社協職員日記

2014.02.22

「豊地えがお豊作サロン」に参加させていただきました

4421a337

2月22日(土)、豊地公民館で開催された「豊地えがお豊作サロン」に参加させていただきました。
現在松阪市は、三重県主催の「楽しい会議による楽しいまちづくりの実践モデル地区」となっており、「会議の進め方」の研修をしています。
その研修生が中心となって、豊地まちづくり協議会の協力のもと、「協働のまちづくりサロン」を開催することになりました。

このサロンは、地域の人が集まって地域のことを話し合う場です。一般的な会議には見られない特徴として、「楽しくやること」を大切にしています。さらにいえば、「いい話し合い」よりも「楽しい話し合い」であることを目指しているのです。

会場は賑やかに飾り付けられ、お菓子や飲み物がたくさん準備されています。スタッフもかぶりものを身につけたりして、会場全体で楽しい雰囲気を作り出しています。一般的な会議には見られない光景ですね。

5602a26a

お菓子にもひと工夫がされています。これは、今回のサロンのために特別に作られたチロルチョコなのです。絵もオリジナル。小さくてわかりづらいですが「TOYOCHI SALON」と書かれています。こんなのあるんだ!すげえ!!

39f8e6a0

サロンの前には、うれしのスポーツクラブAFLECのみなさんによる踊りが披露され、会場をあたためてくれました。

05304d18

スタッフの小芝居からアイスブレイクへ。参加者の緊張をほぐしていきます。

c52f2c5d

今日の話し合いのテーマは「女性や若者や子どもがまちづくりに参加してくる楽しいアイデアを考えよう!」です。
豊地住民と研修生合わせて34名が6つのグループに分かれ、協力してアイデアを出し合いました。

a86d2c29

嬉野中学校から7名の生徒が参加してくれており、各テーブルで大人に負けず活発な話し合いをしてくれました。
いい発言にはすぐ拍手!面白いことはちゃんと笑う!トチってもみんなでフォロー!…というルールが徐々に浸透し、終始なごやかに話し合いが進みました。

話し合いのあとは、発表会。いいアイデアだと思ったものにシールを貼って投票することになっているので、発表にも熱が入ります。

18f6c612

投票の結果、いちばん人気が集まったのは「『子ども何でもオリンピック』を開催する」というアイデア。今の時期だからこそ出たともいえるいいアイデアですね。ぜひ実現していただきたいものです。

サロンの最後に講評として、監修を務める釘山健一氏は、「今日出されたアイデアは実行しなければ意味がない、という考えは持たなくてよい」と言われました。
今回のように様々な年齢、様々な立場の人が集まって話し合いをすることは、今までになかった。今日出されたのは「アイデア」というよりは「アイデア」の元となる「ネタ」。実現可能、不可能は別として、こういう「ネタ」を出せたことをまず成果として受け取ってよい、と。そして、そのネタを今後ふくらませていけばいい。それがまちづくりである、と。

実を言うと、いま各小学校区にある「地域福祉活動計画」策定の際に同じような話し合いの場が持たれてはいたんですけどね…。
まあそれはそれとしまして、今回様々な工夫のおかげで、「いろんな人とまちづくりについて話し合うことは楽しい」ということを多くの人に感じてもらえたことと思います。
今後このようなサロンが市内のあちこちで開催され、まちづくりに主体的に関わる人が増えていくことを願ってやみません。

2014.02.20

香肌小学校で認知症キッズサポーター養成講座を開催

2月12日、香肌小学校6年生を対象に認知症について正しい知識をもち、偏見をもたずに認知症の方をサポートする認知症キッズサポーター養成講座を開催しました。
地域密着型『グループホームいいたか』(認知症対応型共同生活介護)の職員の福本詩子さん(キャラバンメイト)が講師をしました。
松阪市第三地域包括支援センター職員2名の寸劇を交えて児童10名と担当の先生2名が熱心に話を聴いてくれました。
認知症の人にどのように対応したらいいのか…
自分たちが将来、高齢者を支える担い手になることや、自分の親や祖父母が発症するかもしれない病気であること・・・
もしかしたら、自分たちも発症するかもしれない病気であること・・・
など真剣に考えてくれました。

