社協職員日記

2021.04.28

松阪社協 令和3年度スタート!! 新しい仲間と共に

令和3年度 新しい職員を迎えてスタートです!!

ふだんの くらしを しあわせに

誰もが安心して暮らせる福祉のまちづくり

職員一丸となって地域の皆さまと共に取り組んでいきます。

新しい仲間と共に応援メッセージ

2021.04.23

神戸地区の『ふれあいウォーキングと芝桜鑑賞会』に参加しました。

 

こんにちは!松阪支所。地域福祉係です!!

 

コロナ禍でもつながりを絶やさない地域の活動を紹介します。

 

4月10日(土)に神戸まちづくり協議会主催の『ふれあいウォーキングと芝桜鑑賞会』が開催され、参加させていただきました。

 

毎年恒例の行事ですが、昨年は新型コロナウイルスによる影響で中止に…。「今年こそは!」という皆さまの想いが届いたのか、当日は絶好のウォーキング日和に恵まれました (^^)

 

協議会の村田哲也会長の挨拶で開会し、その後は健康センター『はるる』の保健師さんによる準備体操とウォーキング時のポイントについてアドバイスを受けました。準備もバッチリという事で、いざ出発です!

 

当日は約60名の方が参加されました。

2班に分かれ、神戸地区市民センターを出発し、金剛川沿いの堤防を通り、皆川神社で休憩。再び堤防沿いを通って、第五小学校の芝桜を鑑賞しながら2.2㎞のコースを歩きました。

 

参加者の方からは「花キレイやな~。」・「車と違ってゆっくりと景色を楽しめるなぁ。」といった声があり、徒歩ならではの景色を楽しむことができたのではないかと感じました。

ウォーキング終盤には小学校のグラウンドで遊んでいた子どもたちから「ウォーキングをしているの?頑張ってね~。」と可愛い声援が送られる場面も!参加者の方も「そうやって言ってくれるのは嬉しいね。」と話されており、思わず笑顔になりました。

 

普段運動をしないという方も楽しくウォーキングをしている姿が印象的でした。健康づくりだけでなく、ウォーキングの際に、地域のシンボルである芝桜を皆で一緒に鑑賞できる機会があることは素敵だなと感じました。

 

当日まで準備をして下さった神戸地区まちづくり協議会の皆さま、参加者の皆さま、楽しいひとときをありがとうございました!

2021.04.15

たくさんのクレソンを・・・

  こんにちは。松阪社協 飯高支所デイサービスです。

 波瀬地区にある“波瀬の風”の北川さんに、たくさんのクレソンをいただいて、さっそく厨房で美味しい料理を作ってもらいました。小鉢は歯ごたえがシャキシャキなクレソンのお浸しで、お味噌汁にもクレソンが入っていました。見た目も鮮やかな緑色で、食欲をそそります。みなさん「おいしいよ、食べたい?」と聞きながら嬉しそうに食べてみえましたよ。“波瀬の風”ではクレソン鍋が有名だそうです。波瀬の名物のクレソン、今年も食べる事ができて春を感じました。

 

2021.04.01

日本財団さんより

  こんにちは。松阪社協 飯高支所デイサービスです。

 日本財団さんより寄贈していただいたピカピカの新車が、29日にやってきました。カラフルないっぱいの笑顔が手を振っているマークが横についていて、とっても愛嬌のある車です。送迎で使用していきますので、走っているところを見かけたら手を振ってくださいね。「ええ車やなぁ」と、嬉しそうに乗り込んでいただいています。車椅子のままでも最大4人の方が乗っていただけるようになっています。

 

KODAK Digital Still Camera

KODAK Digital Still Camera

KODAK Digital Still Camera

KODAK Digital Still Camera

KODAK Digital Still Camera

KODAK Digital Still Camera

2021.04.01

港地区『サロン・ド・みなと』におじゃましました。

松阪市社会福祉協議会 松阪支所 地域福祉係 です。

港まちづくり協議会 環境福祉部会主催 3月の『サロン・ド・みなと』におじゃまさせていただきました。

 

『サロン・ド・みなと』は、高齢の方を中心とした介護予防を目的として、飲み物とお茶菓子セット100円で月1回開催されています。

 
 準備・運営は、部会の役員さんとボランティアさんで行われ、松阪市・第四地域包括支援センター・社協等が、講話やレクリエーション、介護予防体操などの催しで協力をさせていただき、参加された方はお茶を飲みながら楽しい時間が過ごせる工夫がなされています。

