社協職員日記

2019.09.11

地域後見サポート事業研修会を開催しました

こんにちは、福祉のまちづくり課です。

9月9日(月)に「あなたの財産 誰が管理するの?~僕と成年後見人の場合~」と題して、令和元年度の地域後見サポート事業研修会を開催しました。

予想を大幅に超える90名もの方にご参加いただきました。たくさんのご参加ありがとうございました。

 

研修内容は、前半は津家庭裁判所松阪支部の書記官の方より、2019年度から新たに導入された本人情報シートについてお話をうかがいました。

実際の書類を資料として使い、それを見ながら説明していただきました。

参加された方から、「本人情報シートの活用の流れがよく分かりました。」、「本人情報シートの必要性がよく分かった。」といった声が聞かれました。

 

後半は、「成年後見制度を利用してみて」と題して、成年後見制度を利用している当事者の方と、その方の支援をしている成年後見人さんにお話をうかがいました。

当事者の話をしっかり聞こうと会場全員が当事者の方の声に集中しているようでした。

「実際に利用されている方の日常生活からの話でよく理解できた。」、「生の声が聞けて良かった」、「後見人の仕事についてよく分かりました。」等の感想が聞かれました。

 

今後も地域後見サポート事業の一環として、成年後見制度に関する研修会を開催していく予定でいます。

今回ご都合がつかなかった方も次の機会にはぜひご参加ください。

ページの先頭へ戻る