社協職員日記

2014.10.07

お米のご寄付をいただきました!

 10月7日(火) 三雲地域で農家をしている “夢ファーム ターチャン” より、白米10kg入りを8袋、もち米5kg入りを4袋をいただきました。
 お米の方は、社会福祉協議会通所介護事業所や地域福祉事業を通して地域の方に食べていただきたいと、毎年ご寄附いただき、今年で6年目となります。

新米で炊いたホクホクのご飯はさぞかしおいしいと思います(^0^)

いつもありがとうございます!

b114509b

2014.03.11

3月12日 障がい者事業所パワーUPセミナー開催

e77ea0c7

※この事業は、赤い羽根共同募金の配分金を財源としています

松阪市社会福祉協議会の福祉のまちづくり課では障がい者と地域住民が「支えあう関係づくりの場」を築くために、事業所として地域とどう付き合っていく必要があるのかを知るため、「地域で生きるためのヒントの探し方」と題した講演を開催します。
地域にはまだまだ私たちの気づかない交流のきっかけがたくさん眠っています。交流が深まることで、それをきっかけにサービスの担い手や社会貢献を担う存在になることも可能であると思います。
近隣地域の事例発表も行いますので、多くのヒントを持ち帰っていただけたらと思います。この機会にぜひ、ご参加ください。
当日参加も受付けています。

主  催  松阪市社会福祉協議会

後  援  松阪市障がい者地域自立支援協議会

開催日時  3月12日(水)午後6時 ~ 8時

開催場所  嬉野社会福祉センター 集会室

参加対象  松阪管内障がいのことに関わりのあるかた

内  容 18:10~ 講演 NPO法人やまぼうし(東京都日野市豊田4-24-11)
演題:「地域で生きるためのヒントの探し方」
19:20~ 事例発表 明和町社協就労継続支援B型事業所「ありんこ」

講師プロフィール
NPO法人やまぼうし 伊藤 勲氏(社会福祉士)
現在、特定非営利活動法人やまぼうし理事長。
北海道旭川市生まれ。大学まで道内在住。卒業後上京。
東京都民生局(現福祉保健局)の福祉指導職として都立七生福祉園に勤務。その後、重度の身体・知的障がい者の地域生活移行支援業務に携わったのち、特定非営利活動法人やまぼうしを開設する。
やまぼうしでは生ごみ堆肥化事業、大学や廃校を利用したコミュニティカフェを開設、また、NPO法人多摩くむらの会、北海道上富良野のべらもんとと共に安心・安全な食材の供給を目指す「自立と共生のネットワーク スローワールド」事業を展開。現在、更に農福連携事業の実現にも精力的に活動されている。

28a422ab

2014.03.12

H25年度 地区福祉会代表者会議を開催しました。

3月11日(火)午後1時30分~午後3時00分橋西地区市民センターにて平成25年度 地区福祉会代表者会議を開催しました。

5b377ed6

今回の説明会では地域で充実した助成金の利用をして頂く事を目的に名称も地区福祉会から小地域福祉活動と改正し、地域の福祉事業を継承して頂いている方々に出席して頂き説明させて頂きました。
日頃の地域福祉活動の報告を飯南地区福祉会武藤会長と櫛田地区福祉会早川会長に報告いただき、参加された方の中にメモをとったり皆さん熱心に聞いて見えました。

ad176680 e1f61cee

又、当日は東日本大震災の発生から3年を迎えましたので、福祉のまちづくり課職員による 「3・11を忘れない」~災害に備える~をテーマに社協の取り組みを報告させて頂きました。

1c5c235b

2014.03.13

パワーアップセミナーを開催しました

e77ea0c7

c5ee4c4a

3月12日(水)午後6時から、嬉野社会福祉センター集会室において、障がい者支援事業所パワーアップセミナーを開催しました。
講師に、NPO法人やまぼうし理事長 伊藤 勲氏をお招きし、「地域で生きるためのヒントの探し方」と題してご講演、その後、明和町社協就労継続支援B型事業所「ありんこ」のサービス提供責任者の山田 奏氏に「地域のなかに根ざしていける施設を目指して」と題して事例発表をしていただきました。
両者からは、障がい者の為に、日夜こだわりを持って業務に取り組む強い姿勢が感じられ、就労支援B型事業所・生活介護事業所の職員の方々20名程度参加をいただき、熱心にご聴講されました。
今後、更に事業所と地域やその地域における企業とのつながりから交流が深まり、地域側からの理解、支援、協力が得られ、事業所の強み、力となっていっていただけたらと思います。

