社協職員日記

2019.07.10

大石地区まちづくり協議会 「災害図上訓練(DIG)」 が大江中学校で開催されました。

こんにちは! 松阪支所地域福祉係です。

7月7日(日)大石地区まちづくり協議会 「災害図上訓練(DIG)」 が

大江中学校のランチルームにて開催されました。

地域の防災・減災に向けて、この大石地区では災害への備えとしてより実践的な

【大石地区防災計画】を作成する為、第1回目のワークショップとして開催。

指導講師として、三重大学 准教授であり

地域圏防災・減災研究センター 社会連携部門長であられる川口淳さんをお招きし

大石地区3町を5つのグループに分けグループワーク形式で実施しました。

まずは、それぞれの地域の地図を基に、河川・水路・貯水池は水色マーカー。

道路は茶色マーカーで色分けし地域の地形を確認します。

次に防災資源の所在確認として、

公共機関・学校幼稚園等・消防交番・医療関係の場所に色分けしたシールを張り、

ハザードマップを見てイエローゾーン・レッドゾーンの色塗りをします。

その地図の情報を踏まえながら

実際の自分の行動を(自分だったらどうするか?どこで何をしていますか?)

台風接近を想定し時系列で皆の行動を発表し合います。

①台風発生(2日前)  ②雨が降り出す(1日前夕方)

③大雨洪水注意報発令(当日早朝)

④大石地区全域に避難準備高齢者等避難開始(当日昼)

⑤大雨洪水警報・土砂災害警報 避難勧告発令 

⑥避難指示発令 大石全域が停電

接近に伴い、台風進路の確認や、食材の買い出し、田んぼの水路確認、家の周りの片付け・戸閉めなど

「自分は何をしているか?」一つずつ確認しながら付箋に書き出しましたが、

避難指示が出ても避難されない方が多く

先生の「あなたはいつ避難しましたか?」

「もう土砂で流されている可能性がありますよ」の言葉に皆さん衝撃を受けておられました。

その後、反省と検討を行い

一人暮らしの高齢者は「迷惑かけるで行かへん」と言われるが、

先頭に立って動くリーダーを作り、みんなが一緒に行こう! 

と誘い合うなど隣近所の“地域の助け合い”が必要である。

また、雨が少ない動けるうちに早い段階で避難をしよう! など沢山の意見が出ました。

この大石地区は、昨年台風による土砂崩れが起こり、生活道路が寸断。各所で停電が発生した地域です。

この被害を教訓として、「ここは一人暮らしやで」「ここのお婆ちゃん連れてかなあかん」と

顔の見えるご近所の同じ地区で話し合いを行うことにより

自らの命を守る(自助)とご近所で助け合おう(共助)の思いが自然と生まれ実践に繋がります。

今回のDIG訓練により、ご近所さんが同じ地域のことを一緒に考える有意義な機会となり

この大石地区の団結力と地域力を深く感じました。

9月にはこの訓練を踏まえ避難訓練が開催されます。

地域の実情に沿った訓練が実践できるよう取組みを進めていくとのことです。

大石地区の皆さん、三重大学 准教授 川口先生、松阪市防災対策課さん ありがとうございました。

9月もよろしくお願いいたします!!

 

※【DIGとは】Disaster(災害)Imagination(想像)Game(ゲーム)の略で災害訓練の方法です。

 参加者が地域の地図を囲んで、ゲーム感覚で災害時の対応(危険個所の確認や避難経路など)を考える訓練のこと。

2019.07.10

茅広江まちづくり協議会「“在宅介護者のつどい」に参加しました!

こんにちは! 松阪支所地域福祉係です。

7月6日(土)茅広江地区の “在宅介護者のつどい“ が開催されました。

この取組みは、茅広江まちづくり協議会の健康福祉部会が、

高齢のご家族を自宅で介護されている方を対象として、介護に関するノウハウを学び、

介護の悩みや思いを地域の方や、同じ介護者さんとわかち合い、

日頃の介護疲れを癒していただくリフレッシュの場として、毎年開催されています。

今年は、高齢のご家族を自宅で介護されている方や、ご家族が高齢になりこれから介護に関わってくる、

またはご自身が介護を受けるという心の準備をされている方にもご参加いただき

「力を使わない介護、日常生活での介助を学ぶ」と題して

当松阪社協 松阪支所 福っきー体操くらぶまつさかの、理学療法士 紀平美香 を講師に

介護と介助の違いや、「立つ・歩く・座る」の日常生活の基本動作からポイントを学ぶ講話のあと

椅子からの立ち上がりや歩行等の介助の仕方で、少しでも楽な介護として

実際に体験をしていただきました。

  

車いすに乗ったことがない方が大半で、乗る方と押す方を交代で体験していただきました。

健康福祉部の小塩部会長は、高齢のご両親がご健在ということで

車いすからベッドへの移乗を実践され「足の位置が大事やなぁ」と

男性ペアのご近所の参加者さんと抱き合い、

介護される役の方は「わしは力が入らん人」と役になり切られ、

周りから笑いも起き終始なごやかな雰囲気に包まれていました。

実践のあとは、皆さんで健康体操でリフレッシュ!

