社協職員日記

2018.12.14

山茶花のトンネル

  こんにちは 飯高支所デイサービスです。

 今日は、みなさんの心がけが良かったので、良い天気で暖かい日になりました。青空に吸い込まれそうでした。今日のお花見弁当は、エビフライと、牛肉のしぐれ煮、他にも色々美味しそうな料理がならんでいます。お弁当を食べて出発です。粥見地区の山茶花(さざんか)を見に行きました。茶畑にせり出すような山茶花は樹齢約130年、高さ約12メートル、幹のまわり約1.5メートル、枝はり南北約15メートル・東西約11メートルの大木で、氏神様の御神木となっています。平成10年に松阪市指定天然記念物に指定されています。近くで見るとその大きさに圧倒されて、みなさん「わー」っと歓声をあげられて、「すごいなぁ」と声をあげられていました。見頃には少し遅くて花はほとんど散っていて残念でしたが、個人の所有の山茶花と知ると「世話が大変やろな」「ありがたいなあ」と、御好意に感謝する声があがりました。

2018.12.13

第14回社会福祉大会・福祉フェスティバル出展事業所紹介!

こんにちは!福祉のまちづくり課です。

 第14回松阪市社会福祉大会・福祉フェスティバルが12月16日(日)にハートフル三雲で開催されます。今日は屋台村に出店されるボランティアグループをご紹介します。

 

 【父子の会】

  ~日常の活動~

私たち「父子(ちちこ)の会」は、発達障害の子どもを持つ父親有志が集まり、発足しました。

発達障害の子どもがいる父親同士やその家族の交流等を通して、家族の絆を深めるとともに気持ちの分かり合える仲間を作り、発達障害のある人やその家族等も暮らしやすい社会の実現に寄与していくことを目的として活動しています。

 

具体的には、

(1)家族で楽しめる行事の企画及び開催

(2)会員相互の親睦及び交流の促進

(3)発達障害の特性理解及び、一人一人の特徴に応じた支援や配慮のあり方についての学習・啓発活動

などを、随時行っています。

Facebookページ:https://www.facebook.com/CHICHIKONOKAI/

LINE@:https://line.me/R/ti/p/%40ztc0746u

 

 ~出店内容~

 今回の松阪市社会福祉大会・福祉フェスティバルでは「焼きそば 」の販売と、発達障害についてのパネル展示を行います。今回初めて松阪市社会福祉大会・福祉フェスティバルに出展いたします。

美味しい焼きそばを食べて、福祉フェスティバルを楽しんで下さい。

そして、この機会に発達障害について、少しでも多くの人に知っていただけたらと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

2018.12.13

第14回社会福祉大会・福祉フェスティバル出展事業所紹介!

こんにちは!福祉のまちづくり課です。

 第14回松阪市社会福祉大会・福祉フェスティバルが12月16日(日)にハートフル三雲で開催されます。今日はオリジナルショップに出店される事業所をご紹介します。

 

【就労継続支援B型事業所 飯高じゃんぷ】

  ~日常の活動~

利用者が自立した日常生活、たは社会生活を営むことが出来るよう、利用者に対し、(組み立てや梱包などの)請負作業や(さをり織り・ぼかし・アクリルたわしなどの)自主製品の製造・販売を通して、知識や能力・意欲の向上を目指しています。

    また、月に6回、管内4か所に設置された資源ゴミステーションの清掃活動も行っています。

 

~出展内容~

   【さをり織り商品】

 織りての感性から生まれる「さをり織り」をあしらった商品です。手間暇を掛けて丁寧に織り・縫っていますので、多くは作れませんが、織り手・縫い手の感性により、似ているように見えても、一つとして同じものはなく、全てが一点物となっています。どうぞ手にとってその風合いなどを感じてください。

 【松阪木綿しおり】

牛乳パックを再利用したエコな文具です。紙の上へ松阪木綿をかぶせることで、風合いもよく、目にも優しい仕様となっています。

 【松阪木綿くるみボタン・まぐねっと】

 天然染料の独特の風合いで、洗うほどに色が冴え、使うほどになじむ「松阪木綿」を使った、くるみボタンとまぐねっとです。ハンドメイドの材料に、ホワイトボードや冷蔵庫のメモの貼り付けなどにと、その用途は様々です。

  【アクリルたわし】

 洗剤を使わなくても洗い流せるので、お肌にも環境にもやさしい“たわし”です。

  【ぼかし】

  油カスや米ヌカなどの“有機肥料”に土やモミガラなどを混ぜ、発酵させて作る肥料です。土の中の微生物そのものを活性化させて、バランスよく生育を促してくれる有機肥料で、見えない土の中から作物の健康と成長を助けてくれます。

2018.12.12

第14回社会福祉大会・福祉フェスティバル出展事業所紹介!

