社協職員日記

2021.03.16

機殿地区福祉会 『宝探しをしよう』に参加させていただきました!

こんにちは!松阪支所 地域福祉係です。

コロナ禍でもつながりを絶やさない地域の活動を紹介します。
3月3日(水)、機殿地区福祉会主催、子どもの居場所づくり事業「宝探しをしよう」に参加させていただきました。

 

 この事業は、地域の子どもたちが仲間と、地域の大人と関わりながら安心して過ごし、生活していく力を身に付けていくことを目的としております。

 

 準備として、地域の方々により書かれたクイズの色紙が、機殿小学校校庭の様々なところに隠されます。参加した37名の子どもたちが探し出し、クイズの解答と引き換えに宝物がもらえるというルールで行われました。

 クイズの色紙は、ブランコの裏、砂場の中と様々なところに隠されていました(#^^#)

クイズを解答するウキウキの子どもたちと、宝を渡すニコニコの大人たち、とても心がほっこりする時間でした(#^^#)

 最後に私から、参加した子どもたちに「わがまちじまん」と題して、用意した紙に、機殿の素敵なところを書いていただきました。

“自然のいい町”“みんななかよし”“毎朝見送ってくれる人がいる”“こういう行事をしてくれるところ”などなど・・・

子どもたちからみた、たくさんの機殿地区「わがまちじまん」を教えてもらいました(#^^#)

 「子どもは地域の宝!」コロナ禍でもつながりを絶やさない地域の活動を続ける機殿地区のみなさん。

 これからも、子どもたちから教えてもらった「わがまちじまん」を胸に、機殿地区の応援をしていきたいと思います!

 

機殿地区のみなさん、ありがとうございました!! 

ページの先頭へ戻る