社協職員日記

2019.12.05

紅葉を見に・・・

  こんにちは。松阪社協 飯高支所デイサービスです。

  朝から雨が降りそうな、どんよりとした曇り空。でも、気持ちは晴れ!午後からは紅葉を見に行きます。旬の食材を使った美味しそうなお弁当を食べたら出発です!最初に、波瀬地区に銀杏を見に行きました。目が覚めるような黄色の銀杏の葉は、とても綺麗で、「すごいなー」と言ってみえました。その後、波瀬ゆり館の近くの橋から、真っ赤な紅葉を見てもらうと、みなさん「やっぱり赤いのはキレイやな」と話してみえました。川原におりると少し寒かったですね。

2019.12.04

徳和住民協議会の“とくわっ子「ほっ」とくらぶ” に行ってきました!

こんにちは! 松阪支所  地域福祉係です。

11月16日(土)徳和住民協議会の“とくわっ子「ほっ」とくらぶ” に行ってきました!

この “とくわっ子「ほっ」とくらぶ” は、

地域で子ども達を育み、子ども達(とくわっ子)が「ほっ」と安心できる居場所づくりをめざしてネーミングされました。

社協の「小地域福祉活動助成金」の「子どもの居場所づくり」をご活用いただきながら、

徳和地区にお住まいの地域の方々と、外国籍の児童及びそのご家族が

安心して暮らすことが出来るような交流の仕組みづくりとして今年4月に発足し、

徳和公民館(市民センター)での開催が今回で3回目となりました。

徳和小学校の土曜授業終了後、子ども達がランドセルを背負い徳和公民館にやって来て

「こんにちは~」「お腹空いた~」という元気な声が聞こえてくると “とくわっ子「ほっ」とくらぶ”  が始まります。

まずは、手を洗ってからボランティアさんが作る特製カレーでお昼ごはん。

子ども達と、そのご家族も参加していただき和気あいあい^^

カレーもおかわりしてモリモリ食べてくれました。

食事の後は、楽しい遊び体験として「缶バッチ作り」と「Xmasバルーン作り」を行いました。

 

食事の後は、楽しい遊び体験として「缶バッチ作り」と「Xmasバルーン作り」を行いました。

今回で3回目となり、初回は8名だった参加児童も、31名にまで増えました。

「中1になっても来ていい?」と言ってくれる子や

前回参加してくれた子が、友達を誘って来てくれるなど

とくわっ子の輪が広がっています。

子ども達の笑顔が、徳和地区にお住まいの皆さんの笑顔に繋がっていくんだと実感し胸が熱くなりました。

徳和地区の皆さま、ありがとうございました!

「ナカティラ アコ サ トクワ」 私は徳和に住んでいます。

「サラーマット ハンガン サ ムリ」 ありがとうございました! 

また会いましょう! (*^▽^*)ノ

 

 

2019.12.03

松阪市社会福祉大会 雨天時のお知らせ!!

 

 

 令和元年12月15日(日)第15回松阪市社会福祉大会・福祉フェスティバル 開催!!

 雨天時の駐車場として、「三重県畜産試験場の駐車場」シャトルバス送迎予定でしたが、都合により「(株)松本組様倉庫前駐車場(松阪市嬉野権現前町1406)」に変更になりました。

 シャトルバスの送迎はありませんのでご注意ください。

2019.12.02

第四地区にて アルミ缶で参加できる『親子太極拳教室』が開催されました!

 松阪市社会福祉協議会 松阪支所 地域福祉係 です。

11月17日(日)市民活動助成事業 赤い羽根共同募金の配分団体 アーナンダさんによる『親子太極拳教室』が開催されました。
 アーナンダさんは、健康寿命の延伸を目的とする勉強会・活動の実施や太極拳教室の開催、青少年の健全育成のための活動、また、地域福祉実現のためアルミ缶やペットボトルキャップの収集活動、福祉施設へのボランティアなどの活動を行ってみえます。

 この日は、『親子太極拳教室』として、洗浄したアルミ缶を参加費として持参していただいた親子の方が多数参加されました。

    講師として、日本健康太極拳協会 楊名時 (ようめいじ) 太極拳友好会 三重県支部 赤田 智彰 (あかだ ともあき) さんが太極拳の指導を行われました。

 赤田先生は、太極拳についてわかりやすく丁寧に説明され、ゆっくり体操から始められました。しばらくして体が整ってきた頃に、いよいよ太極拳の本番が始まり、いわゆる“太極拳”と聞いてイメージをするなめらかな動きを先生の丁寧な指導のもと、みんなで行っていきました。

先生は、「競うのではなく自分の無理ない範囲で、ゆるく行うことが大切」であることを何度も説明され、心身ともにリラックスすることの大切さについて伝えられていました。

 

 最後は、『参加費』であるアルミ缶を、松阪市社会福祉協議会のマスコットキャラクター 福っきーが回収をさせていただき、回収されたアルミ缶がボランティア方の手により整理され車椅子の購入費として役立てられることを説明させていただきました。

 また、この活動の運営に役立てられている「赤い羽根共同募金」について、その仕組みも含め説明をさせていただきました。

 

 「福祉」「青少年の健全育成」「健康」などをキーワードに、素敵な循環のしくみを考えられ、松阪市内でその素敵な輪を拡げてみえる「アーナンダ」さん。そして、赤田先生。

 これからも応援していきたいと思います!

