社協職員日記

2021.08.18

サマーボランティアスクールで共同募金ってな~にを開催

こんにちは!松阪市共同募金委員会です。

 

8月4日(水)サマーボランティアスクールで共同募金の講話と募金箱づくりを行いました。

コロナ禍での開催のため、感染対策として小規模での開催といたしました。

 

クイズを取り入れながらのお話には子どもたちからたくさん反応がありました。「共同募金は良く知らないけど名前は聞いたことがある」と共同募金の知名度には改めて感心しました。

共同募金のしくみの話として、終戦後の助け合い活動が共同募金の始まりだったことをお話すると「戦争の話を学校で習った」と習ったお話を聞かせてくれました。

話を聞いた後は今回のメインである募金箱づくりをしました。話を聞いて印象に残った言葉を書いたり、事前に用意したイラストを自由に切り貼りして作り終えました。子どもたちに作ってもらった募金箱は、10月1日から始まる募金運動に活用させていただきます。

サマーボランティアスクールへの参加を通して、共同募金のことを知っていただいことを嬉しく思います。また、募金箱づくりもしていただいたことは今年の募金運動の大きな協力になりました。これからもたくさんの子どもたちに共同募金を伝えていきたいと思います。                                                                                

2021.08.13

飯南放課後児童クラブ「いいねっこ」の活動に参加させていただきました。

こんにちは!  飯南支所地域福祉係です。

7月29日(木)飯南放課後児童クラブ「いいねっこ」の活動に参加させていただきました。

この取組みは「赤い羽根共同募金」を財源とした「子育て支援行事助成金」を活用して

『食育と防災を通じて備えるもしものごはん』として、だんだんキッチンの代表である 防災士の大須賀由美子さん を講師にワークショップを開催。

27名のいいねっこの子どもたちが参加しました。

子どもの備える『食』というねっこの部分を育て、自分にできることを考えるようにと

いつもお家で使っているお鍋でご飯を炊き、お家にある缶詰を食材に使い、ポリ袋でできる料理を教えてくださいました。

スクリーンで地震や災害について説明いただいたあと防災食作りです。

今日のメニューは、お鍋で作る梅わかめご飯、切り干し大根のサラダ、麩のたいたんです。

子どもたちも興味津々! 

ビニールで材料と調味料を入れてもみもみ^^ 出来上がったご飯を、教室に帰ってみんなで食べました。

梅が嫌いと言っていた子もモリモリと一生懸命食べている姿から

『食』から楽しく防災を学ぶことは、日頃の生活にも通じ役に立つことだと実感しました。

子どもたちの良い学びの場となったことでしょう^^

大須賀由美子先生 ありがとうございました!

子どもたちへ「このマークはなんでしょう?」と尋ねたら、みんなが「赤い羽根共同募金」と答えてくれました!

子どもたちが通う粥見小学校と柿野小学校では、毎年募金活動に協力いただいています。

地域の皆さんからお寄せいただいた赤い羽根共同募金が、放課後児童クラブや子育てサークルに通う子どもたちの遊び場や、地域との繋がりづくりとして地域の福祉活動に役立てられています。

いいねっこの皆さん、先生方ありがとうございました!

これからも皆さんの笑顔をお届けしたいと思います^^ 

2021.08.13

野菜の種まきを行いました。

こんにちは、嬉野支所生活介護事業所です。

4種類の野菜の種まきをしました。今回は初めて葉物野菜に挑戦です。

上手く収穫できるか楽しみです。

ブロッコリー・人参の収穫時期は12月頃

はつか大根は8月末頃

こまつなは、10月から11月頃収穫ができますように。

収穫ができた時は、お知らせしますね。

暑い日が続きます。皆様、お体ご自愛ください。

 

2021.08.13

茅広江地区の『在宅介護者の集い』に参加しました!

こんにちは!松阪支所 地域福祉係です!!

