社協職員日記

2020.11.06

11月1日(日)神戸まちづくり協議会 ~秋の合同自主防災訓練~ が第五小学校で開催されました。

こんにちは! 松阪支所地域福祉係  神戸地区担当の柳瀬です。

11月1日(日)神戸まちづくり協議会 ~秋の合同自主防災訓練~ が第五小学校で開催されました。

今年は、新型コロナウイルスの流行による感染症予防対策として、規模を縮小し各自治会3名で募り総勢74名が参加!

テーマは 「感染症対策と避難行動・避難所運営」 として

感染症対策を考えた避難所運営や、避難所において必要な備品の組み立てや使い方の体験を行いました。

自治会別に4班に分かれ、○○自治会の○○さんと分かるように其々に名札を付けて行動

①避難所受付訓練 ②起震車体験 ③段ボールベット組立訓練 ④マンホールトイレ組立訓練・非常用トイレ体験の4つブースを順番に回ります。

私たち社協は、マンホールトイレ組立訓練・非常用トイレ体験を担当しました。

災害用マンホールトイレは、下水道が通っている小中学校や、防災拠点となる市役所・地域振興局、鈴の森公園、ワークセンターなど37カ所に設置されています。

大災害時にはそのトイレも使えなくなる場合がある為、断水時のトイレの使い方や、トイレ凝固剤の実演、避難所運営においての犯罪防止の注意点などを女性目線でお話しをさせていただきました。

身近で大切な問題でもある為、質問も沢山出てメモを取られる方もみえました。

これから起こり得る大規模災害に、自分たちの命をどう守りどう備えるか!「自助」の取組みと

地域で共に支え助け合う「共助」の取組みに、今後も社協として携わっていきたいと思います。

自治会の防災訓練もお手伝いさせていただきますので、お気軽にお声掛けください!(^^)/

神戸地区の皆さん、消防団神戸分団さん、関係機関の皆さん ありがとうございました。

ページの先頭へ戻る