 ありがとうございました。

2019.12.02

11月10日(日)晴れ渡る秋晴れの空の下 神戸まちづくり協議会 ~秋の合同自主防災訓練~ が開催されました。

この防災訓練は、自治会単位で避難経路や避難場所の確認をしながら、避難所である第5小学校へ集まります。

到着後近隣の自治会で4班に分かれ、何処の自治会の○○さんと分かるように

其々に名札を着用しグループで行動をします。

災害体験コーナーや防災クイズなどを通じて楽しく学ぶ防災訓練として、防災意識を高めることを目的としており①炊き出し訓練 ②バケツリレー ③簡易担架体験 ④大声競争と車いす の4つブースを順番に回ります。

車いすブースでは、垣鼻町にある「グループホームなごやか」と「グループホームまごころ」の管理者さんにお手伝いいただき、ジンリキ車いす・車いす・リヤカーを実際に乗って体験していただきました。

 

また社協から「炊き出し訓練」としてハイゼックス米(ビニール袋でご飯を炊く)と、

アルファ米(湯や水を注ぐだけで煮炊きせずに出来るご飯)や最近の非常食を紹介し、実際に召し上がっていただきました。ハイゼックス米は炊き立てであった為、「美味しい!」と大好評でした。

 

この防災訓練は、神戸地区にある高齢者、障害者施設にも参加していただき、

大規模災害に備え、共に地域で支える“共助”の訓練を目的としています。

地域の要配慮者支援として災害時の配慮者への対応や、

お互いの顔が見える関係づくりに繋げる取組みとしており、

今回は総勢191名が参加、うち高齢者・障害者施設の利用者さんや職員さん30名にもご参加いただくことができました。

 

これから起こり得る大規模災害に備えて、自分たちの命をどう守るか、

地域で共に支え救える命を救うという取組みに、今後も社協として携わっていきたいと思います。    

神戸地区の皆さまありがとうございました。

 

2019.11.25

「災害ボラセン・サポーター養成講座」受講生募集のお知らせ

 松阪市ボランティアセンターです。

 災害発生時に各地から集まるボランティアをスムーズに受け入れ、災害ボランティアセンターの運営を手伝っていただける人材を育成する講座です。

 今年発生した九州豪雨災害や台風による被害などで、全国各地で沢山のボランティアが活動をされていることはみなさんの目にもとまっていることかと思います。災害発生時にはボランティアの受入れ体制をいかに早くするか、また地域のことに精通した人材が存在するかがポイントとなり、その後のボランティア活動を大きく左右します。これは地域の復興へのスピードにも影響を及ぼす重大なものです。

 この機会に地域の受援力を高め、災害に強いまちづくりに共に取り組みましょう。

 詳しくは、ボランティアセンターまでお問い合わせいただくか、社協広報誌11月号をご覧ください。

 

【日程・講座内容】

 第1回 1月29日(水)13:30~16:00 

「災害ボランティアセンターとは?サポートスタッフが身につけたいチカラとは?」

     講師 松阪市社会福祉協議会職員

 

第2回 2月 5日(水)11:00~16:00

「地域における防災力の重要性 ~生き残り、生きのびるために必要なこと~」

 ※防災食づくり(昼食)

     講師 三重大学地域圏防災・減災研究センター  水木 千春さん

 

第3回 2月12日(水)13:30~16:00 

「被災者の気持ちに寄り添い、ニーズを的確に把握する ~災害時の傾聴とは~」

    講師 NPO法人みえ親子・人間関係研究会  小林 博子さん

 

第4回 2月19日(水)13:30~16:00 

「外部支援団体(専門ボランティア)との連携」

    講師 天理教災害救援ひのきしん隊 三重教区隊

 

第5回 2月29日(土)13:30~16:00 

「災害ボラセンの運営(体験訓練)」

    講師 防災ボランティアネットワーク松阪  堀端 修さん

 

会  場 ハートフルみくも スポーツ文化センター会議室(松阪市曽原町2678)

定  員 20名

 申込期間 令和元年11月11日(月)~令和2年1月20日(月)まで

 

