社協職員日記

2021.07.21

赤い羽根共同募金「UMOUプロジェクト」の取り組み vol.1

こんにちは!松阪市共同募金委員会です。

 

7月16日(金)、JAみえなかの職員さんより、羽毛製品20点をお寄せいただきました。

JAみえなかは、社会課題への対策を図るためCSR活動として、SDGs(持続可能な開発目標)の取り組みや地域社会への貢献活動をされています。その一環として、松阪市共同募金委員会と社協が取り組んでいる「UMOUプロジェクト」へと職員の皆さんが協力をして羽毛製品を集めてくださいました。

この活動を担当している藤原さんから「職員以外にも広く呼びかけ、継続的な取り組みとしていきたい」とのお話をいただきました。

JAみえなか職員の皆さんという力強い協力を得て、我々も「UMOUプロジェクト」の取り組みをさらに進めていきます。

 

※「UMOUプロジェクト」とは、使われなくなった羽毛布団やダウンジャケット等を回収し、新しい羽毛製品へと繋げる取り組みです。羽毛のリサイクルを通じて「環境問題」に、羽毛製品の分別・解体の過程で「障がい者の雇用」に、共同募金への寄付を通じて「地域課題の解決」に貢献できるしくみでもあります。

ダウン率50%以上であれば、穴が開いていても汚れていても構いません。

ご家庭で使わなくなった羽毛布団・ダウンジャケットは、お近くの松阪市社会福祉協議会本所・支所までお寄せください。

 

松阪市共同募金委員会会長からお礼状をお渡ししました

 

ページの先頭へ戻る