社協職員日記

2015.10.29

個別支援計画作成についての研修会を開催しました。

こんにちは!在宅福祉サービス課です。

 

今回は、相談支援事業所こだま 島ゆうこ氏をお招きし、障がい福祉サービス事業所における個別支援計画作成についての研修会を開催しました。

 

松阪市における相談支援体系、相談支援専門員の役割、サービス等利用計画と個別支援計画の連動、意思決定支援について、詳しく講義していただきました。

 

講義を受けることでサービス等利用計画、個別支援計画について再確認し、理解を深めることができる良い機会となりました。また、同じ松阪市内の事業所として、相談支援事業者とサービス事業者が同じチームとして連動し、その方に寄り添った支援ができるよう心がけていきたいです。

 

ありがとうございました!

2015.10.26

いいたか文化祭に行ってきました

 こんにちは、飯高支所です。

気持ちのよい気候が続きますね。行事も多い時期です。

 

 飯高町では、10月に入り各地域で敬老会や文化祭が開催されました。

 10月10(土)は森地区敬老会

 10月11日(日)~12日(祝)は川俣地区ふるさと祭り、敬老会

 10月18日(日)は波瀬ふるさと祭り、敬老会、

と盛りだくさんのイベント続きです。

 

 そして先日10月24日(土)~25日(日)はいいたか文化祭でした。

飯高じゃんぷのみなさんが歌の発表をし、松阪社協のマスコット「福(ふ)っきー」も応援に

駆けつけてくれました。お客さんとともに、「どんぐりころころ」と「大きな栗の木の下で」の二重奏をしたり、「花は咲く」の合唱をして楽しみました。

 

みなさん、応援ありがとうございました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

敬老会や文化祭に出品した、松阪社協飯高通所介護事業所(デイサービス)

利用者様で作った、ちぎり絵作品  (写真は波瀬ふるさと祭りにて撮影)

2015.10.26

松阪市総合防災訓練にて「災害ボランティアセンター運営体験訓練」をおこないました

  10月18日(日)松阪市高須町公園にて実施された松阪市総合防災訓練の中で「災害ボランティアセンター運営体験訓練」「災害時要援護者支援の啓発」をおこないました。

  「運営体験訓練」では災害ボランティアセンターの機能・役割をわかりやすく把握するため、西黒部地区3町の住民をボランティア役、西黒部小学校生徒をニーズ役として想定し訓練を実施しました。

   災害ボランティアセンターに集まった想定ニーズを「1次避難所から2次避難所への要援護者(車イス)の誘導支援」・「避難物資の仕分けと運搬」とし、西黒部地区の細かい地名を盛り込んだ内容の訓練をおこないました。

  ボランティア役の西黒部地区3町の皆さんは、災害ボランティアセンター受付・保険加入・健康チェック⇒マッチィング⇒ボランティア活動⇒センターへの帰還と一連の流れを体験していただきました。また子ども達は要援護者として車いすでの誘導・視覚障がいを想定したアイマスクでの誘導を体験しました。

   参加者より「災害時に自分達の町へ他所から応援にきてもらった際、もし私達のような地域の知識(地名や地域の方の情報)を持つ人間が災害ボランティアセンターの手助けをおこなったら、よりスムーズな支援へとつながることがよく分かった。」「災害時に支援が必要な方を見逃さないためには、普段から顔を合わせて挨拶するなど日頃からの小さな活動の積み重ねが大切になるんだと教えてもらった」との声をいただきました。

  このような訓練や体験を積み重ねることで、地域の皆さまが防災について理解を深め「普段から気をつけること、普段から備えておくこと」の大切さを感じてもらえればと思います。

12
13

15

16

 

2015.10.22

『見てみて 社協です!』 放送開始

こんにちわ!

ふっきーです。松阪市行政チャンネルの中で、松阪市社会福祉協議会の情報をお届け出来ることになりました。

皆さんに社協の活動や行事の予定など毎月お知らせしていきたいと思います。

初回は10月20日(火)~10月26日(月)の放送です。

また、下記アドレスをクリックしていただくと放送をご覧いただけます。
 http://i-wave123.jp/i-wave930/4.html

毎月、社協のさまざまな情報をお届けしたいと思いますので、ぜひご覧ください。

2015.10.20

感染症研修会を開催しました!

