社協職員日記

2021.07.02

神戸地区の『小学生体験農園』に参加しました!

こんにちは!松阪支所。地域福祉係です。

 

6月3日(水)に神戸まちづくり協議会主催の『小学生体験農園』が開催され、参加させていただきました。

 

この取り組みは、サツマイモの苗植えから収穫までを体験し、食育や地域の方とのふれ合いから助け合いの心を育む、毎年お馴染みの活動となっています。

 

「天気が心配で早く目が覚めたわ~。」と話されていた方もいましたが、皆さまの気持ちがバッチリ届いたようで、当日は天気に恵まれました!(^^)!

※ちなみに翌日は雨が降りました。無事に開催できて本当に良かったですね☆

 

授業の1限目.2限目として、第五小学校の小学2年生の児童80名が2班に分かれ参加されました。

 

学校の先生と地域のサポーターさんと一緒に、学校から農園まで徒歩で移動します。

 

到着後は、神戸まちづくり協議会の村田哲也会長から挨拶があり、その後は村田裕館長より苗植えのポイントを教わりました。

 

子どもたちは、小さなその手で一生懸命スコップで土を掘って苗を植えていました。その表情は真剣そのものです!

普段なかなか体験する機会がない為か、戸惑う子もいましたが、まち協の方々が「一緒に土を掘ろうか。」「良い感じに掘れとるわ。次は苗を横に植えよか。」等と優しく声をかけ、サポートされていました。

小さな頃から地域の方と交流することで『地域には優しくて頼りになる方がいる。』と知るきっかけになると思いました。

 

神戸まちづくり協議会の皆さま、朝早くから畑の準備等お疲れさまでした。

当日ご一緒した地域の皆さま、第五小学校の児童の皆さま、楽しい時間をありがとうございました♪

 

ページの先頭へ戻る