脳トレのボール運動では、あちらこちらから笑いが起き和気あいあい(*^▽^*)

最後に、皆さんで食事会を行いご歓談楽しい会となりました。

茅広江地区の皆さん ありがとうございました!

介護の悩みや相談など、お気軽にお声掛けください。これからもよろしくお願いいたします。

 

2019.07.03

“とくわっ子「ほっ」とくらぶ” のタガログ語勉強会に行ってきました!

こんにちは! 松阪支所地域福祉係です。

6月24日(月)徳和住民協議会の子どもの居場所づくり事業

“とくわっ子「ほっ」とくらぶ” のタガログ語勉強会に行ってきました!

この “とくわっ子「ほっ」とくらぶ” は

地域で子ども達を育み「ほっ」と安心できる居場所づくりをめざしネーミング。

この徳和地区にお住まいの地域の方々と、外国籍の児童及びそのご家族が

安心して暮らせることが出来るような交流の仕組みづくりとして今年4月に発足しました。

徳和小学校の土曜授業の終了後、「子ども食堂」と地域住民との楽しい遊び体験として

徳和地区市民センターで年4回開催します。

このタガログ語勉強会は、徳和住民協議会 中西会長さんの

「自分達も子ども達とタガログ語であいさつして親しくなりたい」の “鶴の一声” で開催しました。

講師先生は、久保交番のタガログ語通訳である尾﨑巡査長です。

今回は、神戸地区まちづくり協議会の富田事務局長、小田防犯防災部会長も飛び入りで参加されました。

フィリピンは目上の人を敬う文化があり、またイギリスとアメリカの統治下にあった為

学校では国語の授業以外は英語で学ぶそうです。

 

おはようございます! ⇒ アガンダン ウマーガ

マガンダンは「良い・きれい」

ウマーガは「朝」という意味で、後につける「昼」「夜」で

こんにちは ⇒ マガンダン ハーポン こんばんは ⇒マガンダン ガビ となるそうです。

日頃、見守り支援をされている 米倉「ほっ」とくらぶ実行委員長は

明日の朝声掛けしよう!と一生懸命暗記されていました(^^)

お互いの文化を理解し合おうという心と歩み寄る姿勢、地域の皆さまの熱い思いが、

この地域の福祉活動として地域の子どもの支援となり、

徳和地区にお住まいの皆さんの笑顔に繋がっていくんだ! と実感し胸が熱くなりました。

久保交番さん、徳和地区の皆さま

「ナカティラ アコ サ トクワ」

「サラーマット ハンガン サ ムリ」

私は徳和に住んでいます。

ありがとうございました! また会いましょう! (*^▽^*)ノ

2019.07.02

市民活動助成事業 公開審査会を開催しました。

 福祉のまちづくり課です。

 7月1日、松阪市福祉会館にて、市民活動助成事業 公開審査会を開催しました。この事業では、市内の市民活動団体を対象に、助成先・助成金額を決定する公開審査会を通じて赤い羽根共同募金を財源とした活動助成を行っています。

 子育てを支援する活動、地域の防災啓発に取り組む活動、必要としている方へ「食」を届ける活動等、それぞれに思いがこめられた活動PRは、「その活動を待ち望んでいる方々」の存在も感じられました。 

 また、今回は参加者全員で申請団体への応援メッセージを書き添えました。メッセージは「たくさんの子どもに活動が届きますように」や「あったかい志の活動にいつも胸をうたれています」等、これからの活動の後押しになるような気持ちがたくさん込められていました。

 審査会終了後、松阪市共同募金委員会 山本勝之会長より申請7団体に助成決定の発表があり、皆さんそれぞれにホッとされている姿が印象的でした。

 赤い羽根共同募金は、このように市内の身近な福祉活動に活用させていただきます。詳しい助成先等の情報は、お気軽に福祉のまちづくり課(☎30-5690)へお問合せください。

 

2019.07.02

心配ごと相談員の交流会を開催しました。

 福祉のまちづくり課です。

 6月28日、松阪市社会福祉協議会 新松阪支所にて、松阪管内の「心配ごと相談員交流会」を開催しました。

 交流タイムでは、昨今の相談内容から感じとれること、思うことなどについて、グループで話し合い、相談を受ける中で大切にするべき姿勢等、お互いに確認し合いました。

 相談員の先生より、「話を聞いてもらえるという感覚が、本人の安心感につながる。専門家ではないので、伝えれることは限られているが、少しでも相談者が笑顔で帰ってもらえれるようにしたい。」と話され、誰かを想うあたたかい心がこの事業を築いているのだなと改めて気づきました。

 これまで、松阪市社会福祉協議会・本所で受付ておりました「心配ごと相談」は、本年7月1日より新松阪支所(鎌田町213-1 / ☎30-5210)にて開催いたします。

