社協職員日記

2015.08.24

サマーボランティアスクール「図書館の裏側を覗いてみよう」を行いました。

サマーボランティアスクール「図書館の裏側を覗いてみよう」を行いました。8月19日(水)この日のサマーボランティアスクールは図書館でのお仕事、図書館で活動されているボランティア活動を知るという内容で、松阪市図書館を会場に行われました。

 

 まず図書館長の宮田さんより「図書館について」のお話をしていただきました。図書館の歴史やこの松阪市図書館には本が26万冊もあるということなど教えていただきました。その後、普段は図書館の職員さんだけが入れる書庫の見学をおこないました。限られたスペースに本がたくさん置けるようにスライド式の書庫が実際動く姿に皆さん興味深々でした。

 

 その後、2班に分かれてボランティア活動の体験です。1班は図書館スタッフさんと一緒に児童図書や絵本の返却をおこないました。返却する本を元あった場所へ戻すのはひと苦労。「探し回るけどなかなか見つけられない」「こんなにたくさんの本の場所を覚えている職員さんは凄い」などの声があがっていました。

 

もう1班は「図書館友の会」さんの活動(本の補修や汚れを落とすなど)を一緒におこないました。ボランティアの皆さんに教えてもらいながら、破れた本をボンドでくっつけてテープで補修したり、スポンジで本の表紙を磨きました。「細かい作業は少し難しかった。でも自分が直した本がきれいになって、みんなに読んでもらえると思うととても楽しかった」とのこと。図書館友の会のメンバーからも「元気な子どもたちにパワーをもらって張りきって教えたわ」とお互いにとって良い時間が過ごせたのではないでしょうか。

 

これからも本が大好きで本を大切にする子どもたちがたくさん育ってくれればと思います。

宮田館長

宮田館長からのお話

書庫

普段は入れない書庫に興味津々

本の修繕

ボンド

ボンドとテープで本の修繕

宝探し

まるで宝探しのようでした

 

 

 

2015.08.19

サマーボランティアスクール「もっと知りたい盲導犬」を行いました

8月18日(火)サマーボランティアスクールに盲導犬オプティがやってきました。

 オプティは中部盲導犬協会久野さんと一緒に、市内の小学生のみんなに「盲導犬」について教えてくれました。子犬の頃のお話、盲導犬として活躍するまでの訓練の様子、オプティ達がお手伝いする目が見えない方のお話など…たくさんのことを伝えてくれました。
その後は障害物を置いた訓練コースをアイマスクをつけて一緒に歩きました。

 参加した子どもたちからは「目が見えない状態で動くことは怖かった。でもオプティが一緒に歩いてくれたから安心できました」「前にある障害物を私達がきちんと避けられるように歩いてくれたから凄い」「盲導犬と一緒に歩いている人が居たらお手伝いをしようと思いました」などの感想をいただきました。

 最後はオプティと一緒に記念撮影、たくさんのことを学んだ1日となりました。

【教室のひとコマ】

22
盲導犬についてのお話

24
障害物を避けます
13
アイマスクをつけてオプティと一緒に歩きました
14
オプティといっしょ

 

2015.08.18

サマーボランティアスクール「楽しく福祉を学んじゃおう」を行いました。

 8月17日(月)、この日のサマーボランティアスクールは皇學館大学の学生さんが企画した内容で行われました。

「車いすラリー」「アイマスクで福笑い」「昔遊び先生」「ゴミ分別釣りゲーム」「おじいちゃんおばあちゃん体験ゲーム」と福祉やボランティアについて、楽しく・面白く工夫した内容で参加した小学生に伝えてくれました。また調理ボランティアさんにも協力いただき「豆腐入りみたらし団子」「ヨーグルトケーキ」をみんなで作って食べました。

  参加した子どもたちからは「お兄ちゃんやお姉ちゃんと色々なゲームが出来てとても楽しかった」「車いすの乗り方やゴミの分別とか教えてくれた」「目が見えない人やおじいちゃん・おばあちゃんになるとこんなにも体が動きにくいんだって分かった」「団子やケーキをまた家で作りたい」などの感想が出ていました。
 また企画・運営をおこなってくれた皇學館大学の学生さんからは、「元気いっぱいの子ども達の笑顔に元気をもらいました。」「楽しい中にも私達が伝えたかったことが伝わって良かった。」「調理ボランティアさんと一緒に活動することで私達も学ぶことがたくさんあった」などの声をいただきました。

参加した子どもたち、企画してくれた学生さんがお互いに実りある1日になったと思います。
11

アイマスクで目隠しをして福笑い                

           
 12
けん玉とコマ回しを教えてもらいました

13
魚(ゴミ)釣りゲームです

14

釣ったあとはゴミの分別

15

ちゃんとブレーキをかけてね

16

おじいちゃんの気持ちになって

17

団子を丸めて
 18

自分たちで作ったものは格別です

 

2015.08.17

こんにちは、松阪市第3地域包括支援センターです。

暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

先日、長瀬サロン様に声を掛けて頂き、介護予防のお話をしにお邪魔させて頂きました。

女性ばかりのサロンということで、栄養のお話をさせて頂くと皆様からは「畑で採れる新鮮な野菜を食べている。お肉、お魚、野菜とバランスよく料理を作っている。」と普段から栄養バランスに気を付けて下さっていることを聞かせて下さいました。

また熱中症対策のお話もさせて頂き、試供品のOS-1をお配りさせて頂きました。

笑い声がたえない明るく賑やかなサロンで、行かせて頂いた私たちの方が元気を頂いて帰ってきました。

まだまだ暑さが厳しいですが、皆様も体調をくずされませんようお元気でお過ごし下さい。

2015.08.17

「かくれ脱水」を見逃さない!