認知症は、4人に1人はかかる脳の病気です。
今の小学生が40歳代になった時に、超高齢者社会を迎えます。
サポーターとは特別なことをしなくても、困っている人にやさしく声をかけたり、温かい目で見守ってくれる人の事です。

a790bb1f

サポーター養成講座を受講した子供たちから感想文をいただきました。
一部を紹介させていただきます。

・認知症は物忘れが少しひどくなっただけだと思っていたけど、脳の病気ということを初めて知りました。 近所には、おじいちゃんやおばあちゃんが沢山住んでいるので、外へ遊びに行った特に、やさしく声をかけたいとおもいました。
・認知症は、物忘れだけではなく、本人もとても苦しんでいることがわかりました。
認知症の人や困っている人を助けてあげたいと思います。
・近所に認知症の人がいて、何度も名前を聞かれたりしたけど、自然に何度も名前を答えていました。認知症の人に怒ったりしなくて良かったと思いました。

今のこどもたちは、社会科の授業で福祉や民生委員さんなどについて学習をしており、今回の認知症キッズサポーター養成講座を開催することになりました。
卒業までの残り少ない時間を割いていただいた、香肌小学校関係者にお礼申し上げます。
子供たちの今回の経験が、地域の見守りの眼となり福祉のこころが育ってくれることを願っています。

 

 

2edde6e3

ポーターになって、認知症の人の応援者であることの証に、オレンジリングを手渡しました。

2014.02.12

「健康ウオーキング」参加者募集!

皆さんで碧川周辺の良さ、自然環境の美しさを発見し、「笠松河津桜ロード」「市道星合・五主1号線桜道」約1,500mで早咲き桜を見ながら、一足早い春の訪れを体感してみませんか!
クイズやぜんざいのふるまいがあります。ぜひご参加ください。

30e6a263

2014.02.10

ふれあいもちつき大会

2月9日(日)鵲小学校において、鵲まちづくり協議会 青少年育成部会による、第3回ふれあい餅つき大会がありました。午前10時から地域の子どもたちが、昔懐かしい「うすときね」3台を使って「ペッタンペッタン」と力いっぱいお餅をつきました。子どもたちは、地域の方につき方を教わり、親子でついたり、5.6年生の子供たちは大人より力いっぱいつくことができました。餅つき体験を通して、地域の交流を深めることができました。

59cdb3b9 e6c03381 2cfca5bf

200名程の参加者があり、10臼ついた きなこ、あんこ、のり、ほうれん草、大根おろし餅は、おかわりをする子どもたちの行列もでき、あっという間になくなりました。
また最後に、お楽しみ抽選会もあり、名前を呼ばれた子どもたちは、とても嬉しそうで、まわりも、大いに盛り上がりました。

役員のみなさん、地域の皆さんお疲れ様でした。ありがとうございました。

2014.02.07

介護講演会のお知らせ

飯南地区福祉会主催による介護講演会を下記の通り開催します。
健康づくり、介護予防には運動が効果的と言われています。
しかし、「どんな運動をしたらいいのかわからない」、「運動をはじめたが、長く続かない」などの声をよく耳にします。
今回、スクエアステップの開発者である三重大学の重松良祐先生をお招きし、日常生活にうまく運動を取り入れるコツについてご講演いただきます。スクエアステップの紹介もあります。
ふるってご参加ください。

日 時:2月22日(土)10:00~11:30

場 所:飯南ふれあいセンター(飯南町横野)

講 師:重松 良祐 氏 (三重大学教育学部准教授)

*重松先生は、スクエアステップという新しい運動プログラムを開発し、中高齢者の運動による健康づくり、健康支援がご専門です。

問い合わせ先:飯南地区福祉会事務局 担当:杉本
(松阪市社会福祉協議会飯南支所内)
TEL:32-4630

2014.01.31

防災講演会の開催

平成26年1月29日(水)午後7時から飯南地区福祉会主催による防災講演会が開催されました。「超高齢社会における防災・減災対策」と題して避難所運営における災害時要援護者の支援について、三重大学医学部看護学科の磯和勅子講教よりご講演がありました。
内容として災害時に高齢者を含む要援護者が何故被害を受けやすいのか、どのような問題が発生しやすいのか、発災前から避難所運営までの自助・共助のあり方や留意点などお話されました。また災害時に逃げ遅れないために高齢者の筋力アップについてもお話があり要援護者を減らす事が災害に強い町づくりになるとビデオで説明されました。
尚、三重県のホームページで「避難所運営マニュアル策定指針」が出されており参考にしてもらえればとの事でした。

f0c9bda3 磯和教授のお話し

89b5b022 福祉会長の挨拶

2014.01.30

ロールケーキを作りました!