こんにちは!福祉のまちづくり課です。

 第14回松阪市社会福祉大会・福祉フェスティバルが12月16日(日)にハートフル三雲で開催されます。今日は屋台村に出店されるボランティアグループをご紹介します。

 

 【嬉野おいしい会】

  ~日常の活動~

2010年、松阪市第二地域包括支援センター介護予防いきいきサポーター養成講座(栄養)を修了し、

翌年ボランティアグループ「嬉野おいしい会」を結成しました。この会では、毎月たのしく元気で過ごすための料理について学んでいます。また会員同士で互いに知識と知恵を出し合い、経験をいかした料理作りを進めています。

活動をする中で以下の大切にしています。

  •  地域の作物を使うこと
  •  子どもの頃から食べ慣れているものを作り伝えること
  •  高齢者の体に優しく喜んでいただけるものを作ること

 

 ~出店内容~

今回の松阪市福祉フェスティバルでは「草餅」を出店いたします。

100円以上のご寄付をいただいた方にご提供させていただきます。

よもぎをたっぷり練りこんだ草餅を是非ともお楽しみください。

2018.12.11

第14回社会福祉大会・福祉フェスティバル出展事業所紹介!

こんにちは!福祉のまちづくり課です。

 第14回松阪市社会福祉大会・福祉フェスティバルが12月16日(日)にハートフル三雲で開催されます。今日は屋台村に出店されるボランティアグループをご紹介します。

 

 【米ノ庄を考える会 ハッピースマイル】

  ~日常の活動~

  • 米ノ庄地区に暮らす全ての人々が、これまで培ってきた人と人のつながりや、守り育ててきた文化を継承し発展させ、さらに安心安全なよりよい地域づくりやふれあいづくりを推進させることを目標にしています。

 

  • アルミ空き缶回収による収益金を活動資金に充て、子どもを守る安全パトロールの一環として飛び出し危険表示の看板やストップシールを購入し、小学校に寄付させていただきました。また、米ノ庄住民協議会のふれあい事業である「米ノ庄ふれあい夏祭り」「米ノ庄ふれあいフェスタ」に共催し、地域住民と一丸となり豊かな地域づくりに励んでいます。

 

 

 ~出店内容~

今回の松阪市福祉フェスティバルでは「鳥の唐揚げ」を出店いたします。

カラっと揚げた熱々の唐揚げを是非ともお楽しみください。

 

 

2018.12.11

第14回社会福祉大会・福祉フェスティバル出展事業所紹介!

こんにちは!福祉のまちづくり課です。

 第14回松阪市社会福祉大会・福祉フェスティバルが12月16日(日)にハートフル三雲で開催されます。今日はオリジナルショップに出店される事業所をご紹介します。

 

【社会福祉法人まつさか福祉会  向野園】

~日常の活動~

お菓子工房(クッキー、チーズケーキ、シフォンケーキ等の焼き菓子の製造)

利用者18名で毎日おいしくな~れの思いを込めて一つ一つ丁寧に作っています。

私たちが作ったお菓子でみんながHAPPY(笑顔)になれたら嬉しいです!

 

~出店内容~

クッキー、チーズケーキ、生チョコケーキ、クリスマスギフトの販売

 

第14回社会福祉大会・福祉フェスティバルにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

 

2018.12.10

“優雅な大正琴の音色に”

こんにちは。松阪社協飯高支所デイサービスです。

 最近めっきり寒くなってきました。こんな時は心温まる音楽が聞きたくなります。

 今日は、昭縁会さんに大正琴の演奏を聞かせていただきました。日本の琴の弦は絹製ですが、大正琴の弦は金属製で、音色も違います。日本では、大正時代に流行した弦楽器だそうです。

 

 はじめに『荒城の月』『みかんの花咲く丘』『たきび』を聞かせていただきました。みなさんも馴染みの曲で口ずさみながら聞いていました。『愛して愛して愛しちゃったのよ』が始まったころには、心もすっかり温まり、ポカポカになりました。

 

昭縁会さんは、町内の顔見知りの方が多いので、みなさん喜んでみえました。

2018.12.10

第14回社会福祉大会・福祉フェスティバル出展事業所紹介!

