履いていない状態で踏み比べました。

それぞれ比較しながら殻を踏むことで、履物の重要性を学んでもらえたのではないかと思います。

 

②車椅子体験

車いすは初めて操作するという方が多かったため、安全に操作する為のポイントをお伝えし、スロープを下る体験もしていただきました。乗っている方に配慮した声掛けをしている子どもたちもおり、私たちが勉強させていただくことも多かったです。

 

 

結果発表では参加賞が配られただけでなく、参加者の一人ひとりの「良かったところ」が発表されました。

・「元気いっぱいに頑張っていました!」

・「工夫して担架を作っていました。」

などの意見が出ており…

このような工夫が楽しく学んでもらう為に大切なことだと思いました。

 

 

参加した方は終始笑顔で、大盛り上がりでした!!

 

 

徳和住民自治協議会の皆さま、準備等お疲れさまでした!

また、当日ご一緒した参加者の皆さま、楽しいひとときをありがとうございました♪

これからも徳和地区の活動を応援しております!

 

ページの先頭へ戻る