コロナ禍でも地域のつながりを絶やさない活動を紹介します。

 

7月10日(土)に茅広江地区で『在宅介護者の集い』が開催されました。

 

この事業では、在宅で介護をされている方々を対象に「コロナ禍における在宅介護について」をテーマにした講演会が開催されました。

 

当日は、茅広江住民自治協議会 健康福祉部会 小塩 正明部会長のあいさつで開会、当会「グループホームいいたか」管理者 松本 尚美を講師としてお招きいただきました。

 

当日は約20名の方が参加されました。

正しく感染予防対策をして安心して在宅で介護をしていただくヒントとして、「グループホームいいたか」の職員の一日の流れ、感染経路や感染対策で大切な三つの柱、感染経路の遮断等の流れで学び合いました。

 

また、利用者様、ご家族様への支援で留意していることや、職員へのケア等、日々直面している介護の話は、参加者の方も共感する点が多かったようで、頷いて聞いていらっしゃる姿が印象的でした。

 

質疑応答では様々な質問が挙がり、介護時の悩みをお話して下さった方もいらっしゃいました。

 

今回の講演のように、在宅で介護をしている方が息抜きをする事のできる機会がある事は素敵だなと感じました。

 

 

茅広江地区の皆さま、学びの機会をありがとうございました!

2021.08.11

『第2回 神戸・徳和地区民生委員児童委員協議会研修会』に参加しました!

 

こんにちは!松阪支所 地域福祉係です!!

神戸・徳和民生委員児童委員協議会の皆さんが学びを深められた研修会を紹介いたします。

 

同地区では、7月2日(金)・7日(水)に防災研修会を開催されました。

 

神戸・徳和地区民生委員児童委員協議会 谷口 壽会長の挨拶で開会し、その後は松阪市防災対策課 小泉 明弘氏が『自分たちで行う防災』をテーマに講演されました。

両日ともにそれぞれ約20名の方が参加されました。

 

講演で、災害はいつ何時起きてもおかしくない状況である事、自助が7割、共助が2割、公助が1割と言われているように「自分の身は自分で守る」必要があると教わりました。

 

また、視聴したDVDには、実際に地震が起きた際に防犯カメラが捉えた映像や、土砂災害が起きた地域の被災者による体験談が収録されていました。

被災した方は「まさかここまで来るとは思わなかった。」・「もっと早く逃げたらよかった。」等と話されており、早めの避難や普段から家族間で避難場所や連絡先を確認する必要があると学びました。

 

一方で、「避難する=避難所へ」のイメージがありますが、避難途中に命を落とす方もいるようです。

必ずしも避難所ではなく、「安全が確保できる場所」へ避難する事が大切なのだと知る事ができました。

 

講演時、参加者は熱心に耳を傾けて聴いていらっしゃいました。

 

 

松阪市は、10月の第4日曜日を「松阪防災の日」として策定しました。

 

今回の研修会を通して、自分の身を自分で守る為に、どのような行動をすべきなのかを学ぶ事のできる、良い機会だと思いました。

 

神戸・徳和地区民生委員児童委員協議会の皆さま、学びの機会をありがとうございました!

2021.08.11

西黒部地区 松名瀬自主防災女性部会 学習会へ参加させていただきました!

こんにちは!松阪支所地域福祉係です。

 

 7月初旬、西黒部地区 松名瀬自主防災女性部会 学習会へ参加させていただきました。

 

  松名瀬自主防災女性部会は、“災害時は、誰が動けるかわからないので、自分たちのできることを身に付けて、地域を守っていこう”というボランティア精神のもと、平成24年に結成されました。現在、隊員数は21名です。

年間を通じて、防災訓練、炊き出し、情報伝達訓練、学習会(年5回)を継続的に行ってみえます。

 

  今回参加させていただいた学習会の内容を紹介します。

①障がいのある方の理解について

『生活介護サービス あゆか』 理事長 飯田あゆみさんを講師に招き、『自閉症の理解』について、手作りの紙芝居やペットボトルで作った特殊眼鏡を活用した疑似体験を通じて学び合いました。

 

②認知症について

第四地域包括支援センターによる『認知症サポート養成講座』を受講しました。

認知症の基礎知識を学び、地域の温かい目で見守ること、できる範囲でサポートすることを学びました。そして、受講したことで、参加者の皆さんは“認知症サポーター”の隊員となりました!

