社協職員日記

2020.11.20

揥水まちづくり協議会「防災訓練」へ参加しました!

こんにちは! 松阪支所地域福祉係です。

11月15日(日)揥水小学校体育館で「揥水まちづくり協議会」による「防災訓練」が開催され、参加させていただきました。

 

地域にとって欠かせない地域行事である防災訓練が、災害時リーダー的役割を担う、まちづくり協議会役員、安全防災部員、各地区自主防災隊代表の構成で実施されました。

例年は、実践方式で取り組んでいた訓練ですが、対面を伴う取り組みが難しいなか、同じ方向を向いて行う講演会形式での実施となりました。

 参加者が安心して訓練を実施できるよう、感染予防対策として、受付時の「手指の消毒」「体温測定」「健康チェック用紙の記入」「2メートルの間隔をとった、受付整理番号を記した座席シート上での着座形式」「全出入口開放の換気」等の対策をとられました。
底冷えはしますが、避難時には床上での生活となる事も踏まえ、椅子ではなく、床上に着座。もちろん、風邪をひいてはいけないので、座布団持参でした(#^^#)

 訓練は、松阪市防災対策課 防災担当主幹 小泉明弘さんを講師に招かれ「自分たちでおこなう防災 ~洪水避難を考える~」と題し、ハザードマップを使い、洪水浸水想定区域・避難場所の確認、災害時の避難行動、避難に関する情報の確認の仕方、避難行動要支援者の方への取組などを学びました。
また、他地域の災害事例を通して、いかに自助・共助が大切であるのかということを深めました。

 

このコロナ禍においても災害は関係なくやってくる可能性があります。
防災は、知識・意識・認識・組織 4つの「識」が大事であると言われます。学んだ知識を日頃より意識し、危険箇所等の認識をしたり、そして何より組織づくりが大事だと思います。
新しい生活様式で実のある訓練となったと思います。

 

少しずついろんな事が始まっています。
今まで培ってきた地域のふれあい活動ができないなか、新しい生活様式で、安心してくらすことのできるまちづくりのお手伝いに努めたいと思います。

2020.11.13

港地区「ふれあい農園」へおじゃましました!

こんにちは!松阪支所 地域福祉係 です。

 

10月29日 港地区で行われた「ふれあい農園」の芋掘りへおじゃましてきました。

この「ふれあい農園」は、港まちづくり協議会 環境福祉部会主催で行われており、さつまいも苗の植付から収穫と、年間を通じて、港幼稚園園児・港小学校児童と地域の住民方が交流を図る事業です。

学校裏の農道を歩いていくと、「ふれあい農園」が広がっています。地域の方のご厚意で使わせてもらっている農園です。

農園の土はサラサラ、雑草も生えておらず、とても手ごこしく管理されているのがわかります。

 

この日は、自治会長・老人クラブ・民生委員児童委員 方が集い、朝早くからツルや芋の根っこを切ったりマルチをはがしたりして、芋が掘りやすいように念入りに準備をされていました。

 

準備が整った頃に、まずは港幼稚園の園児、そして港小学校4年生の子どもたちが到着し、先生や地域の住民方、地区市民センター所長など、大人が協力をして、皆で次々に芋を掘っていきました。

芋を掘る際、子ども達からは、

「わ~でっかいの採れた!」「土の中にまだ芋あるよ!」「トカゲがおる~」等の元気な声が聞かれました。

年間を通して農園の管理してくださる地域の方々のお力があり、幼稚園や学校のご協力があり…

このような豊かな交流事業が開催できるのだなぁと、心があたたかくなりました。

 

このような取り組みが、地域で長く大切に育まれるよう、応援しています!

2020.11.10

第二地区「CCリング大会」へ参加しました!

こんにちは! 松阪支所地域福祉係です。

 

11月8(日)第二小学校体育館で第二地区まちづくり協議会による「CCリング大会」が開催され、参加しました。
このコロナ禍で、地域行事が中止となり、地域交流がなかなかうまくいかない中、今回は感染予防対策を万全にとられ、恒例の「CCリング大会」を開催されました。

 

CCリングは、小さなお子さんから高齢者までが楽しめるニュースポーツで、1~5人のチームで競います。
床に置いた10個のリングに向かって、5メートル離れた場所から1人5個の小さな輪を投げます。
投げ輪は50センチ、設置するリングは2メートルのホースを輪っかにしたものです。
今回は1チームで5個の輪を投げました。

 

それぞれのリング内には、マイナスも含めた得点カードが裏返しにした状態で置かれ、
全ての輪を投げ終えると、裏返しにされたカードをめくり得点が確認されます。
カードには10点もあれば、マイナス20点もあり、
瞬く間に上位チームがマイナスの得点となる場合もあり、ハラハラドキドキです(#^^#)

私も挑戦しましたが、これまた、なかなか難しい。
入ったと思いきや輪が跳ね返りリングの外、リングの上・・・と、うまい具合にリングの中に入りません。
そして、輪がリングの中に入っても、リング内の得点カードを確認するまでは、まだ喜べません。
第二小学校体育館は、マスク越しの歓声や悲鳴で湧いていました。