 

 

【災害ボランティアセンターの様子】

 

2019.11.21

たんぽぽ大運動会

  こんにちは。松阪社協 飯高支所デイサービスです。

 爽やかな秋晴れになりました。ボイラーの工事ではみなさんに大変ご迷惑をおかけしましたが、今日からは今まで通り湯船にゆっくりとつかっていただけるようになりました。そして今日は運動会です。紅白のタスキを頭に巻いて、最初に玉入れが始まりました。赤組も白組もたくさんの玉をかごに入れて大ハッスル!続いて綱引き(綱送り)です。どちらのチームもしっかり手が動いて、すごく早くてビックリしました。「やっぱり女性は何をしても強いなあ」との声が聞こえてきました。最後は楽しみにしていたパン食い競争です!みなさんいい顔でパンにかぶりついていました。もちろん職員も本気でパンと戦っていました。「今日の運動会楽しかったわ」「自分でしとるより職員見とる方がおもしろかった」とニコニコの笑顔で話してみえました。今年は赤組が優勝しましたが、白組のみなさんもしっかり手足を動かしてくれていました。

2019.11.13

とのまちカフェで、バルーンアートイベントを開催しました。

 こんにちは!みんなの居場所づくり事業「とのまちカフェ」です。

 11月8日(金)は、バルーンアートイベントを開催しました。講師に堤さんをお招きし、バルーンアートの作り方を教えていただきました。

 講師や職員に聞いたり、利用者さん同士で作り方を確認したり、四苦八苦(>_<)でしたが、出来上がると嬉しさもひとしお! みなさん、わいわいと楽しく過ごしました(^^♪

 今後も『いつでも気軽に立ち寄れる居場所』『ホッと一息つける居場所』として「とのまちカフェ」のコミュニティースペースを展開します。これからもよろしくお願いいたします。

2019.11.08

みんなの居場所づくり事業「太極拳をやってみよう!」

こんにちは!松阪支所地域福祉係です。
11月22日(金)、みんなの居場所づくり事業として「太極拳をやってみよう!」を松阪支所 地域交流多目的室にて開催いたします。
参加者同士がアットホームな雰囲気のなかでコミュニケーションをとりながら、太極拳でリラックスしゆったりと過ごしていただけたらと思います。
太極拳には、“姿勢がよくなる。代謝がよくなる。バランスがよくなる。心豊かな社会生活が送れる”等、魅力的な効能があります。心と身体の緊張をといて、正しく立って、深い深呼吸をして、体のすみずみに酸素と栄養を送る・・・どなたにも楽しんで頂ける簡単な動作です。
申込みは松阪支所 地域福祉係 ℡0598-30-5210 申込期限は11月18日(月)です。みんなでリフレッシュしてみませんか?申込みご連絡お待ちしております。

2019.11.07

「松阪まちなかレオパークコンサート」へおじゃましました!

こんにちは!松阪支所 地域福祉係です。

 

今年も10月1日~赤い羽根共同募金が始まっています!

松阪市内各所で地域の皆様方が様々な形で募金運動にご協力をいただいており、心よりお礼申し上げます。

皆様のあたたかなお気持ち、ありがとうございます!

 

10月20日「松阪まちなかレオパークコンサート」へおじゃましてきました。

この松阪まちなかレオパークコンサートは、ライオン像で有名な“ポケットパーク”で、昨年から日曜日に開かれているコンサートです。

このコンサートの目的は、グループの生演奏を聴いてもらい、観光客に松阪の良さを伝えることや、若者に楽器に興味を持ってもらうこと、また高齢者の憩いの場づくり等、地域活性化を期待したものです。

また、併せて、赤い羽根共同募金も継続的に行っていただいております。

 

この日のコンサートは、「ザ・サークル」さん、京都から「原ファミリーバンド」さん、そして大阪の「ねじまきお」さん の3バンドが演奏をご披露されていました。

 

 

 

 

最後には、みんなで歌い、とても楽しい時間を過ごさせて頂きました!

また、しっかり赤い羽根共同募金の案内と協力の呼びかけを行っていただき^^ 今年はこのコンサートを通して、5,164円の募金協力をいただきました。

 活動を通して募金を呼び掛けてくださった出演者の皆様、募金にご協力をいただいた皆様、本当にありがとうございました。皆様よりお預かりいたしました募金は、次年度の福祉活動へとつなげさせていただきます。

 

 “まちなか”から、音楽♪を通して、歌ったり、リズムに乗って手拍子をしたり、おしゃべりに笑ったり…あたたかな輪が広がっていくような、素敵な活動であることを改めて感じさせていただきました。

本当に、ありがとうございました!!

 

ページの先頭へ戻る