社協職員日記

2018.09.21

地域後見サポート事業研修会を開催しました!

こんにちは、地域生活支援課です。

9月20日(火)、平成30年度地域後見サポート事業研修会「あなたの財産 誰が管理するの?~精神科医に聞く成年後見制度の診断書~」を開催させていただき、あいにくの天気でしたが、精神科医から直接お話を聞ける機会とあって、60名以上の方にご参加いただきました。

 

前半は、松阪厚生病院 医師 川本ほづみ先生にお話しいただきました。

成年後見制度の概要から、どのような病気が原因となり利用に至っているのか、診断書を書く際に注意していること等を医師の立場から話していただきました。

成年後見制度の3つの理念(「自己決定の尊重」「残存能力の活用」「ノーマライゼーション」)を大切にされていることも話されていました。

 

後半は、地域後見サポート事業運営委員の弁護士と社会福祉士が、それぞれの立場から医師に対して質問を行い、会場からの質疑も受けていただきました。

成年後見制度の申立のために診断書を希望する際は、かかりつけ医がある場合は、先ずかかりつけ医に相談することを勧められていました。先ずはかかりつけ医に相談し、症状に応じて必要があれば精神科や神経内科、脳外科などを紹介していただく道筋もあることを教えていただきました。

「いきなり病院に行くのはちょっと・・・」という場合は、松阪市のもの忘れ相談会を利用したり、地域包括支援センターや社会福祉協議会など、その方が身近に感じる所から相談していただくのが良いとのことでした。

 

松阪市社会福祉協議会でも地域後見サポート事業の相談事業として、相談をうかがったり、制度の説明をさせていただいていますので、成年後見制度について知りたいなと思った時にはお気軽にお問い合わせください。

2018.09.20

まかせて!!漕代支援隊をご紹介します!

こんにちは!福祉のまちづくり課 です。

 

漕代地区の、お互い様の気持ちでボランティアが生活の支援を行う「まかせて!!漕代支援隊」をご紹介させていただきます!

 

「まかせて!!漕代支援隊」は、地域の65歳以上のひとり暮らしの方・高齢者世帯を対象として、地域で安心・安全に暮らすために結成された、住民による住民のための会員相互の助け合い活動です。支援する人・される人、そしてその活動を支える個人や団体が会員となり、それぞれの人生を支え合う「住民参加型在宅福祉サ-ビス」で、有償(非営利)にて運営をおこなっています。

主な支援内容は、剪定・草刈り・草取り、ごみ出し、簡単な修繕・器具の取替、掃除、洗濯などです。

 

ある方が、ひとり暮らしの高齢者のお宅へ伺った際、「庭木が伸びているのが気になる」とのお話を聞き、後日地域の方と庭木の剪定に伺ったところ、大変喜んでいただいたそうです。この感謝、喜びをなんとか支援できないかと、志を同じくする皆さんに相談されたことから、平成29年6月1日、発足に至りました。

今年度から、高齢者世帯も対象とすることで利用会員数も増え、「まかせて!!漕代支援隊」は、今では地域の方にとって欠かせない、頼もしい存在となっています。

 

岡田隊長「漕代地域の方が、このまちに住んで良かった、これからも長く住み続けたいと思っていただけるまちになればと願い、活動しています。」

村田副隊長「一人より二人で、志を同じくする者と一緒に、まず初めの第一歩を踏み出す。この思いで、岡田隊長の協力を得て、支援隊を立ち上げました。」

 

 

「まかせて!!漕代支援隊」が、これからも地域の方のために活動を発展・継続していけるよう、私たちもお手伝いさせていただきます。支援隊の皆さんありがとうございました!

 

☆☆「まかせて!!漕代支援隊」問合せ先☆☆

事務局:漕代公民館(市民センタ―)内 (早馬瀬町279番地2)  

電 話:0598-28-2500

2018.09.19

彼岸花と秋桜 ~秋の遠足~ 

 こんにちは、松阪社協 飯高支所デイサービスです。

 夏の暑さも和らぎ、お花見日和です!手作りのお弁当を食べたら出発です。

 今月は、七日市と宮本に彼岸花、富永に秋桜を見に行きました。

 昔は田んぼの縁や土手に、真っ赤な花をいっぱい咲かせていた彼岸花。今は鹿や猪が根っこまで食べてしまうので、次の花が咲かず少なくなってしまったそうです。田んぼの周りに彼岸花が多いのは、田んぼを荒らす虫や動物が、その毒を嫌って避けるように植えられたそうです。綺麗なだけじゃなくて、ちゃんと考えられているんだと関心しました。まだまだ蕾が多く満開ではありませんでしたが、真っ赤な花が鮮やかで、「きれいやなあ」との声が聞こえてきました。

 次に、秋桜畑を見に行きました。畑いっぱいの秋桜に、「いろんな色があるんやなあ」とビックリしていました。

2018.09.11

とのまちカフェカードをつくりました(^^)

こんにちは、とのまちカフェです(^^)

この度、「とのまちカフェカード」を作成いたしました!