 

また、共に食すことが叶わないなか「パン食い競争」ならぬ「パンつかみ競争」と題して、竿につるされた袋入りのパンを手でつかみとる方式で行われました。
自分の好みのパンめがけて走る姿は真剣そのものでした(#^^#)

 

まだまだ交流する為には万全な対策が必要となってまいりますが、
新しい生活様式での地域交流は少しずつ始まっています。
私たち地域福祉係も、地域の皆さんが、安心して交流ができるお手伝いをしていきたいと思います。

 

第二地区の皆さん、ありがとうございました。

 

体温測定中!

松阪弁ラジオ体操で準備運動!

どうかマイナス得点でありませんように・・・・

 

パンつかみ競争(#^^#)

 

 

 

 

 

2020.11.06

幸せのリサイクルプロジェクトを実施しています。

こんにちは!松阪支所 地域福祉係 です。

 

松阪社協 松阪支所では、『幸せのリサイクルプロジェクト』と題して、鎌中地域交流センター、鎌田中学校とともに、大切な思い出が詰まった「鎌田中学校」の学校指定制服全般・部活動用品・学用品などをお預かりし、次に役立てていただける方へとつなぐ取組を試行的に始めました。

 

もし、ご自宅に「鎌田中学校」の制服等がございましたら、是非お譲り下さい!

制服等の物を通して気持ちと気持ちをつなぎ、幸せの輪を拡げていけたらと思います。

 

詳細は、以下の通りとなります。

【探しているもの】

鎌田中学校の学校指定制服全般、部活動用品、学用品

〇 制服         〇 体操服       〇ウィンドブレーカー 

〇 部活動用の用品(バット、グローブ、ラケット、シューズ、画材等の部活動用品全般)

〇 雨合羽など

※お直しが難しい状態のお品は受付をお断りする場合があります。ご了承ください。迷われたら、まずはご一報ください。

※お預かりした制服等は譲渡会(12月予定)を開催予定しています。

 

【受付にかんすること】

〔受付期間〕 令和2年10月12日(月)~11月20日(金)

        平日(月~金曜日)9:00~17:00

 

〔受付場所〕 〇松阪市社会福祉協議会 松阪支所 (松阪市鎌田町213-1)

       〇鎌中地域交流センター      (松阪市鎌田町656)

※お手数をおかけしますが、持ち込みへのご協力をお願いします。

 

【問い合わせ先】

松阪市社会福祉協議会 松阪支所  ☎0598-30-5210

 

宜しくお願いいたします!

2020.11.06

11月も大盛況でした♪

こんにちは。
嬉野支所です。

11月の★のびのびBABY・KIDSひろば★は
読み聞かせ&ハンドマッサージをしました!

読み聞かせには
語彙力が増える
想像力や感受性が豊かになる
集中力がつく
などなどメリットがいっぱい!

日常生活の中で
読み聞かせの時間をたくさん持てるといいですが
子育て中は、何かと忙しいですよね!?
★のびのびBABY・KIDSひろば★では
子どもはもちろん
参加していただく保護者の方にも楽しんでもらう企画が盛りだくさん!

後半は
ボランティアグループ“薫風”で代表されている
丸山さんの指導のもと
セルフハンドマッサージ+αを行いました。

アロマの香りに癒されながら
凝り固まったからだをほぐすことはできましたでしょうか??

昼からは
サツマイモ掘りをしましたよ!

おっきなサツマイモが掘れました!

社会福祉センターに子ども達の声が響き渡り
楽しい時間を過ごすことができました☆

2020.11.06

11月1日(日)神戸まちづくり協議会 ~秋の合同自主防災訓練~ が第五小学校で開催されました。

こんにちは! 松阪支所地域福祉係  神戸地区担当の柳瀬です。

11月1日(日)神戸まちづくり協議会 ~秋の合同自主防災訓練~ が第五小学校で開催されました。

今年は、新型コロナウイルスの流行による感染症予防対策として、規模を縮小し各自治会3名で募り総勢74名が参加!

テーマは 「感染症対策と避難行動・避難所運営」 として

感染症対策を考えた避難所運営や、避難所において必要な備品の組み立てや使い方の体験を行いました。

自治会別に4班に分かれ、○○自治会の○○さんと分かるように其々に名札を付けて行動

①避難所受付訓練 ②起震車体験 ③段ボールベット組立訓練 ④マンホールトイレ組立訓練・非常用トイレ体験の4つブースを順番に回ります。

私たち社協は、マンホールトイレ組立訓練・非常用トイレ体験を担当しました。

災害用マンホールトイレは、下水道が通っている小中学校や、防災拠点となる市役所・地域振興局、鈴の森公園、ワークセンターなど37カ所に設置されています。

大災害時にはそのトイレも使えなくなる場合がある為、断水時のトイレの使い方や、トイレ凝固剤の実演、避難所運営においての犯罪防止の注意点などを女性目線でお話しをさせていただきました。

