社協職員日記

2021.05.19

なんじゃもんじゃの木

  こんにちは。松阪社協 飯高支所デイサービスです。

 今日は午後からお花見でした。豆ごはんやメロンなどが入っているお花見弁当はとても豪華でおいしそう。やさしい利用者さんたちは「ちょっと食べさしたろか?」とあーんしてくれて、お気持ちだけいただきました。森地区の木場公園には“なんじゃもんじゃ”(正式名称はヒトツバタゴ)の花が満開で、木の上に雪が積もったように真っ白で幻想的です。あの有名な水戸黄門さまが、時の将軍様に、『この木はなんじゃ』と聞かれてとっさに『なんじゃもんじゃ』と答えたという説もあります。「何十年もここに住んどるけど、こんなに花がいっぱい咲いとるとは知らんだわ。来れてよかったわ。」と喜んでみえる方や、毎年咲かない珍しい、なんじゃもんじゃに、「台風で倒れたり、あかんだ時も、(地域の方が大事に見守ってくれているので)またいっぱいの花を咲かせてくれる」と教えてくれる方もみえました。来年も、キレイな花を咲かせてくれる事を願って、みなさんと一緒に大切に見守っていきたいですね。

ページの先頭へ戻る