このカードは、とのまちカフェ開催のご案内と、日常生活にお困りの方へ向けての相談窓口(法律相談・心配ごと相談)のお知らせを兼ねており、気軽に手に取ってお持ち帰りただけるサイズになっています。

 当社協の近隣のコンビニやスーパー、パチンコ店、図書館など数か所に設置させていただきました。

 「とのまちカフェ」へのご理解と、設置にご協力いただきました 協力店さま 誠にありがとうございました。

今後とも、とのまちカフェをよろしくお願いいたします。m(__)m

とのまちカフェでは、◎外出してみたいけど人混みはちょっと緊張する◎人と話すことが苦手。でも人と話がしたい。このような気持ちを抱えている方やご家族の方が、気軽にいつでも立ち寄ることができ、≪ホッ》と一息つける居場所づくりに今後も取り組んでいきます。

2018.09.03

神戸地区”かんべ夏まつり”に参加しました

こんにちは! 福祉のまちづくり課です。

8月25日(土)神戸地区まちづくり協議会の夏祭りに参加しました。

この夏祭りは神戸まちづくり協議会が主催し、地域にお住まいの小学生に夏休みの思い出作りと親子のふれあいとして、また地元の高齢者さんや地域にお住まいの皆さまとの世代間交流の場を目的に、縁日形式で実施している毎年恒例のイベントです。

 

神戸の公民館長さんの軽トラをお借りして手作りやぐらが完成!

まずは「スイカの名産地」「あひるのダンス」「炭坑節」から祭りの始まりです!

役員さんも張り切ってダンスに参加されています!

「お尻ふりふりアヒルのダンス♪」を、恥ずかしさが皆さんの満面の笑顔となり

笑い声のなか老若男女踊られていました!

屋台では子ども達参加のゲーム「輪投げ」「射的」「スーパーボールすくい」「押しくじ」「バルーン」など盛りだくさん(^^♪

当日は熱中症警告が出るほどの暑い日で、ポップコーンにかき氷も飛ぶように売れていました(^^)/

夏祭りのクライマックスであるお菓子と図書券が当たる抽選会では、番号を呼ばれると歓声が上がり

最後まで大盛り上がりでした。

年間行事の中でも総勢約300人が集う神戸地区の大きなお祭りです。

地元のお祭りとして根付いており、神戸地区の皆さまの地元愛とパワーを感じる一日でした。

地域のみなさまありがとうございました!!(*^▽^*)ノ

2018.09.03

大石地区”介護者のつどい”に参加しました

こんにちは! 福祉のまちづくり課です。

8月22日(水)大石地区の “介護者のつどい“ に参加しました。

この取組みは、大石地区まちづくり協議会の健康福祉部会が、高齢のご家族を自宅で介護されている方や、かつて在宅介護をされていた方に「ちょっと一息ついてみませんか?」「気軽にお話しをしてみませんか?」と題して介護者さんとご近所の民生委員さんが集まり、介護の悩みや思いをお話ししていただく交流会の場として、また日頃の疲れを癒していただくリフレッシュの場として開催されています。

今年で3年目となり、第1部は松阪市高齢者支援課より「高齢者福祉サービスについて」の講話、

2部は「ほっとするタイム」として懐かしの松電のDVD鑑賞、

また第3部では「介護に関する対話タイム」として、それぞれの日頃の介護のことや悩みをグループになって、お話ししていただきました。

「ほっとするタイム」では飯高町粥見にあるお茶屋さんの冷茶と、抹茶の葛茶巾の和菓子をいただきながら談笑。

私たちのグループでは、飯南のお茶は美味しい!から始まり、巷で人気の飯高のお茶屋さんのかき氷の話題へと話しははずみ、またそれぞれのグループから笑い声が聞こえてきました。

この大石地区は松阪市の中山間部に位置し、少子高齢化が問題となっている地域です。

これからは、全国的にも少子高齢化が進み高齢者を3人が一人を支える、2人が一人を支える時代がやってきます。

地域で高齢者を支える取組みが大切であり、

この活動に大石地区の「顔なじみのご近所さんの繋がり」が生かされていると感じました。

大石地区の皆さん ありがとうございました!(*^^*)

 

 

2018.09.03

飯高クリーン作戦

こんにちは、松阪社協 飯高支所です。

 

