社協職員日記

2017.01.31

小舟江地区高齢者見守り・声かけ訓練を行いました

 

松阪市第二地域包括支援センターです。

1月29日(日)に三雲鵲地区の小舟江町で、自治会、高齢者安心見守り隊三雲、松阪市第二地域包括支援センター共催による「高齢者見守り・声かけ訓練」を行いました。この訓練は、認知症に対する地域の方たちの理解を深めると共に、認知症等により行方不明になった高齢者をできるだけ早く発見し、適切な対応により保護につながる地域の見守りの仕組みが出きることを目的としています。

寒い時期の開催日程にも関わらず当日は予想を上回る総勢約90名の方がお集まりいただき、充実した訓練となりました。小舟江町内の方の体験はもちろん、今回は地域の店舗、プライスカット三雲店さん、(株)西日本宇佐美23号三雲SSさんにもご協力いただき、店員さんや来店中のお客様にも体験していただくことができました。訓練に参加された方からは、「声をかけるとなるとどう対応していいのかわからないなぁ」や「最近、ニュースでもよく聞く話やでこういう活動も大事やなぁ」といった感想も聞かせていただきました。

まだまだ三雲地域内での小さな活動ではありますが、この小さな活動が松阪市全体に広がり高齢者が安心して暮らせるまちになっていくことを期待し、今後も見守り隊のメンバーと共にこの活動を続けていきたいと思っています。

2016.06.14

嬉野支所デイサービス開催「介護職員のためのシャンプー研修」に参加しました!

こんにちは!在宅福祉サービス課です。

 

昨日は隣の嬉野支所デイサービスにおいて、「訪問美容髪んぐ」の渡辺賢一氏による『介護職員のためのシャンプー講習』が開催されたため、参加いたしました。

 

002

 

髪んぐさんは訪問美容として地元地域を中心にサービス提供されています。外出することが難しい方は自宅や施設内で美容院と同じサービスを受けることができるのです。もちろん、カットだけでなく、パーマやカラーもしてくれるのですよ。

 

 

さて、講習会がはじまりました。

まずは一連の流れや洗うときに心がけることなどを学びます。

 

003

腰を低く落として、エア洗髪トレーニング中です。

 

 

そして職員がモデルとなり、実際のシャンプーを使った実習を行いました。

 

 

004

エアトレーニングの成果を活かして、シャンプー実技。

 

 

 

007

気持ち良いすすぎ方も教えていただきました。

 

 

 

006

乾かし方も工夫すれば、おしゃれにすごしてもらえますね。

 

 

 

年代別のアンケートを見ると、年代が上がるにつれて『家から出るときや人に会う時には基本的に身なりに気を配る人が多い』という結果もあり、年配になると距離や場所に関係なくおしゃれに気を配る方が多いようです。

講習最後の言葉にもあったように、「おしゃれをしたいという気持ちを大事にしたい」という渡辺氏の温かい気持ちが充分に伝わったシャンプー講習でした。ありがとうございました!

 

講習終了後に管理者に感想を聞いたところ、

『お風呂に入る事を楽しみに利用されてみえる方も多いです。髪の毛を洗ってもらう事が気持ちいいと話して頂けるようにしていきたいと思います。』

とのコメント。

 

 

「シャンプー気持ちよかったわ~」なんて声がデイサービスで聞かれるかもしれませんね。

2016.04.04

嬉野中学校吹奏楽部による演奏会

松阪市社会福祉協議会 嬉野支所です。

 

去る3月25日(金)嬉野支所集会室にて、嬉野中学校吹奏楽部の生徒さん40名による演奏会をしていただきました。

 

 

 

この演奏会は毎年開催していただいており、今年で6回目となります。デイサービスや生活介護の利用者様、地域のボランティア等の約60名の方々のために日ごろから練習を重ねてきた曲を披露していただいています。

 

 

 

0演奏風景  

 

 

 

生徒さんもきれいな音色を奏でようと、真剣な眼差しで取り組んでみえ、中学生の一生懸命な姿に涙される利用者様もいらっしゃいました。

 

 

0利用者より感謝をこめて

 

 

利用者様は年1回のこの日をとても楽しみにされており、演奏後に生徒に感謝の気持ちを伝える姿も見ることができました。

 

 

来年も、よろしくお願いいたします。

2016.03.11

嬉野支所 避難訓練

去る3月4日(金)午後1時から松阪市社会福祉協議会嬉野支所・嬉野デイサービスセンターにて避難訓練を行いました。デイサービス厨房より出火の想定で通報訓練・避難誘導訓練・初期消火訓練また、消防隊員の方に指導いただき消火訓練を行いました。

 

009

 

職員・デイサービス利用者様・館内利用者様総勢70名の参加者が災時に備えて誰がどのように行動する。必要なものがどこにあるかなど、初動訓練し改めて確認しました。

 

015

 

平成28年3月防災訓練写真

 

また、改善したほうがよい点や想定される問題点など今後の課題とし、利用者様の安全確保に取り組んでいきます。

 

 

 

2016.03.11

いきいきサポーター中級講座(認知症予防編)を開催しました。

こんにちは!松阪市第二地域包括支援センターです。

 

 みなさん「介護予防」という言葉をご存知ですか?

