社協職員日記

2015.08.11

障がい福祉サービス事業所(基礎編)を開催しました。

 

こんにちは!在宅福祉サービス課です。

 

今回は、松阪市役所障がいあゆみ課 世古元志氏をお招きし、障がい福祉サービス事業所・居宅介護支援事業所の職員を対象に障がいサービス事業所研修会(基礎編)を開催しました。

 

障がい者福祉制度についてという題材で、障がい者の認定と障害者手帳・障害福祉サービスについて講義していただきました。

 

アンケート結果においても、細かいところまで説明してもらい、分かりやすかったとの意見をいただき、制度改正や多様なサービス等の変化がみられる昨今において、経験年数に関係なく、基礎を理解し確認できる良い機会となりました。

 

ありがとうございました!

2015.08.05

やまなみ保育園と交流会を行いました

 本日のサテライト・田引CS会は”やまなみ保育園”の年長のみなさんと交流会を行いました。地元の園児との交流はみなさんいつも楽しみされています。

踊りや歌の披露、肩たたきに手作りのプレゼントもいただき、みなさん「元気も一緒にもらった」と大喜びでした。短い時間でしたが、笑顔があふれるひと時でした。 

 

 飯高支所では、外出支援通所サービス(サテライト型デイサービス)を展開し地域で楽しく過ごしていただくお手伝いをしています。

参加していただく会員の方も募集しています。登録方法などの詳細は飯高支所(電話45-1125)へお問い合わせください。

 

DSC01315

DSC01338

 DSC01344

DSCN2841

2015.08.05

平成27年度 サマーボランティアスクールはじまりました!

サマーボランティアスクール「楽しく防災の大切さを学ぼう」を行いました。 7月28日(火)よりスタートしたサマーボランティアスクール。この日はボランティアグループ「春告鳥」に協力をいただき、市内の小学生10名を対象に「地震が来たら何が起こるかな?」「防災・減災するために工夫できること」など活発な意見交換をし防災学習を行いました。またアルファ米やカンパンチョコフレークなど防災食を皆で作って食べました。

参加した子どもたちからは「災害が起きたらとても不安だけど、注意することをみんなで話せて良かった」「自分たちで作った防災食も美味しかった。また家でも作ってみたい」などの感想が出ていました。この経験をもとに子どもたちが防災について理解を深め「普段から気をつけること、普段から備えておくこと」の大切さを感じてもらえればと思います。

【教室のひとコマ
1

 

防災食の調理実習(乾パンをつぶして湯煎したチョコレートでコーティング)
2

2015.08.04

ゴーヤがすくすくと・・・

我が松阪支所では6月から始まった「エコフィスコンテスト」に参加し、省エネ対策でゴーヤを育てています。
当初は天候の加減もあったのか?中々成長を見ることが出来なかったのですが、毎日みんなの暖かい視線と愛情を注いでいると期待に答え段々と成長してくれました。
ふっきーも「楽しみだなぁ・・・」と嬉しそうです。まだまだタクサンの花がついているのでこれから  夏本番!!益々大きくなりますよ。

 

まるで我が子を育てているように・・・

松阪支所職員の唯一の癒しになっています。
皆さんも堪能してください。

DSCN4385

DSCN4387

DSCN4392 

2015.07.21

認知症研修会を開催しました。

こんにちは!在宅福祉サービス課です。

 

 今回は、介護老人保健施設 第二嘉祥苑「アコラス」施設長奥田隆利氏をお招きし、全事業所の職員を対象に認知症研修会を開催しました。

 

DSC01679

 

医学的側面から見た認知症の基本理解や認知症ケアの理念と視点、認知症による生活障害、心理・行動の特徴の理解と支援方法について講義をしていただきました。

 

DSC01680

 

事例を交えながらのお話や説明をしていただき、研修後のアンケート結果においても「わかりやすかった」との意見が多かったです。

 

ありがとうございました!

