社協職員日記

2015.03.16

こんにちは。
松阪市社会福祉協議会 福祉のまちづくり課です。

 

 3月15日に橋西地区市民センターにて、「松阪共同募金のつどい~伝える→伝わるコミュニケーション~」を開催し81名の方々にご参加いただきました。

講師に津市NPOサポートセンター理事長 川北 輝さんをお招きし、思いが伝わるコミュニケーションを築くためにも、日ごろからのより良い関係づくりが何より大事であることを学びました。

 また、募金を集める人の代表として有限会社 深緑茶房 店長 堀川 由美さんと、募金を活用する人の代表として松阪国際交流協会 理事長 古市 仁さんにもご登壇いただき、募金活動で苦労したこと、募金を活用して良かったことを中心に想いを語っていただきました。参加されたみなさんとも色紙を利用して気持ちを確認していくことで、私たち職員が「伝える」を見直す必要性があることを学び、気持ちを新たにした一日でした。

DSCN4567 DSCN4524 DSCN4534 DSCN4506

2015.03.10

松阪シティマラソンの応援に出かけました

スタートラインに立つ福っきー

こんにちは! 福っきー(ふっきー)です。
3月8日(日)に開催された松阪シティマラソンの応援にお出かけしてきました。
お天気にも恵まれ沢山の方が出場されていました。

 

 DSCN3497

ドキドキしながら皆さんのスタートを見守ります。

DSCN3510

ゲストランナー 森脇 健児さん 

DSCN3505

ランナー応援として あべ 静江 さんがいらっしゃいました。 

DSCN3509

松阪市社会福祉協議会の職員も出場。無事に完走です。
福っきーは今後も地域の行事やイベントにお邪魔する予定です。お会いした時には気軽に声をかけてくださいね。

 

2015.03.03

こんにちは!
福祉のまちづくり課です。

 

 3月1日(日)アスト津にて開催された「学生」×「地域」の取組事例発表会・ベストプラクティスコンテストで皇學館大学・現代日本社会学部の学生さん、障がい当事者のお母さんとともに松阪版サポートブックに関するブース展示と、活動紹介をさせていただきました。
 そして、「サポートブックをどう作ればいいのかわからない、なんだか難しそう…」そんなご家族のお悩みに少しでも力になれればと、皇學館大学の学生さんの協力を得て取り組んだリーフレットの作成プロジェクトが「ベストプラクティス賞」に輝きました。

 学生さんとのご縁により育まれた今回のプロジェクト。一つの成果として賞を喜ぶ反面、本当に必要としている人の手にリーフレットを届けていく活動を、一歩一歩大切にしていかなければと思います。

 ご家族のみなさん、障がい児・者の支援に関わられているみなさん、そしてサポートブックに興味のある方、よろしければリーフレットをご高覧ください。

 心が通うコミュニケーションのヒントが何かあるかもしれません。

 

お問い合わせは、松阪市社会福祉協議会 福祉のまちづくり課(電話21-1487)まで。

 

4

1

2015.03.03

アロマオイルの香りにつつまれて ~至福のハンドマッサージタイム~

嬉野デイサービスセンターです!

 

アロマの香りは脳を刺激し活性化につながります

心地よい強さで手のつぼをマッサージ効き目は、血行促進・認知症予防・疲労回復・冷え解消・・・

職員とスキンシップを図りながらリラクゼーション効果アップ

 

デイマッサージ2

 

感想は・・・ ‘手が軽くなり、動かしやすくなった‘

‘しっとりして、痒みが治まった‘   

         ‘今度はいつしてもらえるの?‘  などなど大好評です

2015.02.27

ケアマネジャーのセルフケア研修

こんにちは!在宅福祉サービス課です。

 

松阪市社会福祉協議会(在宅福祉サービス課)は三重県介護支援専門員協会松阪支部の事務局を担当しております。

松阪支部は、松阪市、多気町、明和町、大台町の介護支援専門員(ケアマネジャー)で構成されており、介護支援専門員の資質及び社会的地位向上に努め、専門的知識、技能を研鑽し、介護保険制度が利用者主体の制度として確立されるよう、日々の実践・年間の研修を通して利用者の健康と福祉の増進に努めております。

 

 

2月25日(水)は松阪社協嬉野社会福祉センターにおいて、第9回の研修会を開催いたしました。

今回は健康運動指導士またはヨガインストラクターとしてご活躍されているTAMIKO先生をお招きし、『ケアマネジャーのセルフケア ~職場でできるストレス解消法~』と題して自身の身体を見つめ直すとともに、日頃の運動不足や心身のリラクゼーションを目的に運動指導をしていただきました。

 S1030024

いつもと違った研修の風景。

今回は簡易タタミを使用して心身ともにリラックスしながら…。

決して無理せず各自のペースでヨガを楽しむことができ、あっという間の90分でした。

S1040011

最後は「ナマステ」とヨガ発祥の地であるインドの挨拶で終了。

終了後も参加者から「また来年も…」「ぜひ職場でやってみたい…」など好評の声が多く聞かれたように思います。TAMIKO先生、本当にありがとうございました。

 

 

さて、いよいよ介護保険制度改正の時期が近づいてまいりました。確定された情報内容が気になるところでありますが、3月は制度改正に関わる研修会を予定しております。詳細が決まり次第ご案内いたします。

 

在宅福祉サービス課も松阪支部の事務局として管内のケアマネジャーに必要な情報をいち早くお伝えできるよう微力ながら支えていきたいと思っています。

 

2015.02.04

チャイルドラインチャリティー映画会 「かみさまとのやくそく」開催のお知らせ

チャイルドラインチャリティー映画会「かみさまとのやくそく」開催のお知らせです。

 

2月11日当日は、午前の部・午後の部・夜の部と3回の上映があります。
また、午前の部は、事前予約が必要ですが、託児があります。
万障お繰り合わせのうえ、ご参加ください!

