社協職員日記

2018.12.17

第14回松阪市社会福祉大会・福祉フェスティバル

平成30年12月16日(日)、松阪市ハートフルみくもスポーツ文化センターにおいて、第14回松阪市社会福祉大会・福祉フェスティバルを開催しました。

 

オープニングは、「マーチングを通じて音楽の楽しさを伝えよう」をコンセプトに、三重県を中心に活動されているマーチングバンド、「The Saltydogs(ザ・ソルティ―ドッグズ)」の皆様による華やかな演奏で始まり、会場内が大いに盛り上がりました。

 

 

表彰式典では、社会福祉への功労者として多大な功績のあった個人・団体の方々への感謝状と記念品の贈呈、及び三行詩募集入選者へ表彰状・記念品の贈呈を行いました。

 

 

第二部では、テレビでお馴染みのお笑い芸人であり、法務省矯正支援官でもあるゴルゴ松本さんによる記念講演を実施いたしました。

 

「出張!ゴルゴ塾 命の授業」と題して、笑いを交えながらも漢字の持つ深い意味を大変わかりやすく解説して頂きました。

「無難」でない人生は「有難い」と思うこと。何事にも感謝の気持ちを持つとは、こういうことだと、会場の誰もがゴルゴ松本さんの興味深いお話の一つ一つに共感されている様子でした。

 

 

 

ベストセラーとなっている著書の販売コーナーも大変盛況であり、講演後のサイン会では長蛇の列が出来ながらも、サインを求めるお一人お一人に丁寧に声を掛けていただきました。 

 

 

福祉フェスティバルでは、福祉体験コーナー、出張とのまちカフェ、共同募金啓発コーナーなど様々なイベントを開催いたしました。

 

屋外の屋台村では、様々な物品・飲食販売などを行いました。

お天気にも恵まれ、会場全体で約1,000人にご来場いただきました。

 

これからも皆さまに喜んでいただける社会福祉大会・福祉フェスティバルにしたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

 

なお、次回の第15回大会は、嬉野ふるさと会館に会場を移しての開催を予定しております。

 

※この事業は市民の皆さまからお寄せいただいた、社協会費と赤い羽根共同募金を事業費の一部に充てています。

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る