社協職員日記

2021.03.04

東黒部地区福祉会 配食サービスへお邪魔しました!

こんにちは!松阪支所 地域福祉係です。

 

コロナ禍でもつながりを絶やさない地域の活動を紹介します。

 

 東黒部地区福祉会では、毎月、80歳以上のおひとり暮らしの方などへ、地域の調理ボランティアの方々による手作りの弁当を、民生委員・自治会のみなさんによってお届けされております。

 

 このお弁当には、東黒部小学校の児童による手書きのお手紙が添えられます。この日も、丁寧に書かれたお手紙が添えられていました(#^^#)

今年度、このコロナ禍で配食サービスをどのようにしていくのか、福祉会のみなさんと、調理ボランティアのみなさんが何度も検討されたそうです。

 一時は活動を自粛されている時もありましたが「お弁当を楽しみに待っている方がおる。活動を止めとったらあかん!」と調理を半分の人数で行うなど工夫し、感染予防対策をとって実施することを決められたそうです。

 

2月の活動日には、私もお弁当配達の民生委員さんに同行させていただきました。

「こんにちは!お弁当を届けに来ました!」の呼びかけに「いつもありがとう」と、とびっきりの笑顔がこぼれておりました。

 

 大変な今だからこそと、地域のみんなで支えあい、笑顔で取り組む姿に力をいただきました。

 これからも、共に活動の応援をしていきたいと思います(#^^#)東黒部地区のみなさん、ありがとうございました!!

 

ページの先頭へ戻る