 

  今年度は、感染症予防について何度も話し合いが行われ、月によってはお休みしなければならないこともありました。

  また、お休みが続いた時期は、カフェの参加者さんより「いつ再開するの?」「早く開催してほしい」などの声があり、部会の役員さん方は、開催への想いと“感染予防対策をしっかりしなければ”という現実との葛藤もあられたと思いますm(__)m

  こまめな話し合いを経て、地区単位開催に変更し、月1回から2回に分けて集まり、密を避け、とても丁寧に消毒をする等 染症予防対策を徹底した上で時期を見て開催されています。

 

  3月は、社協より松阪市ボランティア連絡協議会に登録、活動されているボランティア団体さんに相談をし、サロンへ来ていただきました。

 

それでは、3月のサロンの様子を紹介いたします!(^_^)

 

  冒頭は、副部会長 門山さんの流暢な司会から、部会長でありサロンのマスターである 八田さんの心温まる挨拶で始まり、恒例の『お誕生日祝い』が行われます。

 

副部会長 門山さんの流暢な司会でスタート!

部会長 八田さんの心温まる挨拶 から、お誕生日祝いへ…☆

 

 

 

 

 

 

 

 

お祝いの品は、カラフルなエコバック。マスターよりお渡しされます。

 

 

3月前半の回は、松阪折り紙ボランティア『おり姫』代表 小西さんに来ていただき、鶴のリースづくりを教えていただきました。

 鶴のリースはとてもきれいで皆さん完成品を大切にお持ち帰りされていましたが、いざ作るとなると皆さん苦戦されているお姿も…(^_^)。 

 折り紙を折りながら「この次はどうするんやった?」「どうしたらこの形になる?」等相談しながら作られていることがなんだかあたたかく、皆で一緒に作ることっていいなぁと胸がほっこりしました。

カラフルな鶴のリースです♪

小西さんに折り方を教えてもらいました。

 

 3月後半の回は、『大正琴アンサンブル・カラーノート』の皆さんに来ていただき、大正琴・ドラムの演奏をしていただきました。

 
 大正琴は、低音~高音に分かれ、オーケストラ形式になっており、そこにドラムやパーカッション等の打楽器等が加わり、とてもかっこよかったです。

 選曲は定番の『北国の春』『ずんどこ節』や、春にまつわる曲 メドレー等。思わず、「懐かしいなぁ」と口ずさむ方もいらっしゃいました。

 
 また、この日は、東黒部地区の方も視察見学にいらっしゃっていました♪

大正琴アンサンブル カラー・ノートさんの演奏です♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サロンがあるからこそ、生まれる出会いやコミュニケーションがあり、そんなあたたかいものが交差する場所を作ってくださっていることは、とても貴重でありがたいことだと感じられました。

 
 早く皆様がのびのびと集い、『サロン・ド・みなと』のテーマソングが大きな声で歌える日がきますように…☆

2021.03.29

花岡地区での『コロナ禍でも繋がりを絶やさない活動』を紹介します!

 こんにちは!松阪支所・地域福祉係です!コロナ禍でもつながりを絶やさない地域の活動を紹介します。

 

 3月15日(月)に花岡地区福祉会主催で『在宅介護者のつどい』が開催されました。

 

 当日は、在宅介護をされている方々を対象に、当協議会 在宅福祉サービス課 宮下るり子 看護師より、『コロナ禍でも、安心して介護ができるあり方』という内容で講話をさせていただきました。

 

 講話は、『1.ウイルスとは、いったい何だろう』『2.不安が体に及ぼす影響とは』『3.自分自身の不安と向き合おう』『4.正しい予防方法を知ろう』という構成で進めていきました。

 

 1時間という限られた時間でしたが、参加者からは「分かりやすかった」「楽しく理解できた」「ちょっと安心して介護ができる気がする」といった感想が聞かれました。

 

 コロナ禍での介護は、様々な不安を感じていられた方も多かったかと思いますが、今回のつどい事業を通じ、コロナウイルスや感染予防等についての知識が得られ、少しでも不安が取り除かれたのではないかと思います。

 

 コロナ禍でも行事が開催できるよう準備や感染予防対策を進めていただき、花岡地区福祉会の皆さま、ありがとうございました!

 

 

2021.03.29

揥水まちづくり協議会 ワンデイサロン講座「もめんノートを書いてみませんか」へ参加しました!