こんにちは!福祉のまちづくり課です。

 第14回松阪市社会福祉大会・福祉フェスティバルが12月16日(日)にハートフル三雲で開催されます。今日は屋台村に出店される地域団体をご紹介します。

 

 【嬉野宇気郷住民協議会】

  ~日常の活動~

 年に1~2回ほど住民協議会ならびに公民館主催の行事に、地域住民の方に手づくり木工品等をプレゼントされています。

~出店内容~

  木工品

   ・おもちゃ

   ・プランター

   ・机

   ・椅子

   ・棚

   ・踏み台

   ・小物入れ

   ・ゴム鉄砲

第14回社会福祉大会・福祉フェスティバルにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

2018.12.10

第14回社会福祉大会・福祉フェスティバル出展事業所紹介!

こんにちは!福祉のまちづくり課です。

 第14回松阪市社会福祉大会・福祉フェスティバルが12月16日(日)にハートフル三雲で開催されます。今日は屋台村に出店されるボランティアグループをご紹介します。

 

 【松阪市食生活改善推進協議会嬉野グループ】

  ~日常の活動~

松阪市食生活改善推進協議会 嬉野グループです。

 

「私たちの健康は私たちの手で」をスローガンに、生涯における健康づくり活動を食を通して地域において推進しているボランティア組織です。

活動内容として

・会員の「健康づくり活動」への意識向上のための研修会。

・テーマに沿った料理講習会や野菜啓発料理教室「簡単!うきうきクッキング」

・離乳食、幼児食教室の試食作り、参加者との交流、アドバイス等。

・ふれあい健康まつり、福祉大会等のイベントへの参加。

・地域高齢者への配食サービスの弁当作り(毎月第4火曜日)

・障がい児地域スクール参加者の昼食作りなどを行っております。

 

 ~出店内容~

今回の松阪市福祉フェスティバルでは「おでん」を出店いたします。

たっぷりと煮込んだ熱々のおでんを是非ともお楽しみください。

 

2018.12.07

平成30年度心配ごと相談員研修会

こんにちは、地域生活支援課です。

松阪市社会福祉協議会では、本所及び各支所において、悩んでいること・困っていること等を気軽に相談いただける場所として、心配ごと相談を行っています。

この度、12月5日(水)に、蒔田勝義氏(高田短期大学非常勤講師)を講師にお招きし、講義とグループワークを交えて研修していただきました。

 

講義では、相談支援の考え方や、心配ごと相談事業の背景や今後の見通しについて等をお話しいただきました。心配ごと相談の場合は、問題(課題)を抱えて相談にみえた方自身が決定して行動に移してもらうことに対する支援であるため、相談員の役割として問題の整理や気づきの促しが大切になる等、相談を受ける際に大切になってくる考え方を教えていただきました。

また、蒔田氏自身、長年社会福祉協議会の職員をされていたこともあり、心配ごと相談事業が全国的に普及した昭和30年代頃の話から、近年の動向までを端的に説明いただきました。

 

その後は、グループ毎に日々の相談業務の中で心がけていることや困っていることを出し合い、共有を図るためグループ毎に話し合った内容を発表いただきました。

最後にまとめとして、相談における留意点として秘密の保持など来談者が安心して相談できるようにするためのポイントや、支援における留意点として心配ごと相談は専門職による相談でないことから、あくまでも来談者自身による自己解決が原則であるというポイントを述べられました。

そして、何より来談者に寄り添い傾聴の態度を貫くことが大切であるというお話をいただきました。

 

今回の研修が相談員の方が来談者に対応する際の参考になり、ひいては相談にみえる方々へのより良い相談対応に繋がればと思います。

ページの先頭へ戻る