 

 

(主催者からのメッセージ)
今回の映画「かみさまとのやくそく」は胎内記憶のある子どもや、産婦人科医、子ども支援者のインタビューから、
子どもは胎児の時から意思があり、一人の人格として尊重することが、子ども育ちに大切であると伝えています。
たくさんの方に見ていただくことで子どもの権利、自分の権利を考える機会にしたいと思います。

詳細は下記のとおりとなります。
また、映画会告知ちらしも参考になさってください。

 

 

◆日時:2015年2月11日(水・祝)
    午前の部 10:00から12:00  午後の部 14:00から16:00  夜の部 18:30から20:30
◆会場:農業屋コミュニティ文化センター
◆対象:小学1年生以上(午前の部のみ未就学児も入場できます)
◆前売券:大人1,000円 子ども700円(小学生以上18歳以下) 
     ※当日券はそれぞれ200円増
◆託児:1名500円(午前の部のみ託児をします。ただし事前予約が必要です)
※売り上げの一部は、チャイルドラインへの支援に使わせていただきます。

お問い合わせ先
(特)松阪子どもNPOセンター 〒515-0043 松阪市下村町1115 
         TEL/FAX 0598-20-1511

 

 

宜しくお願いします!

EPSON MFP imageEPSON MFP image

2015.01.26

松阪支部 第8回研修会を実施開催しました!

こんにちは!在宅福祉サービス課です。

松阪市社会福祉協議会は三重県介護支援専門員協会松阪支部の事務局を担当しております。

松阪支部は、松阪市、多気町、明和町、大台町の介護支援専門員(ケアマネジャー)で構成されており、介護支援専門員の資質及び社会的地位向上に努め、専門的知識、技能を研鑽し、介護保険制度が利用者主体の制度として確立されるよう、日々の実践・年間の研修を通して利用者の健康と福祉の増進に努めております。

 

1月23日(金)は松阪市嬉野保健センターにおいて、第8回の研修会を開催いたしました。

今回は、昨年度の研修会が大変好評で、再度研修会に招聘いたしました聖隷クリストファー大学の中村裕子教授に、『認知症の周辺症状への理解とその対応に必要な援助技術』と題してご講演をいただきました。

 

 

 20150123研修会②

 認知症の人、またはその脳の状態を理解すること、そして先生の長年の現場経験をもとに作成された実践のポイントを学び、さらに写真を通して欧州の事情やその事例も学ぶこともでき…。

 

 

 

 20150123研修会③

後半では認知症の周辺症状への対応について、事例シートを活用して先生からアドバイスを聴かせていただきました。

先生の熱意が強く、時間もオーバーしましたが、皆さん喜んでもらえたのではないでしょうか。

 

 

2月の研修会についても、日程が確定し次第ご案内いたします。

2015.01.07

災害ボランティアセンター・サポートスタッフ養成講座受講生募集!

災害ボランティアセンター・サポートスタッフ養成講座を開催します。

 この講座は、災害発生時に全国から集まるボランティアをスムーズに受け入れ、災害ボランティアセンターの運営を手伝っていただける人材を育成する講座です。

 昨年も全国各地で災害が発生し多くのボランティアが現地に入り活動をされました。災害発生時にはボランティアの受入れ体制を迅速に整えることがポイントとなりその後のボランティアの人数を大きく左右します。これは地域の復興へのスピードにも影響を及ぼす重大なものです。

この機会に災害に強いまちづくりに一緒に取り組みませんか?

 詳細はお問合わせください。

 

松阪市社会福祉協議会ボランティアセンター

松阪市殿町1360-16

電話/FAX 0598-23-2941

E-mail:borasen@matsusakawel.com

 

災害ボラセン 養成講座募集ポスター  災害ボラセン 養成講座カリキュラム

2014.12.25

赤い羽根自販機が設置されました!

 

 

 

こんにちは。

松阪市共同募金委員会(松阪市社会福祉協議会)です。

 

 

この度、松阪市福祉会館(殿町1360-16)の玄関前に募金ができる自動販売機が設置されました。飲み物を購入すると、その売上の一部が、赤い羽根共同募金に寄付されます。

この自販機が飲み物を買う人の喉と心を潤す自販機であれるように。

皆様からお寄せいただいた町を想うやさしい気持ちを、私たちの身近な暮らしの中でしっかりと活かしていきたいと思います。

松阪市福祉会館にお越しの際は赤い羽根自販機のご利用にぜひご協力ください。

 

 

 共募自販機

 

 

 

 

2014.12.25

クリスマスパーティーに福っきーくんが来所!!

 

平成26年12月19日(金)みくも保健福祉センターで、赤い羽根共同募金の配分金でサン・ウイングスみくものクリスマスパーティーを開催し、地域との交流で、民生委員さんとつばさボランティアさんにも協力を頂き盛大に開催しました。

 

当日、サンタさんと一緒に「福っきくんー」が登場し、パーティーを盛り上げてくれました。
初めて福っきーくんを見る人も多く、可愛らしい仕草に皆さん大興奮!!

 

 

 

最後に、皆で記念写真を撮りました。(パシャ)

三雲 ①クリスマスパーティー   共同募金ロゴ    

 

 

 

ページの先頭へ戻る