ニュースとお知らせ

2017.03.24

松阪市第二地域包括支援センターです。

3月27日(月)嬉野社会福祉センターにて『認知症予防講演会』 を開催いたします。

 NPO法人認知症予防ネット(京都府宇治市)より理事長 高林實結樹さんを講師としてお招きし、認知症のお話や脳を活性化する『みんなの認知症予防ゲーム』を紹介していただきます。

認知症予防に関心のある方、地域での集いの場を運営されている方、これから地域で集いの場を創りたいと考えられている方、多くの方にご参加いただければと思っております。

参加申込みは、松阪市第二地域包括支援センターまで(☎42-7255)

 

 

2017.03.23

平成29年度 小地域福祉活動助成要綱をアップしました!

申込み締め切り日は、平成29年度6月20日までとなります。

詳細は、資料ダウンロードにてご確認ください。

宜しくお願いします。

2017.03.10

豊地小学校ひな祭り集会

平成29年3月3日

アメリカから贈られた“グレースちゃん”が

豊地小学校に来て90回目のひな祭りを迎えるということで

盛大にひな祭り集会が開催されました。

DSCN2442

嬉野ゆうゆうも招待していただき

豊地小学校のみなさんと歌を歌ったり、ゲームをしたりと

楽しい時間を過ごさせていただきました。

DSCN2447

5・6年生の劇『グレースちゃん物語』も鑑賞しました。

1927(昭和2)年

「世界の平和は子どもから」という世界児童親善会の呼びかけで

アメリカから12,000体もの「青い目の人形」が日本に贈られました。

三重県には約200体の人形が贈られましたが、

戦時中、隠されたり処分されたりして

現在、松阪市には“グレースちゃん”だけとなったそうです。

DSCN2454

豊地小学校の宝物“グレースちゃん”のお祝いを一緒にさせていただき

ありがとうございました。

 

2017.03.09

こんにちは。松阪市第二地域包括支援センターです。

平成29年3月3日に地域の民生委員さん、いきいきサポーターさんと共に伊勢寺小学校4年生に認知症キッズサポーター養成講座を開催しました。全国共通テキストで認知症について学び、本人の気持ちや対応方法等について寸劇を見てもらいました。その後、班に分かれてみんなで認知症の人の気持ちを考えていただきました。

・認知症を「高齢者の病気」「高齢者の問題」と考え自分には関係ないとは思わないこと

・忘れやすいということを意識しながら対応をしないと本人は嫌な思いをしてしまうこと

・相手のことを思って優しく対応することで誰でも安心するということ

こういったことを感じ取っていただけたと思います。今後も認知症に対する知識や子供たちだけでは難しい対応について大人と一緒に考え取り組むことができれば、素敵な地域になると感じました。新しく誕生した25名の伊勢寺小学校キッズサポーターさん、今後の活躍を期待しています。

 

2017.03.06

笠松河津桜ロード 健康ウォーキング開催!

こんにちは。
松阪市社会福祉協議会三雲支所です。

来る3月12日(日)、毎年恒例となりました、三雲の「笠松河津桜ロード 健康ウォーキング」を開催致します。
約1,500メートルの桜を見ながら、一足早い春の訪れを体感してみませんか!

DSCN2062

2017.03.02

“福祉”ってなんだろう?

平成29年2月22日

豊田地区の民生委員児童委員、

まちづくり協議会の方の協力を得て

豊田小学校6年生のみなさんと

“福祉”について考えました。

写真1

“福祉”と言えば「困っている人を助けること」と

思われがちですが

誰でも助けを必要とする時がありますよね!?

“福祉”とは、『ふ』だんの『く』らしの『し』あわせ

特定の誰かだけではなく

「みんなが幸せになれるよう」に取り組む活動や仕組みという意味

ということを確認しました。

 

また

「近所に寂しさを感じている1人暮らしの高齢者の方がいます。

あなたならどうしますか?」をテーマに

1人1人考えてもらった後

4~5人のグループで話し合ってもらいました。

2写真

1人では思いつかなかった意見を仲間から聞くことができ

活動に広がりが生まれることがわかりました。

 

豊田小学校では

児童が作った花❀を高齢者に届けたり

地域の方と協力して「地域安全マップ」の作成をしているそうです。

このような活動を続けていくことで

お互いに助け合い、見守り合える

温かく住みよい豊田地区であり続けるのだと思いました。

 

たくましい児童の方と一緒に学ぶことができ

私自身パワーをもらいました。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

2017.03.02

平成29年度 市民活動助成関係書類をアップしました!

申込み締切り日は、平成28年度5月6日(金)になります。

詳細は、資料ダウンロードページにてご確認ください。

宜しくお願い致します。

2017.02.24

平成29年度 介護職員初任者研修 開催予定

今年度は、飯南支所・嬉野支所の2か所で介護職員初任者研修を開催する予定です。

 

【日  程】

飯南開催…平成29年6月中旬~9月中旬(21日間)

嬉野開催…平成29年9月中旬~12月中旬(21日間)

 

【定  員】先着19名

 

【受講料】50,130円(テキスト代金・消費税込み)

 

詳細につきましては、5月の広報・ホームページにて掲載させていただく予定です。

不明な点がございましたら、下記までお問合せください。

 

在宅福祉サービス課  Tel:0598-48-2600

2017.02.23

平成28年度吉田福祉基金寄贈品贈呈式

平成29年2月17日

多気町にある吉田福祉基金会館において

「平成28年度吉田福祉基金寄贈品贈呈式」が行われました。

当法人を含む県内の介護施設、社会福祉協議会等37法人に

軽自動車や車いす等が寄贈されました。

2

当法人は、軽自動車を寄贈していただきました。

大切に活用させていただきます。

ありがとうございました。

車

 

≪吉田福祉基金について≫

東和薬品(株)(大阪府門真市)の創業者で

多気町出身の故・吉田雄市氏が平成7年に創設し

その吉田氏の個人資産を

「多気町及び三重県の福祉に役立ててほしい」との思いから

三重県内における老人福祉に関する事業の振興と増進への寄与を目的に

助成を行っています。

2017.01.31

小舟江地区高齢者見守り・声かけ訓練を行いました

松阪市第二地域包括支援センターです。

1月29日(日)に三雲鵲地区の小舟江町で、自治会、高齢者安心見守り隊三雲、松阪市第二地域包括支援センター共催による「高齢者見守り・声かけ訓練」を行いました。この訓練は、認知症に対する地域の方たちの理解を深めると共に、認知症等により行方不明になった高齢者をできるだけ早く発見し、適切な対応により保護につながる地域の見守りの仕組みが出きることを目的としています。

寒い時期の開催日程にも関わらず当日は予想を上回る総勢約90名の方がお集まりいただき、充実した訓練となりました。小舟江町内の方の体験はもちろん、今回は地域の店舗、プライスカット三雲店さん、(株)西日本宇佐美23号三雲SSさんにもご協力いただき、店員さんや来店中のお客様にも体験していただくことができました。訓練に参加された方からは、「声をかけるとなるとどう対応していいのかわからないなぁ」や「最近、ニュースでもよく聞く話やでこういう活動も大事やなぁ」といった感想も聞かせていただきました。

まだまだ三雲地域内での小さな活動ではありますが、この小さな活動が松阪市全体に広がり高齢者が安心して暮らせるまちになっていくことを期待し、今後も見守り隊のメンバーと共にこの活動を続けていきたいと思っています。

DSCN0101 - コピー

ページの先頭へ戻る