ふっきーとOS1

こんにちは!在宅福祉サービス課です。

 

みなさん、「かくれ脱水」という言葉を耳にしたことはありませんか?

 

ご存知の方もみえるかもしれませんが、かくれ脱水とは、脱水症の早期段階あるいは前段階の状態を指すことなのです。小さなお子さんや高齢の方などは、まわりの人が気をつけてかくれ脱水を見逃さないようにしてくださいね。

それでもかくれ脱水が疑われる場合は、まずは食事で水分が充分に摂れているか、食生活を見直してみることが大事です。

 嬉野支所の中

今年は記録的な猛暑が続いておりますが、松阪社協においても大塚製薬さんとの熱中症予防の研修をきっかけに、サービス事業所において経口補水液と呼ばれるOS1(オーエスワン)を用いた熱中症予防を啓発しております。

 

環境次第では誰にでも起こりうることですが、脱水症を予防するためにもこまめに水分と塩分の補給に努めるとともに、食生活を中心とした生活環境を見直したいものです。

 

 

 

 

 

また、室温を適切に保つ程度のエアコンの使用も大切なことといわれています。

ここ松阪社協嬉野支所は松阪まちなか避暑地キャンペーン協力施設なのです。(上の画像の福っきーの奥に見えるのが、ロビーになります)

松阪まちなか避暑地

この暑い夏を乗り切るためにも、公共施設等を上手く活用してすごす…。というのも良いのではないでしょうか。

2015.08.11

障がい福祉サービス事業所(基礎編)を開催しました。

 

こんにちは!在宅福祉サービス課です。

 

今回は、松阪市役所障がいあゆみ課 世古元志氏をお招きし、障がい福祉サービス事業所・居宅介護支援事業所の職員を対象に障がいサービス事業所研修会(基礎編)を開催しました。

 

障がい者福祉制度についてという題材で、障がい者の認定と障害者手帳・障害福祉サービスについて講義していただきました。

 

アンケート結果においても、細かいところまで説明してもらい、分かりやすかったとの意見をいただき、制度改正や多様なサービス等の変化がみられる昨今において、経験年数に関係なく、基礎を理解し確認できる良い機会となりました。

 

ありがとうございました!

2015.08.05

やまなみ保育園と交流会を行いました

 本日のサテライト・田引CS会は”やまなみ保育園”の年長のみなさんと交流会を行いました。地元の園児との交流はみなさんいつも楽しみされています。

踊りや歌の披露、肩たたきに手作りのプレゼントもいただき、みなさん「元気も一緒にもらった」と大喜びでした。短い時間でしたが、笑顔があふれるひと時でした。 

 

 飯高支所では、外出支援通所サービス(サテライト型デイサービス)を展開し地域で楽しく過ごしていただくお手伝いをしています。

参加していただく会員の方も募集しています。登録方法などの詳細は飯高支所(電話45-1125)へお問い合わせください。

 

DSC01315

DSC01338

 DSC01344

DSCN2841

2015.08.05

平成27年度 サマーボランティアスクールはじまりました!

サマーボランティアスクール「楽しく防災の大切さを学ぼう」を行いました。 7月28日(火)よりスタートしたサマーボランティアスクール。この日はボランティアグループ「春告鳥」に協力をいただき、市内の小学生10名を対象に「地震が来たら何が起こるかな?」「防災・減災するために工夫できること」など活発な意見交換をし防災学習を行いました。またアルファ米やカンパンチョコフレークなど防災食を皆で作って食べました。

参加した子どもたちからは「災害が起きたらとても不安だけど、注意することをみんなで話せて良かった」「自分たちで作った防災食も美味しかった。また家でも作ってみたい」などの感想が出ていました。この経験をもとに子どもたちが防災について理解を深め「普段から気をつけること、普段から備えておくこと」の大切さを感じてもらえればと思います。

【教室のひとコマ
1

 

防災食の調理実習(乾パンをつぶして湯煎したチョコレートでコーティング)
2

2015.08.04

ゴーヤがすくすくと・・・

我が松阪支所では6月から始まった「エコフィスコンテスト」に参加し、省エネ対策でゴーヤを育てています。
当初は天候の加減もあったのか?中々成長を見ることが出来なかったのですが、毎日みんなの暖かい視線と愛情を注いでいると期待に答え段々と成長してくれました。
ふっきーも「楽しみだなぁ・・・」と嬉しそうです。まだまだタクサンの花がついているのでこれから  夏本番!!益々大きくなりますよ。

 

まるで我が子を育てているように・・・

松阪支所職員の唯一の癒しになっています。
皆さんも堪能してください。

DSCN4385

DSCN4387

DSCN4392 

2015.07.21

認知症研修会を開催しました。

こんにちは!在宅福祉サービス課です。

 

 今回は、介護老人保健施設 第二嘉祥苑「アコラス」施設長奥田隆利氏をお招きし、全事業所の職員を対象に認知症研修会を開催しました。

 

DSC01679

 

医学的側面から見た認知症の基本理解や認知症ケアの理念と視点、認知症による生活障害、心理・行動の特徴の理解と支援方法について講義をしていただきました。

 

DSC01680

 

事例を交えながらのお話や説明をしていただき、研修後のアンケート結果においても「わかりやすかった」との意見が多かったです。

 

ありがとうございました!

ページの先頭へ戻る