社協職員日記

2021.11.29

「とくわっ子まつり」に参加させていただきました!

 

こんにちは!松阪支所 地域福祉係です!

 

11月14日(日)徳和地区で開催された、『とくわっ子まつり』に参加させていただきました。

 

こちらは、社協の「小地域福祉活動助成金」を活用し、子どもたちに喜んでもらう事を目的に実施されたイベントで、今回初めての試みです。当日は約400名の方が来場されました。

 

受付にて「とくわっ子まつりチケット」を受け取った後、6つのブースをまわります。感染症対策に留意しながら開催された為、皆さん安心して参加しておられました。

 

➀キックthe缶缶…蹴ったボールが思わぬ方向に行くアクシデント?もΣ(・□・;)

②射的…子どもたちは、真剣な表情で的を狙っていました。

 

③ボッチャ…ボールが丸の枠に入ると、歓声があがっていました☆

 

④スーパーボールすくい…子どもたちは、お玉等を使用して苦戦しながらスーパーボールをすくいました。

⑤くじ引き…子どもたちは「何が出るかな~。」とドキドキしながらくじを引きました。

⑥こま遊び・パズルなど…コマの製作や木でできたパズルに取り組む子どもたちの表情は、真剣そのものでした。

 

 

様々な取り組みがなされていたなかで、「素敵だな」と思った運営の工夫を紹介させて下さい♪

・スタッフの名札

「空間を除菌する効果がある。」と言われているもので、当日のスタッフは名札代わりに装着しました。

柄も可愛いですね☆

 

・下駄箱にて外靴の管理

建物の入り口の受付にて外靴を預かり、番号札をお渡しします。建物から出る際には番号札と引き換えに、お預かりしていた外靴をお渡しするという流れでした。そうする事で、何名の方がセンター内にいらっしゃるかが把握できるようになっています。

 

・順番に並びたくなる仕掛け

床を見てみると、徳和住民自治協議会のキャラクターである、「とくわっ子」を発見!

順番に並ぶのが楽しくなりますね(^^)

 

どのブースからも楽しそうな声が聞こえており、大変盛り上がっていました!

来場した方だけではなく、スタッフとして参加された、ボランティアの方も楽しんでいらっしゃる姿が印象的でした♪

子ども達が嬉しくなるような仕掛けがたくさん詰まった、素敵なイベントだと思いました♪

 

当日ご一緒した参加者の皆さま、ボランティアの皆さま、朝から準備をして下さった徳和住民自治協議会の皆さま、楽しい時間をありがとうございました(^^♪

ページの先頭へ戻る