76a8e1d6 28a422ab

2014.03.13

松阪共同募金のつどい~共同募金はじめの一歩~を開催いたします。

e77ea0c7

「赤い羽根共同募金が何に役立っとるんかなぁ?」
そんなみなさんの疑問に“松阪共同募金のつどい”がお答えします。
赤い羽根共同募金の“いろは”を学ぶ講演会と募金の配分を受けて地域で活動をしている方の紹介を通じて、みなさんからお寄せいただいた募金が松阪市を元気にする活動につながっていることをお伝えするプログラム構成です。
“松阪共同募金のつどい”は、赤い羽根共同募金を知る、はじめの一歩です。
知ることからはじまる次の一歩をともに踏み出しませんか?
みなさんのご参加をお待ちしております。

日時    3月21日(金・祝)13:30~16:00
会場    橋西地区市民センター
※どなたでもご参加いただけます。
詳しくは、福祉のまちづくり課(0598-21-1487)までお問合せください。

78309a98 0c99d93d

2014.07.17

クラギ株式会社様よりマスクメロンを寄贈して頂きました

本日クラギ株式会社様より、64個のマスクメロンをいただきました 😛
このメロンは社会福祉協議会を通じて、主に市内の障がい者就労継続支援B型事業所および生活介護事業所等、全26ヶ所にお渡しさせていただきます。

9af7dc7a

 

この活動は、平成3年から同社のご協力により続けられており、毎年施設の方々は楽しみにされております。
毎年この時期はマスクメロンを贈っていただいておりますが、秋にはさわ餅、冬には田舎あられもいただいております。

いつも本当にありがとうございます!!

 

55fb82cf a8f1e1d9

2014.09.08

豪雨災害義援金を募集しています!

今夏、豪雨災害により各地で家屋の損壊や多くの尊い人命が失われました。現在、広島県広島市・兵庫県丹波市・京都府福知山市・徳島県那賀町・長野県南木曽町に災害救助法が適応されています。そこで、被害に遭われた方々を支援することを目的に、赤い羽根共同募金を通じた災害義援金を募集いたします。
松阪市社会福祉協議会(松阪市共同募金委員会事務局)にて受付けておりますので、詳しくは下記までご連絡ください。

〇松阪市・松阪地区共同募金委員会(電話:21-1487)
〇嬉野地区共同募金委員会(電話:42-2718)
〇三雲地区共同募金委員会(電話:56-7247)
〇飯南地区共同募金委員会(電話:32-4630)
〇飯高地区共同募金委員会(電話:45-1125)

三重県共同募金会HPより、要綱をご覧いただくことができます。
三重県共同募金会HP⇒ http://www.miewel-1.com/bokin/ 

2014.09.12

さわ餅のご寄付をいただきました☆

クラギ株式会社様より、さわ餅300個(1袋5個を60袋)ご寄附いただきました。
いただいたさわ餅は、社会福祉協議会を通じて、市内の軽費老人ホーム・ケアホーム・生活支援ハウスの全9ヵ所にお渡しさせていただきました。
この活動は、御社のCSR(企業の社会的責任)活動の一環「地域への恩返し」ということで、平成3年から続けられております。
美味しいお餅を食べられる皆様の顔が浮かびます(*^^*)
いつも本当にありがとうございます!

a0e4b9a4

2014.09.26

赤い羽根共同募金を届けてくださいました!

松阪市共同募金委員会(松阪市社会福祉協議会)です。

第一小学校の皆さんが運動会で集めた赤い羽根共同募金を届けてくださいました。担当者より、松阪市で集めた募金の約80%が市内の様々な地域福祉活動に活用されていることを説明すると「じゃあ、残りの20%はどこで使われているの?」と質問を受け、興味をもって話を聞いてくださっている様子が印象的でした。
お寄せいただいた募金は、松阪市を元気にする活動へ大切に活用します!ご協力ありがとうございました。

4b9e0cf7

2014.10.01

赤い羽根共同募金運動が始まりました!

松阪市共同募金委員会(松阪市社会福祉協議会)です。

今日から全国一斉に赤い羽根共同募金運動が始まりました。共同募金は、松阪市で集めた約80%が市内の様々な福祉活動に活用されています。
「松阪のために何かしたい」「松阪のまちを良くしようとがんばっている人たちを応援したい」赤い羽根共同募金は、そんな想いをかたちにする“自分のまちを良くするしくみ”です。
一人でも多くの方々に募金運動にご参加いただけるよう、各所で協力を呼びかけます。どうか松阪を想うみなさんの気持ちをお寄せください。

c64d0e56 ddaae7e5

 

 

 

 

 

e6ffc0a9

ページの先頭へ戻る