 

参加者からは、「自閉症の人は、こんなに見えづらかったんやな」など、“見た目ではわからないが、感覚が原因で不自由さを感じていることがよく分かった”という感想があがりました。

 

   地域で学び合い、助け合う、誰もが安心して暮らせるまちづくりに取り組んでいる松名瀬町のみなさんに、日々の積み重ねの大切さを教えていただきました。

 

   今年も世界各地で異常気象、災害が起きています。災害は、いつ起こるかわからないからこそ、私もできることを少しずつ実行していきたいと思います。

 

松名瀬町のみなさん、参加させていただきありがとうございました!

2021.08.06

クラギ株様よりメロンの寄付をいただきました

こんにちは、嬉野支所生活介護です。

クラギ株様より今年もメロンの寄付をいただきました。

 

毎年ありがとうございます。とってもジューシーで甘いメロンです。美味しくいただきました。

2021.08.04

松阪市保育士修学資金貸付事業のご案内

まっつぁかで保育士になりたい高校3年生を応援します!

松阪市保育士就学資金貸付事業 案内ポスター

2021.08.04

防災キャンプを行いました

こんにちは 嬉野支所です。

豊地小学校で5年生を対象に防災キャンプを行いました。

豊地地区は、土砂災害や浸水被害が想定されている地域です。ハザードマップ上で自分たちの住んでいる地域がどのように示されているか、過去にこの地区で起こった災害や自分たちにできる備えについて学びました。

ワークショップでは「身近にあるもので防災グッズづくり」と題して、ビニール袋を活用したポンチョづくりを行いました。この日のみんなの目標は「全力で楽しむ!」。難しい工程などはみんなで協力し合い、ポンチョが完成すると早速、羽織る子どもたち。自分で作ったポンチョに満足げな子どもたちがとても印象的でした。「あったか~い」という感想も聞かれ、保温機能があることを実感してもらうことができました。

 

その後は皆のお待ちかね防災食づくり!

ライフラインが切断された状況下でもできる調理方法で蒸しパンづくりを行いました。この日、使用したホットケーキミックスはメープル風味。「いい匂いがする」と完成を楽しみにしながら、完成までの間、防災クイズで知識を深めました。

2時間の授業でしたが積極的に発言したり、作業に参加したりと自分たちにもできる災害対策について考えてもらうきっかけづくりができたと思います。

豊地小学校の5年生の皆さん、先生方ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

2021.08.03

デイサービスの日常①

  こんにちは。松阪社協 飯高支所デイサービスです。

 デイサービスといえば入浴ですよね。身体を綺麗にする事も入浴の大事な事ですが、職員はそれ以外にも、『どこかケガはしていないかな?』『虫にさされたりしていないかな?』『こけたりしてアザはできていないかな?』など気にして見ています。具合が悪い時などは、無理せず何でも職員に伝えてもらっています。

 

毎日のお風呂掃除の様子です。脱衣場は椅子・床を水拭きして消毒、仕切りのカーテンなど全ての物を消毒しています。一般浴も特浴も全ての物を洗います。一般浴・特浴の床は滑り止め加工がしてあり、専用の洗剤とスポンジで隅々まで洗っていますが、転倒には十分注意してくださいね!みぞ掃除は隅々まで、洗剤をつけて亀の子だわしでしっかりと洗っています。みなさんが気持ち良く入っていただけるよう頑張っています!

ページの先頭へ戻る