2015.07.19

「生きるを学ぶ」自然体験学習が始まりました

 波瀬むらづくり協議会が主催する自然体験学習「生きるを学ぶ」が、今年も本格的に始まりました。台風11号の影響もあり、この週末の開催は懸念されていましたが、無事行うことができました。

 

 本日は「桑名ワンダーポケット」さんが体験学習に参加されました。

キャンプ2日目は、「生きるを学ぶ」恒例のアマゴつかみを行いました。

波瀬むらづくり協議会を始め、飯高支所の男性陣も川を堰き止めるために力を合わせて、“いけす”を作りました。

 

 慣れないライフジャケットを着ても、子どもたちは冷たい水の中で大はしゃぎ。アマゴを取った子は、両手で握り締めながら、誇らしげにお母さんたちに見せていました。

 みんな夢中でアマゴを追いかけ「どこにいるの?」「岩の隙間におるよ」「取ったよ!!」などいろんな声が聞こえ、笑顔があふれていました。

 

 最後は、波瀬むらづくり協議会の中で、食を担当する「里グループ」のメンバーが作った炊き込みご飯と一緒に焼いたアマゴをいただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAIMGP0063IMGP0073IMGP0076

2015.07.15

介護職員初任者研修を開講しました!

こんにちは!在宅福祉サービス課です。

 

7月1日(水)より、平成27年度介護職員初任者研修を開講しました。

 

DSC01661

 

受講生は8名、講義及び演習は7月~10月(合計21日間)です。

 

初日の講義では、松阪社協嬉野支所 通所介護事業所を見学させていただきました。

 

DSC01666

 

様々なお仕事の方が受講されていますが、目指すものは皆おなじです。

皆様の介護技術の習得や普及に努めていくことができればと思います。

 

これから4ヶ月間の長丁場となります。

どうぞよろしくお願いいたします。

2015.07.13

リスクマネジメントの研修会を開催しました。

こんにちは!在宅福祉サービス課です。

 

今回は飯高支所 グループホームいいたか管理者の福本詩子さんに講師をお願いし、全事業所の職員を対象にリスクマネジメントの研修会を開催しました。

 

介護サービスのリスクマネジメントという題材で、新しい事故防止の手法やヒヤリハットの評価について詳しく教えてくださいました。

 

また、ヒヤリハットシートを有効活用するため、事例に沿って実際にヒヤリハットシートへ記入し、記入方法や評価の仕方などについても教えていただきました。

 

【6月28日(月)嬉野支所嬉野社会福祉センターでの様子】

DSC01645

【6月29日(火)飯南支所ボランティアルームでの様子】

DSC01657

 

人が生活することに伴うリスクはゼロにはなりません。しかし、私たちはいかにリスクを予測し、事故防止を図ることができるか。それぞれの研修を活かして明日からの業務で努めたいと思います。

2015.07.07

飯高郷土の味「でんがら」作り♪

 飯高支所では、日替わりで地区を変えてサテライト型(出張型)デイサービスを行っています。

7月7日は宮本ニコニコ会で、毎年恒例の「でんがら」作りをしました。

 

「でんがら」とは朴葉で包んだ飯高町特産のお餅です。

名前の響きが面白いですが、朴の葉に包まれとてもいい香りがします。

飯高では、子どもからご年配の方までおやつとして食べられている馴染み深いお餅です。

 

さて、このブログでは、ニコニコ会の皆さんの協力をいただき、「でんがら」ができるまでを簡単にご紹介します。この日のために前日から仕込みをして、メンバーの皆さんは大忙しでした。

 

 

ひとつ30gで餡を分けていきます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

上新粉・きび粉の2種類で作りました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

餡を包んでいきます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

朴の葉でくるみます

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

はさみで形を整えていきます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

きれいに並びました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

蒸し器へ… 男性陣も真剣です

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

パック詰めをして完成です♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

もちもちの食感で、餡の甘さもいい感じです

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

この「でんがら」は一緒に作った味ご飯と共に、メンバーの皆さんが宮本地区の高齢者のお宅へお届けしました。

七夕の日の嬉しいプレゼントですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

サテライト型デイサービスでは、各地区参加者を募集中です。

詳しくは、飯高支所までお問い合わせください。

 

 

2015.07.03

ボクのストラップを作ってくれました!

こんにちは!ふっきーです。

今日は、地域の方にステキなプレゼントをお持ちいただきました。

なんと、竹で作ったボクのストラップです!1つ1つ丁寧に型取りがされ、ペイントしていただいています。ストラップを作成していただいたのは、豊原町にお住まいの田中春巳さん。ボクのストラップのほか、イチゴや落花生、松阪市の「ちゃちゃも」のストラップも作成されていました。ストラップを見た他の職員からも「かわいい~」の歓声が。どれも、丁寧に製作されたものばかりで感激しました!

さまざまな行事に参加させていただいているボクですが、これからもより多くの方に親しんでいただけるよう頑張ります!

ふっきーのストラップ

 

ページの先頭へ戻る