社協職員日記

2021.06.04

『第1回 神戸・徳和地区民生委員児童委員協議会研修会』に参加しました!

こんにちは!松阪支所。地域福祉係です!!

 

5月17日(月)・19日(水)に開催された、『第1回 神戸・徳和地区民生委員児童委員協議会研修会』に参加させていただきました(^^)

 

神戸・徳和地区民生委員児童委員協議会の谷口 壽会長の挨拶で開会し、その後は松阪市第一地域包括支援センターの社会福祉士・殿本 由華氏が『消費者トラブルの見守りについて』をテーマに講演されました。

 

両日ともにそれぞれ約15~20名の方が参加されました。

『私たち消費者は賢い消費者になるしかないんです!』という言葉がけから始まり、➀契約について、②最新情報について、③消費者トラブルに関する相談窓口について、という流れで学び合いました。

中でも最近特に注意が必要なのは

新型コロナウイルスのワクチンに便乗した消費者トラブルであると教わりました。

「有料で優先的に接種できる」という詐欺があるようです。

時期に合わせて内容を微妙に変える等、手口が巧妙化しているそうです。

また、これだけは覚えてほしい内容として話されていた事が印象に残りました。それは、

民生委員さんが訪問活動をした際、電話や相談では、「とにかく話しません!相手にしません!」と伝えてほしいと話されたことです。

「息子がいるので大丈夫ですって返事したんさ。」と話す方がいるそうです。それも相手に情報を与えている事になってしまっていると学びました。

参加した方からは「分かりやすかった~」という声があり、誰が騙されてもおかしくないのだと知る事ができました。

 

『消費者トラブル』と聞くと一見難しい内容のように思えますが、今回の研修会のように分かりやすく学ぶ機会がある事は、素敵だなと思いました。

 

賢い消費者になる為の輪が広がりますように(^^)

 

神戸・徳和地区民生委員児童委員協議会の皆さま、学びの機会をありがとうございました!

 

ページの先頭へ戻る