社協職員日記

2017.02.24

第2回 見守り体制づくり会議(地域ケア会議)を開催しました!

 こんにちは!第三地域包括支援センターです。

 

 今回、2回目の飯南管内における見守り体制づくりの会議を開催しました。
参加していただいた方は、松阪警察署(飯高幹部交番、駐在所)、松阪地区広域消防組合飯南分署、飯南地区民生委員児童委員協議会、飯南地域振興局、松阪市社会福祉協議会の24名です。今までにも、松阪市社会福祉協議会飯南支所地域福祉係と協働で会議を開催してきましたが、今回は各機関の状況報告のほかに、飯南地区民生委員児童委員協議会全員の同意のもとに民生委員の連絡先を、松阪警察署、松阪地区広域消防組合の各機関に公表する機会になりました。民生委員の連絡先をこの2つの機関に公表することで、社協が管理をしている防災カルテを民生委員も持参しており、緊急時、非常時には民生委員に問い合わすことで、そのカルテを活用し、家族や親族と連絡がとりやすくなったり、かかりつけ医との連絡がとりやすくなったりという利点につながり、緊急時の対応が少しでもスムーズにすすむことが予想されます。

 

 また、そのほかにも、見守りをしていただく隣、近所を含めた仲間をたくさん作っていくことが大切であるという声があがり、小地域から少しずつ小さな仲間づくりを始めていく取り組みが必要になってくることであったり、今回のような会議を開いていくことで、顔のみえる関係づくりが今後も必要になってくること、自治会や住民協議会などの集まりの中で、この見守り活動の状況を伝え、見守りの必要性を地域全体に啓発していく大切さなどが示唆されました。

 

 今回の会議は、見守り体制づくりのまだまだ始まったばかりの第一歩です。今後も、今回示唆された内容を含め、この取り組みを続けていきたいと考えています。

IMG_1418

 

ページの先頭へ戻る