こんにちは!松阪支所 地域福祉係です。

コロナ禍でもつながりを絶やさない地域の活動を紹介します。

 3月初旬、揥水まちづくり協議会主催 ワンデイサロン講座『もめんノートを書いてみませんか』へ参加させていただきました。

 

 『もめんノート』は、松阪市がエンディングノートとして作成されたものです。高齢者はもとより、高齢者以外のご家族等にも、病気や事故など『もしも・・・』のことがあった場合に、ご自身の考えや想いを伝えることができるようにと工夫されたノートです。

 

 今回は、ワンデイサロン事業部員が各々作成した『もめんノート』の活用法とその必要性について紹介し、第四地域包括支援センター 柴田さんが解説をする形の講座となりました。

部員のみなさんによるエピソードを交えた紹介は『もめんノート』をとても身近なものとして感じるきっかけとなりましたので、一部を紹介させていただきます(#^^#)

 

   ~わたしにとっての『もめんノート』~
★(自身・家族の緊急搬送を体験したことから)緊急時対応に役立つもの。

★自分を振り返るために役立つもの。

★財産管理、相続時のトラブル防止に備えるもの。

★じぶんの想いを家族に伝えることに役立つもの。

☆『自分ノート』として自分の書きたいところだけ、楽しんで書く。

☆まず、読んでみるもの♪

 

 

 

 参加された方からは「共感できた」「実体験に基づいた話が心に染みた」「家に帰ったら書いてみようと思った」などの声が上がりました。   
 このようなノートを手にすると、どうしても全部書かなくてはいけないという思いになります。「まずは、読んでみませんか?」「書きたいところだけ書いてみませんか?」と問いかける形の紹介が、参加者の『やる気スイッチ』につながる『きっかけの場つくり』になっていると思いました。

 

『エンディングノート』と捉えるとデリケートな内容となりますが、このように楽しみながら『自分のノート』として活用することは素敵な発想だなと思いました。

 

 みなさんも『もめんノートかいてみませんか』

櫛田地区のみなさん、ともに学ばせていただきありがとうございました!!
これからも、地域のみなさんが安心して暮らせるまちづくりの応援をさせて下さい(#^^#)

(参照)松阪市版エンディングノート『もめんノート』松阪市ホームページhttps://www.city.matsusaka.mie.jp/site/koureisya-wel/endingnote.html

2021.03.26

避難訓練で

  こんにちは。松阪社協 飯高支所デイサービスです。

 17日は、昼から2回目の避難訓練がありました。地震を想定した訓練で、みなさん「本当におこったら大変」と真剣に取り組んでみえました。地震が起きたら上から物が落ちてこないように頭を守って少し伏せてもらい、周りの揺れがおさまったら避難開始! 暖かくいい天気で玄関先まで職員と一緒に避難します。慌てずゆっくり安全に移動します。全員が集まったら防火管理者からの、地震についてのお話にみなさん真剣に耳を傾けてみえました。どんなことが起こっても、すぐに対応できるように職員もいつになく真剣に取り組んでいました。

2021.03.25

なめり湖の桜を見に行ってきました♪

こんにちは。
嬉野支所生活介護事業所です。

少し早いですが
嬉野の桜の名所『なめり湖』に花見ドライブに行ってきました!

八分咲きの桜の木もちらほら見られましたよ。

ぽかぽか陽気のとてもいい日でした。


がんばって階段を上った先には・・・

なめり湖が一望できました!

みなさまも一度訪れてみてくださいね。
来年度も生活介護の活動を紹介していきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

2021.03.23

爽やかなモクレンと

  こんにちは。松阪社協 飯高支所デイサービスです。

 今日はみなさんが楽しみにしているお花見です。美味しそうな花見弁当をお腹いっぱい食べて、手作りのいちごパンケーキを食べて、落ち着いたら出発です。最初は粟野地区にモクレンの花を見に行きました。外はとてもいい天気!車を降りると真っ白な花が左右に見えて吹いてくる風もとても爽やかでした。「私も写真撮って!」とニコニコ笑顔で呼んでくれる方もみえました。その後、森地区のスメールにある“しだれ梅”を車から見て、窓を開けるととてもいい香りがしました。その後は、波瀬地区の“花桃”を見に行き、車から一緒に写真を撮りました。まだ少し早く蕾が多かったので、機会があればまた見に行きたいですね。

 

ページの先頭へ戻る