社協職員日記

2020.11.10

第二地区「CCリング大会」へ参加しました!

こんにちは! 松阪支所地域福祉係です。

 

11月8(日)第二小学校体育館で第二地区まちづくり協議会による「CCリング大会」が開催され、参加しました。
このコロナ禍で、地域行事が中止となり、地域交流がなかなかうまくいかない中、今回は感染予防対策を万全にとられ、恒例の「CCリング大会」を開催されました。

 

CCリングは、小さなお子さんから高齢者までが楽しめるニュースポーツで、1~5人のチームで競います。
床に置いた10個のリングに向かって、5メートル離れた場所から1人5個の小さな輪を投げます。
投げ輪は50センチ、設置するリングは2メートルのホースを輪っかにしたものです。
今回は1チームで5個の輪を投げました。

 

それぞれのリング内には、マイナスも含めた得点カードが裏返しにした状態で置かれ、
全ての輪を投げ終えると、裏返しにされたカードをめくり得点が確認されます。
カードには10点もあれば、マイナス20点もあり、
瞬く間に上位チームがマイナスの得点となる場合もあり、ハラハラドキドキです(#^^#)

私も挑戦しましたが、これまた、なかなか難しい。
入ったと思いきや輪が跳ね返りリングの外、リングの上・・・と、うまい具合にリングの中に入りません。
そして、輪がリングの中に入っても、リング内の得点カードを確認するまでは、まだ喜べません。
第二小学校体育館は、マスク越しの歓声や悲鳴で湧いていました。

 

また、共に食すことが叶わないなか「パン食い競争」ならぬ「パンつかみ競争」と題して、竿につるされた袋入りのパンを手でつかみとる方式で行われました。
自分の好みのパンめがけて走る姿は真剣そのものでした(#^^#)

 

まだまだ交流する為には万全な対策が必要となってまいりますが、
新しい生活様式での地域交流は少しずつ始まっています。
私たち地域福祉係も、地域の皆さんが、安心して交流ができるお手伝いをしていきたいと思います。

 

第二地区の皆さん、ありがとうございました。

 

体温測定中!

松阪弁ラジオ体操で準備運動!

どうかマイナス得点でありませんように・・・・

 

パンつかみ競争(#^^#)

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る