 日々の生活における悩んでいること・困っていること等どんなことでも相談していただくことができます。秘密厳守で行っていますので、開催時間、受付方法等、お気軽にお問合せください。

2019.07.02

「サマーボランティアスクール」参加者募集のお知らせ

 松阪市ボランティアセンターです。

 ボランティアセンターでは、小学生から大学生を対象に、ボランティアの体験などを通して福祉の基本を学んでいただく「サマーボランティアスクール」を夏休み期間中に開催します。

 日程と内容は以下のとおりです。絵手紙を活用したボランティアや図書館支援を体験したり、防災や手話について学んだり、楽しくボランティア活動や福祉活動について知っていただくことができます。

 詳しくは、ボランティアセンターまでお問い合わせいただくか、社協広報誌7月号をご覧ください。

 

【サマーボランティアスクールの日程】

*楽しく防災の大切さを学ぼう

  7/31(水)小学3~6年生 定員10名  会場:松阪市福祉会館

 

*手話で伝える・伝わるを体験しよう

   8/2(金)小学生~大学生 定員15名 会場:松阪市福祉会館

 

*絵手紙で暑中見舞い・手づくりうちわを描こう

   8/6(火)小学3~6年生 定員10名   会場:松阪市福祉会館

 

*楽しく福祉を学んじゃおう

   8/9(金)・22(木)小学3~6年生 定員15名  会場:松阪市福祉会館

 

*図書館の裏側をのぞいてみよう

  8/21(水)小学3~6年生 定員10名    会場:松阪市松阪図書館

 

*ボランティアっていいよね。皆で語ろう

   8/23(金)高校生・大学生 定員15名   会場:松阪市福祉会館

 お申込み時点で定員に達している場合があります。

 問合せ・申込みは、松阪市社会福祉協議会 ボランティアセンター TEL 23-2941 まで

 昨年のサマーボランティアの様子   ~絵手紙で暑中見舞いを描こう~

2019.07.02

まちなか避暑地㏌嬉野支所

こんにちは。嬉野支所です。

 

昨年の夏は、全国的に記録的な猛暑でした。

今年は・・・!?

気象庁が発表した3カ月予報によると

この夏は、去年のような猛暑になる可能性は低い

とのことでした。

しかし!安心してはいけませんっ!!

暑さ対策と水分補給は

ぬかりなく行ってくださいね。

 

今年も嬉野支所は

まちなか避暑地として

冷たい水を準備させていただいております。(7月~9月)

嬉野支所にお越しの際はもちろんのこと

お散歩途中でも

のどを潤してくださいね。

 

また、毎月第一水曜日は

嬉野支所の一般公開日となっており

集会室にてカラオケを楽しんでいただけます♪

どなたでもご利用いただけますし

入退室も自由です。

お気軽にご利用ください。

たくさんの方のお越しをお待ちしております★

2019.07.02

あじさいと小さい蛙の幼稚園

こんにちは。松阪社協 飯高支所デイサービスです。

今日は朝から雨。午後からは、この雨の季節にピッタリのお花見に行きました。旬の料理のお弁当を食べたら出発です。森から乙栗子の方に紫陽花(アジサイ)を見に行きました。雨が降っていたので、みなさんには車から降りてもらう事ができなかったのですが、車からピンク・青・白・紫と色とりどりの紫陽花の花を見て「あそこにも咲いとるなあ」「キレイやなー」と、賑やかな話し声が聞こえてきました。乙栗子の紫陽花のまわりにはたくさんの小さい蛙がいて、蛙の幼稚園のようでした。夜には賑やかな、“蛙の合唱”を聞くのが楽しみですね。

2019.06.28

綱引き大会に行ってきました♪

こんにちは。嬉野支所です。

 

嬉野中川まちづくり協議会と中川小学校共催の

「綱引き大会」が、盛大に実施されました。

それぞれの学年に合わせた形式で試合が行われ

掛け声や声援、歓喜の声が体育館に響き渡りました。

どの子も光り輝き

とてもステキな時間を過ごさせていただきました。

 

2019.06.27

“笑顔でサンサングループさんと”

 こんにちは。松阪社協 飯高支所デイサービスです。

 今日は、朝から暑いくらいの晴天!太陽が“サンサン”と照らしています。

 午後からは、その暑さを吹き飛ばすため、“サンサングループ”さんに、十二支の人形劇と体操をしていただきました。“サンサングループ”さんは、「おひさまのSUN。明るい笑顔を(みなさまに)とどけよう」というコンセプトで活動してみえるそうで、十二支の人形劇は、みなさんが知っているお話をおもしろく感動的に見せていただきました。

 その後は干支の話や、お馴染みの“サザエさん”や“水戸黄門”の歌で体操を教えていただきました。

 みなさん楽しそうに「おもしろかったなあ」と、ステキな笑顔を見せてくれていました。

 

 また来年を楽しみにしています。

ページの先頭へ戻る