こんにちは!在宅福祉サービス課です。

 

今回は、三重県立看護大学の脇坂浩先生をお招きし、事業所の職員を対象に感染症研修会を開催しました。

 

 

DSC01715

 

感染対策の基本やノロウイルス・インフルエンザなどについて、時々クイズを交えながら楽しくわかりやすく講義をしていただきました。

 

 

DSC01718

これから感染症が流行する季節になるので、予防の3原則を守るように取り組んでいきたいと思います。

ありがとうございました!

2015.10.09

新米をご寄付いただきました。

 こんにちは!社協です!!

 10月7日(水)松阪市福祉会館(殿町1360-16)にて、三雲地域で農業経営をされている「夢ファーム ターチャン」(中ノ庄町:代表松田忠正)様より、白米・もち米100kgをいただきました。

 今年で7年目となる新米ご寄付は、社会福祉協議会各支所(飯南・飯高・三雲・嬉野)の通所介護事業所や弁当宅配サービス事業等に使わさせていただいております。

 早速各支所に届け、新米で炊いたほかほかのご飯を堪能してもらいたいと思います。
 誠にありがとうございました!

 

2015.10.02

第2回口腔ケア研修会を開催しました!

こんにちは!在宅福祉サービス課です。

 

前回に引き続き、三重県歯科衛生士会 松阪支部 島田富美氏をお招きし、第2回口腔ケア研修会を開催しました。

 

今回は、「口腔ケアのアセスメント・評価機能を確認しよう!」ということで、口の機能について講義していただきました。

 

 

DSC01706

 

講義以外にも、反復嚥下唾液テストやお口の体操などを実践させていただきましたので、紹介させていただきます。

 

★ぱたから体操★

DSC01725

 

★反復嚥下唾液テスト★ 

DSC01727

 

★健口体操★

DSC01728

DSC01729

DSC01730

第3回目は「実践!器質的口腔ケア」について講義いただく予定となっております。

島田先生、次回もよろしくお願いいたします!

 

2015.10.01

赤い羽根共同募金運動がスタートしました!

こんにちは!社協です!!

松阪市共同募金委員会より

 本日10月1日より、赤い羽根共同募金運動が始まりました。

 昭和22年に始まって以来、今年で69回目を迎える本運動は多くの方々に支えられ今日に至っております。

 共同募金は、皆さまからお寄せいただいた募金の約80%が市内の身近な地域の福祉活動に活用される「自分(松阪)の町を良くするしくみ」です。誰もが住み慣れた町で安心して暮らすことのできる松阪のまちづくりのため、本年もご協力をお願い申し上げます。

 また、10月1日~12月31日の間、市内のスーパー等で街頭募金運動を展開する際、「募金がこんなふうに活用されていたらいいな」を考えるアンケート調査も度々実施しています。数に限りはありますが、調査の御礼として「お菓子工房むかいのえん(社会福祉法人まつさか福祉会)」のオリジナル赤い羽根クッキーをお渡ししています。2人の職人さんが一つひとつ手作りで心をこめて製作していただきました。町で活動を見かけた際は、ぜひ調査へのご協力をお願いいたします。

DSCN5266
JR松阪駅前でアンケートのようすです。

 

2015.09.18

精神に障がいのある方の支援について学びました!

こんにちは!在宅福祉サービス課です。

 

今回は、南勢病院の向井亜希氏をお招きし、主に訪問介護と介護支援専門員の職員を対象に精神に障がいのある方の支援について理解を深めました。

 

IMG_23322

質疑応答では、一つ一つの質問に対して丁寧にお答えいただき、基礎を理解しできる良い機会となりました。

 

ありがとうございました!

2015.09.16

祝敬老 さわ餅贈呈式

 こんにちは!社協です!!

 9月15日(火)、松阪市福祉会館(殿町1360-16)にて、さわ餅贈呈式がありました。

 毎年この時期に、クラギ株式会社(川井町539)様が敬老のお祝いとして、市内の軽費老人ホーム・ケアハウス等(9施設)へ寄贈いただいております。

  贈呈式終了後、社会福祉協議会を通じ、さわ餅60パック(1パック5入)を各施設入所者数に応じお配りしました。受けとられた施設では、「早速入所者様に食べてもらい、みんなで敬老をお祝いしたい。」などと話されていました。

ページの先頭へ戻る