第三地域包括支援センターです。
センターでは1月29日(水)に飯南産業文化センターで「ロールケーキを作ろう!教室」を開催しました。
「地域包括支援センターってどんなところ?」「何をするところ?」「どんな職員がいるの?」という声をよく聞きます。
ロールケーキ作りを通して、地域包括支援センターを身近に感じていただき、センターの啓発になればいいと考え、今回の教室開催に至りました。

飯南地域の60代~70代前半の若い世代17名が集まりました。
ふわふわでしっとりしたロールケーキを作り、お茶会をしました。自分で作ったロールケーキはおみやげに持って帰っていただきました。

「いつもこんなことやっているの。またするときは教えて!」「簡単に作れるのでサロンで作って高齢者の方に食べてもらおう!」「包括支援センターの催し物にまた参加するね。」などの声がありました。
今後の介護予防、健康づくり教室につなげられたこと、地域のコミニティの場に活用してもらえたことなど成果がありました。

職員もおいしい幸せなひとときであったとともに、参加者の方から力をもらい、これからの活力につなげていくことができそうです。
他の地域でもこのような教室を開催し、今後も第三地域包括支援センターの啓発に取り組んでいきたいと考えています。

06e65439 b05d0bea

2014.01.28

飯高地区民生委員・児童委員協議会「福祉事業研修会」

飯高支所です。
平成26年12月1日に民生委員・児童委員が一斉改選がされました。
飯高地域では1月9日に新任研修を行い、また1月28日には当会にて飯高地区民生委員児童委員協議会と飯高管内の福祉事業所が集い総勢61名で研修会を行いました。

7d2fd478

飯高地域の福祉事業所の紹介、そして飯高地域振興局、第三地域包括支援センター、社会福祉協議会の事業説明をさせていただく研修会です。

 

4324390c

民児協の皆さんが、地域の相談をしていく機関や、聴いたことはあるが何をしているところなのか?といった疑問など、この研修会を行うことで解消され、親睦を深めることで双方(民児協と事業所)の地域を担う一助になったと思います。

e970e1d5

飯高地区民児協の中村菊美会長は「飯高地域が安心安全な町であり、最も福祉が充実した地域であるように」と話され研修会を終えました。

改選後、研修会が多く続いてますが、ご協力お願いすると共に飯高地域の福祉向上にご尽力いただきますよう、よろしくお願いいたします。

2013.10.31

豊田まちづくり協議会「世代間交流会」にお邪魔してきました

3cb939b4

 

10月26日(土)、豊田まちづくり協議会主催の「世代間交流会」が行われました。
子どもさんと、親御さんと、そのまた親御さんの三世代が交流できる事業を毎年工夫されていますが、今年は「健康ウォーキング」です。

 

台風の影響で開催が危ぶまれ、当日も雨と風が収まっていない中で決断を迫られていましたが、実行委員さんの「予定通り決行!」という勇断は結果的に大英断でした。

 

d19320be

強風のなか50名を超す参加者がありました。3班に分かれて川北地区と小村地区を歩きます。
まずは、スポーツクラブスリムMAXさんによるストレッチとウォーキング指導。「8歩で1呼吸」、簡単なようでやってみると案外難しいのです。

feb8a382

d065591e

横断歩道等の要所には各自治会から応援スタッフを配置していただき、安全対策もバッチリです。

b3e2c898

三重県指定史跡文化財に指定されている「月本追分」で、常夜灯と道標の説明をしていただきました。道標は伊勢街道最大なのだとか。

89cbd6a3

正福寺ではクイズをしていただきました。お寺の屋根の上に載ってる2匹のアレは何でしょうか?なんで載ってるのでしょうか?

647af1b0

風は最後まで強くて歩くのに非常に苦労しましたが、途中からは爽やかに晴れ渡り、気持よく体を動かすことができました。家族内の親睦や、また、ご近所の親睦がよりいっそう深まった一日でした。

 

 

ページの先頭へ戻る