介護予防とは、「介護が必要な状態になることをできる限り予防し、自立した自分らしい生活が送れるようにする」取組みのことです。元気なうちから「介護予防」に取り組むことで、「元気で過ごす期間=健康寿命」を延ばすことが可能になります。

 

 このような「介護予防」の取り組みを地域で推進していただいているのが「介護予防いきいきサポーター」さんです。運動やお口のケアのこと、栄養バランスや認知症予防のことなどについて学んでいただき、介護予防専門のボランティアさんとして地域で活躍していただいています。

 

 包括支援センターでは、毎年度「介護予防いきいきサポーター養成講座」を開催し、介護予防に関心のある方に受講していただいております。今回は1月から2月にかけて「認知症予防編」の講座を6回シリーズで開催しました。この講座では、NPO法人認知症予防ネット(京都府宇治市)より原口熱美さん、また会員の松島早由美さんを講師として招き、認知症の基本的理解や予防に効果のある脳活性化ゲーム「みんなの認知症予防ゲーム」の進め方、参加者への関わり方などを学んでいただきました。

            

IMG_3978IMG_3953IMG_3897IMG_3980

 

IMG_3983IMG_3997                                 

  2月25日には講座が終了し、約30名の方が「介護予防いきいきサポーター養成講座」の修了証を授与されました。

 受講生の方より、「教室や自主グループの見学がしたい。」「自分の住む地域で介護予防の集いの場を運営していくことになり、この講座で学んだことを活かしていきたい。」「サポーター活動は一人でするより仲間と共にすることで息の長い活動につながると思う。」など意欲的な言葉がたくさん寄せられました。今後は松阪市および包括支援センターと共に地域において「介護予防の輪」を広げていただけることを期待しております。

 「介護予防」や「サポーター活動」に関心のある方は、いつでも包括支援センターまでお問い合わせください。 連絡先は松阪市第二地域包括支援センター(☎42-7255)

2016.02.29

着物ファッションショー&結婚式

 

嬉野支所通所介護事業所です!

嬉野デイサービスセンターでは去る1月に小林豊子着物学院先生方12名のボランティア協力を受け、着物ファッションショーを開催しました。

 

 

 066

 

 

   

ファッションショーと結婚式の2部構成で、1部では利用者様4名と職員4名がそれぞれ振袖を着付けしていただき、体験とお披露目を行いました。

 

084

 

 

また、色留袖や帯の結びの実演も先生方に披露していただき見ていただく利用者様は伝統的な和装の時間に浸られました。

 

 

 

2部では1部に加え一組の利用者様ご夫婦に、白内掛けと袴を装い結婚式の催しを行いました。ご夫婦は様々な事情から結婚式を挙げられていないということで、今回ささやかながらデイサービスで婚礼のお祝いとさせていただきました。

 

113

ご親戚の方まで駆けつけられ、涙ながらに喜んでいただきました。

 

 

 着物3

今回は、ご夫婦の思いと地域のボランティアの方々の協力とが融合し、嬉野デイサービスという場でお祝いのご協力をすることができました。今後嬉野デイサービスおいても地域の利用者様の暮らしがより充実でき、たくさんの笑顔があふれるようにお手伝いができればと思っています。

 

 

見学は自由です。気軽にお越しください。(0598-42-7709)

2015.03.03

アロマオイルの香りにつつまれて ~至福のハンドマッサージタイム~

嬉野デイサービスセンターです!

 

アロマの香りは脳を刺激し活性化につながります

心地よい強さで手のつぼをマッサージ効き目は、血行促進・認知症予防・疲労回復・冷え解消・・・

職員とスキンシップを図りながらリラクゼーション効果アップ

 

デイマッサージ2

 

感想は・・・ ‘手が軽くなり、動かしやすくなった‘

‘しっとりして、痒みが治まった‘   

         ‘今度はいつしてもらえるの?‘  などなど大好評です

2014.05.21

嬉野老人クラブ連合会春季グラウンドゴルフ大会

平成26年5月20日(月)、嬉野老人クラブ連合会春季グラウンドゴルフ大会が嬉野グラウンドで行われました。
総勢180名の多くの方が参加され、午後12時30分開会式、午後1時から、時より日が差し込む程度で、暑くなく過ごし易い状態でゲームを進めることができました。27名の方が1回~2回ホールインワンされました。1人2ゲームということで、トータル37点の方が優勝されました。この日は、雨天の心配もありましたが、午後4時頃のゲーム終了まで降雨もなく、無事に盛会に行事は終了しました。和気藹々と楽しい一日でした。
春は個人戦、秋には団体戦を行います。日々、練習に取り組んでみえる方も多いですが、秋には一層の成果を挙げていただければと思います。

ee9bf532小堀会長あいさつ

55911ecbゲームの一コマ

81fbf78f優勝の中川さん おめでとうございます!