 9月2日(日)に松阪市ボランティア連絡協議会飯高支部「きずな」による「飯高クリーン作戦」を行いました。

 今年は、当日の他、事前参加を含め、13のボランティア団体と個人ボランティアとの方々を合わせて約180名の参加がありました。

 当日は、台風接近の影響で降雨も予想されましたが、晴天で少し暑く感じられる日でした。

午前8時ごろから各地区で、燃えるゴミ・燃えないゴミを分別してたくさんゴミを回収していただきました。

 普段、自動車で往来する国道の道端はきれいに見えても、意外に空き缶、ペットボトル、お菓子の包装紙等に加え、場所によっては木の葉や枝切れなどたくさんのゴミが落ちていました。時々、家電製品等の大きな不法投棄物がありますが、今回は目立った物もなかったようです。

 清掃は、午前9時30分位までで事故なく、無事に終えていただきました。

 この活動は、旧飯高町の時から始まり、1市4町の合併後も継続され、地域で誇れる活動であり、今後もこの美化活動を継続していただければと思います。

 皆様、お疲れ様でした。

 

※クリーン作戦とは10年以上続いている活動で、もともとは飯高の川をきれいに保つために始まり、現在では166号線沿いを各地区に分かれ町内一斉清掃を行います。飯高町に来ていただく方へのおもてなしを込めた活動です。

2018.08.31

サマーボランティアスクール「ボラっていいよね。皆で語ろう」をおこないました

松阪市ボランティアセンターです。

 ボランティアセンターでは学生を対象として、福祉活動やボランティア活動へ興味をもってもらうためにサマーボランティアスクールを開催しています。

 8月27日(月)「ボラっていいよね。皆で語ろう」を高校生・大学生を対象におこないました。学生時代にはボランティア活動や課外活動に参加していただく機会が多いのですが、卒業して社会人になると生活リズムが変化し、ボランティアを含めた様々な活動に参加することが難しくなります。せっかく経験したボランティア活動に卒業してからも継続、参加してもらえるようにと、社会人になってもボランティア活動に取り組んでいる先輩ボランティアさんの声を聴かせてもらいました。今年の先輩ボランティアは、バルーンアートサークル「このゆびとまれ」さんでした。

活動を始めたきっかけ・活動から得られる楽しさや喜び・新たな仲間との出会いやつながりなど、社会に出て子育てをしながらも活動をおこなうエネルギーの秘訣を伝えていただきました。

 

その後グループに分かれて「ボランティアのニッコリポイントは?」をテーマに語り合いました。この日に参加した学校は飯南高校・三重高校・相可高校・皇学館高校と学校の枠を越えてつながりを作ることもできました。

最後に「このゆびとまれ」さんが得意とするバルーンアートを教えていただきました。「自分には出来ないかも」と躊躇してしまうことがあるかもしれないけど、参加して、体験して、色んな方と接することで、自分の中の引き出しがドンドンと増えていきます。たくさんの引き出しを持ってねとメッセージをいただきました。

 

2018.08.29

和楽器の音色と・・・

  こんにちは 飯高支所デイサービスです。

 今日は、津軽三味線&和太鼓チームさんと飯南町の尺八チームさんに来てもらいました。
優雅な三味線の音色と、気持ちの温まる尺八の音色と、楽しくなる音色の和太鼓と、ステキな歌声に何だか"ドキドキ!"して踊りだしそうな気持ちでした。

私達も知っているお馴染みの曲から、津軽の民謡曲まで幅広く聞かせていただきました。

みなさんも、「すごかったなー」「にぎやかで良かったなー」と喜んでいました。

2018.08.28

サマーボランティアスクール「楽しく福祉を学んじゃおう」をおこないました。

松阪市ボランティアセンターです。

 ボランティアセンターでは小学生を中心とした子どもたちに、福祉活動やボランティア活動へ興味をもってもらうためにサマーボランティアスクールを開催しています。

 8月10日(金)、17日(金)「楽しく福祉を学んじゃおう」をおこないました。皇学館大学ボランティアルームによる企画で毎年大人気のスクールです。

「車いすラリー」「視野狭窄メガネで豆つかみ」「点字当てクイズ」「手話ジャスチャー」と福祉やボランティアについて、楽しく・面白く工夫した内容で参加した小学生に伝えてくれました。また調理ボランティアさんにも協力いただき「餃子の皮ピザ」「フルーツスムージー」をみんなで作って食べました。

 

参加した子どもたちからは「お兄ちゃんやお姉ちゃんと色々なゲームが出来てとても楽しかった」「車いすの乗り方やお手伝いの仕方を教えてくれた」「手話を覚えられた」「餃子ピザをまた家で作りたい」などの感想が出ていました。

 また企画・運営をおこなってくれた皇學館大学の学生さんからは、「元気いっぱいの子ども達の笑顔に元気をもらいました。」「楽しい中にも私達が伝えたかったことが伝わって良かった。」「調理ボランティアさんと一緒に活動することで私達も学ぶことがたくさんあった」などの声をいただきました。

参加した子どもたち、企画してくれた学生さんがお互いに実りある1日になったと思います。

ページの先頭へ戻る