社協職員日記

2019.06.12

「レクリエーション貸出しグッズ」が増えました。

 こんにちは! 福祉のまちづくり課です。

 松阪市社会福祉協議会では、お子様から高齢者まで幅広く楽しんでいただけるレクリエーション用品を無料で貸出ししています。これまでも、宅老所活動や住民協議会の活動等でお使いいただいています。

 今回は“もしバナゲーム”を新しく用意しました。もしバナゲームとは、人生の最期にどう在りたいか(もしものための話し合い)について、ゲームを通して考えるものです。

 人生の最期のことは大切だと分かっていても避けていませんか?「どのようにケアしてほしいか」、「誰にそばにいてほしいか」、「自分にとって何が大事か」という内容が書かれたカードを用いたゲームを通して、自分の気持ちを伝え、理解してもらうきっかけ作りになります。

 もしバナゲームを通して、“もしものときのこと”を話し合ってみませんか?

 貸出し希望の問い合わせは、松阪市社会福祉協議会 福祉のまちづくり課(0598-30-5690)までお願いします。

ページの先頭へ戻る