身近で大切な問題でもある為、質問も沢山出てメモを取られる方もみえました。

これから起こり得る大規模災害に、自分たちの命をどう守りどう備えるか!「自助」の取組みと

地域で共に支え助け合う「共助」の取組みに、今後も社協として携わっていきたいと思います。

自治会の防災訓練もお手伝いさせていただきますので、お気軽にお声掛けください!(^^)/

神戸地区の皆さん、消防団神戸分団さん、関係機関の皆さん ありがとうございました。

2020.11.06

利用者様のお楽しみ。

こんにちは。
嬉野支所生活介護事業所です。

利用者様の生活介護でのお楽しみの過ごし方をご紹介します。

『ジェンガ』
倒れないように慎重に!

倒れると負けのゲームですが
負けても笑える、楽しいゲームです。

『植物』
成長を楽しみにされています。

『釣り』
オオモノだ~!!
の時もありますが
いろいろなモノを釣りあげて
楽しんでいただいております。

2020.11.05

思いやりに感謝

こんにちは。
嬉野支所生活介護事業所です。

利用者様とそのご家族様から
あたたかいプレゼントをいただきました。

利用者様から
手編みの手袋。

これからの季節の必需品です。
寒さも吹っ飛びます!

ご家族様から
手作りマスク。

とっても素敵なマスクです。
コロナ感染予防に大活躍です!

心のこもったプレゼントをありがとうございます。

2020.11.04

今年も「松阪まちなかレオパークコンサート」へおじゃましました!

こんにちは!松阪支所 地域福祉係 です。

10月25日「松阪まちなかレオパークコンサート」の最終日へ、コンサートの応援と赤い羽根共同募金運動の案内の為、おじゃましてきました。

この松阪まちなかレオパークコンサートは、ライオン像で有名な“ポケットパーク”にて、日曜日に開かれているコンサートです。今年で3年目を迎えられました。

このコンサートの目的は、グループの生演奏を聴いてもらい、観光客に松阪の良さを伝えることや、若者に楽器に興味を持ってもらうこと、また高齢者の憩いの場づくり等、地域活性化を期待したものです。

また、松阪まちなかレオパークコンサートでは、実行委員会代表の加藤文基さんの“3つの募金口がある手作り募金箱”を常設、まちづくりへの貢献やコンサート活動の持続可能性を考慮した工夫をされています。

募金口の3つは、1つ目はバンドへ、2つ目はコンサートの運営へ、3つ目は赤い羽根共同募金へと分かれており、それぞれに募金ができるしくみになっています。

この日のコンサートは、ザ・サークルさん、飛び入り参加で、ハーモニカ演奏 オノさん、The tropical jazz band マーフィーさん、美杉から タカダさんが共演され、演奏をご披露されていました。

 

ザ・サークルさんの定番ソングで楽しい時間を過ごし、みんなで『ふるさと』を唄ったり、『カントリーロード』で調子をとって手拍子したり…

「つらいことはわかってるのさ~♪さぁ陽気にいこう♪」人生を楽しく生きることの大切さを、楽しく覚えることができる ザ・サークルさんの唄です!

今年も、皆様と楽しい時間を過ごさせて頂きました♪

社協からは赤い羽根共同募金の案内をさせていただき、今年はこのコンサートを通して、10,366円の募金協力をいただきました。

 活動を通して募金を呼び掛けてくださった出演者の皆様、募金にご協力をいただいた皆様、本当にありがとうございました。皆様よりお預かりいたしました募金は、次年度の福祉活動へとつなげさせていただきます。

 

 ライオン像のいる“まちなか”から音楽♪が聞こえてきて…道行く人が足を止め、歌ったり、リズムに乗って手拍子をしたり、おしゃべりに笑ったり…

音楽の素晴らしさや、境界線を越えて楽しい時間が過ごせるステキな取り組みであることを改めて感じさせていただきました。

この素敵な取組みが、ずーっと続きますように☆

 

2020.11.04

希望くんが嬉野にやってきた♪

こんにちは。
嬉野支所です。

11月1日
秋晴れの心地よい天候の中
豊田地区の文化祭が開催されました。

新型コロナウイルス感染拡大防止により
今年度に入ってから
さまざまなイベントが中止となり
とても残念な思いでいましたが
感染予防対策を講じながら開催された文化祭には
地域の方がたくさん参加され
みなさんの笑顔があるれるステキな時間でした。

豊田文化祭は
《歳末たすけあい》地域福祉活動助成金を活用していただいていることもあり
赤い羽根共同募金マスコットキャラクターの『希望くん』が登場!

地域の方々と触れ合うことができ
希望くんも大喜びでした💛

また
たくさんの方から募金のご協力をいただきました。
善意の募金は
来年度の地域福祉活動に役立てさせていただきます。
ご協力ありがとうございました。

ページの先頭へ戻る