2014.02.22

「豊地えがお豊作サロン」に参加させていただきました

4421a337

2月22日(土)、豊地公民館で開催された「豊地えがお豊作サロン」に参加させていただきました。
現在松阪市は、三重県主催の「楽しい会議による楽しいまちづくりの実践モデル地区」となっており、「会議の進め方」の研修をしています。
その研修生が中心となって、豊地まちづくり協議会の協力のもと、「協働のまちづくりサロン」を開催することになりました。

このサロンは、地域の人が集まって地域のことを話し合う場です。一般的な会議には見られない特徴として、「楽しくやること」を大切にしています。さらにいえば、「いい話し合い」よりも「楽しい話し合い」であることを目指しているのです。

会場は賑やかに飾り付けられ、お菓子や飲み物がたくさん準備されています。スタッフもかぶりものを身につけたりして、会場全体で楽しい雰囲気を作り出しています。一般的な会議には見られない光景ですね。

5602a26a

お菓子にもひと工夫がされています。これは、今回のサロンのために特別に作られたチロルチョコなのです。絵もオリジナル。小さくてわかりづらいですが「TOYOCHI SALON」と書かれています。こんなのあるんだ!すげえ!!

39f8e6a0

サロンの前には、うれしのスポーツクラブAFLECのみなさんによる踊りが披露され、会場をあたためてくれました。

05304d18

スタッフの小芝居からアイスブレイクへ。参加者の緊張をほぐしていきます。

c52f2c5d

今日の話し合いのテーマは「女性や若者や子どもがまちづくりに参加してくる楽しいアイデアを考えよう!」です。
豊地住民と研修生合わせて34名が6つのグループに分かれ、協力してアイデアを出し合いました。

a86d2c29

嬉野中学校から7名の生徒が参加してくれており、各テーブルで大人に負けず活発な話し合いをしてくれました。
いい発言にはすぐ拍手!面白いことはちゃんと笑う!トチってもみんなでフォロー!…というルールが徐々に浸透し、終始なごやかに話し合いが進みました。

話し合いのあとは、発表会。いいアイデアだと思ったものにシールを貼って投票することになっているので、発表にも熱が入ります。

18f6c612

投票の結果、いちばん人気が集まったのは「『子ども何でもオリンピック』を開催する」というアイデア。今の時期だからこそ出たともいえるいいアイデアですね。ぜひ実現していただきたいものです。

サロンの最後に講評として、監修を務める釘山健一氏は、「今日出されたアイデアは実行しなければ意味がない、という考えは持たなくてよい」と言われました。
今回のように様々な年齢、様々な立場の人が集まって話し合いをすることは、今までになかった。今日出されたのは「アイデア」というよりは「アイデア」の元となる「ネタ」。実現可能、不可能は別として、こういう「ネタ」を出せたことをまず成果として受け取ってよい、と。そして、そのネタを今後ふくらませていけばいい。それがまちづくりである、と。

実を言うと、いま各小学校区にある「地域福祉活動計画」策定の際に同じような話し合いの場が持たれてはいたんですけどね…。
まあそれはそれとしまして、今回様々な工夫のおかげで、「いろんな人とまちづくりについて話し合うことは楽しい」ということを多くの人に感じてもらえたことと思います。
今後このようなサロンが市内のあちこちで開催され、まちづくりに主体的に関わる人が増えていくことを願ってやみません。

2013.10.31

豊田まちづくり協議会「世代間交流会」にお邪魔してきました

3cb939b4

 

10月26日(土)、豊田まちづくり協議会主催の「世代間交流会」が行われました。
子どもさんと、親御さんと、そのまた親御さんの三世代が交流できる事業を毎年工夫されていますが、今年は「健康ウォーキング」です。

 

台風の影響で開催が危ぶまれ、当日も雨と風が収まっていない中で決断を迫られていましたが、実行委員さんの「予定通り決行!」という勇断は結果的に大英断でした。

 

d19320be

強風のなか50名を超す参加者がありました。3班に分かれて川北地区と小村地区を歩きます。
まずは、スポーツクラブスリムMAXさんによるストレッチとウォーキング指導。「8歩で1呼吸」、簡単なようでやってみると案外難しいのです。

feb8a382

d065591e

横断歩道等の要所には各自治会から応援スタッフを配置していただき、安全対策もバッチリです。

b3e2c898

三重県指定史跡文化財に指定されている「月本追分」で、常夜灯と道標の説明をしていただきました。道標は伊勢街道最大なのだとか。

89cbd6a3

正福寺ではクイズをしていただきました。お寺の屋根の上に載ってる2匹のアレは何でしょうか?なんで載ってるのでしょうか?

647af1b0

風は最後まで強くて歩くのに非常に苦労しましたが、途中からは爽やかに晴れ渡り、気持よく体を動かすことができました。家族内の親睦や、また、ご近所の親睦がよりいっそう深まった一日でした。

 

 

ページの先頭へ戻る