社協職員日記

2018.12.10

“優雅な大正琴の音色に”

こんにちは。松阪社協飯高支所デイサービスです。

 最近めっきり寒くなってきました。こんな時は心温まる音楽が聞きたくなります。

 今日は、昭縁会さんに大正琴の演奏を聞かせていただきました。日本の琴の弦は絹製ですが、大正琴の弦は金属製で、音色も違います。日本では、大正時代に流行した弦楽器だそうです。

 

 はじめに『荒城の月』『みかんの花咲く丘』『たきび』を聞かせていただきました。みなさんも馴染みの曲で口ずさみながら聞いていました。『愛して愛して愛しちゃったのよ』が始まったころには、心もすっかり温まり、ポカポカになりました。

 

昭縁会さんは、町内の顔見知りの方が多いので、みなさん喜んでみえました。

2018.12.10

第14回社会福祉大会・福祉フェスティバル出展事業所紹介!

こんにちは!福祉のまちづくり課です。

 第14回松阪市社会福祉大会・福祉フェスティバルが12月16日(日)にハートフル三雲で開催されます。今日は屋台村に出店される地域団体をご紹介します。

 

 【嬉野宇気郷住民協議会】

  ~日常の活動~

 年に1~2回ほど住民協議会ならびに公民館主催の行事に、地域住民の方に手づくり木工品等をプレゼントされています。

~出店内容~

  木工品

   ・おもちゃ

   ・プランター

   ・机

   ・椅子

   ・棚

   ・踏み台

   ・小物入れ

   ・ゴム鉄砲

第14回社会福祉大会・福祉フェスティバルにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

2018.12.10

第14回社会福祉大会・福祉フェスティバル出展事業所紹介!

こんにちは!福祉のまちづくり課です。

 第14回松阪市社会福祉大会・福祉フェスティバルが12月16日(日)にハートフル三雲で開催されます。今日は屋台村に出店されるボランティアグループをご紹介します。

 

 【松阪市食生活改善推進協議会嬉野グループ】

  ~日常の活動~

松阪市食生活改善推進協議会 嬉野グループです。

 

「私たちの健康は私たちの手で」をスローガンに、生涯における健康づくり活動を食を通して地域において推進しているボランティア組織です。

活動内容として

・会員の「健康づくり活動」への意識向上のための研修会。

・テーマに沿った料理講習会や野菜啓発料理教室「簡単!うきうきクッキング」

・離乳食、幼児食教室の試食作り、参加者との交流、アドバイス等。

・ふれあい健康まつり、福祉大会等のイベントへの参加。

・地域高齢者への配食サービスの弁当作り(毎月第4火曜日)

・障がい児地域スクール参加者の昼食作りなどを行っております。

 

 ~出店内容~

今回の松阪市福祉フェスティバルでは「おでん」を出店いたします。

たっぷりと煮込んだ熱々のおでんを是非ともお楽しみください。

 

2018.12.07

平成30年度心配ごと相談員研修会

こんにちは、地域生活支援課です。

松阪市社会福祉協議会では、本所及び各支所において、悩んでいること・困っていること等を気軽に相談いただける場所として、心配ごと相談を行っています。

この度、12月5日(水)に、蒔田勝義氏(高田短期大学非常勤講師)を講師にお招きし、講義とグループワークを交えて研修していただきました。

 

講義では、相談支援の考え方や、心配ごと相談事業の背景や今後の見通しについて等をお話しいただきました。心配ごと相談の場合は、問題(課題)を抱えて相談にみえた方自身が決定して行動に移してもらうことに対する支援であるため、相談員の役割として問題の整理や気づきの促しが大切になる等、相談を受ける際に大切になってくる考え方を教えていただきました。

また、蒔田氏自身、長年社会福祉協議会の職員をされていたこともあり、心配ごと相談事業が全国的に普及した昭和30年代頃の話から、近年の動向までを端的に説明いただきました。

 

その後は、グループ毎に日々の相談業務の中で心がけていることや困っていることを出し合い、共有を図るためグループ毎に話し合った内容を発表いただきました。

最後にまとめとして、相談における留意点として秘密の保持など来談者が安心して相談できるようにするためのポイントや、支援における留意点として心配ごと相談は専門職による相談でないことから、あくまでも来談者自身による自己解決が原則であるというポイントを述べられました。

そして、何より来談者に寄り添い傾聴の態度を貫くことが大切であるというお話をいただきました。

 

今回の研修が相談員の方が来談者に対応する際の参考になり、ひいては相談にみえる方々へのより良い相談対応に繋がればと思います。

2018.12.07

柳屋奉善様より、お菓子のご寄付をいただきました!

現在、松阪市内では、子どもが安心して地域で過ごせるよう、様々な取り組みが行われています。

 

今回、松阪市の事業「学習室」で勉強を頑張る生徒さんへ、柳屋奉善さんより、お菓子を頂戴いたしました!

頂戴したお菓子は『どラスク』という名前で、どら焼きの皮がサクサクのラスク風に仕上げられており、添加物を一切使わずに作られたそうです。職人さんが作ってくださったとお伺いいたしました。

ちょうどよい甘みを生み出すことの大変さや、100%無添加のお菓子を作ることへのこだわり等をお伺いいたしました。

 

生徒さん方からは、「甘くておいしかったです!」「さくさくで良い感じの甘さで美味しかったです!!また食べたいです!!」などの感想をいただきました。

お預かりした感想は、松阪市社会福祉協議会 会長 田上 勝典より柳屋奉善 17代目代表 岡 久司様へお渡しをさせていただきました。

また、その後、その感想は、岡様より『どラスク』を作られた職員さんのもとへと届けていただいておりました。

 

柳屋奉善様、本当にありがとうございました。

2018.12.07

第14回社会福祉大会・福祉フェスティバル出展事業所紹介!

こんにちは!福祉のまちづくり課です。

 第14回松阪市社会福祉大会・福祉フェスティバルが12月16日(日)にハートフル三雲で開催されます。今日は屋台村に出店されるボランティアグループをご紹介します。

 

 【松阪市食生活改善推進協議会三雲グループ】

  ~日常の活動~

「私達の健康は私達の手で」をスローガンに「ヘルスメイト」の愛称で全国で活動する食生活改善推進員として松阪市の三雲地域に住む会員で松阪市食生活改善推進協議会の三雲グループを構成しています。

親子の食育・骨太・非常食・生活習慣病予防・地産地消などの料理の研修、行政・地域が行う「うきうきクッキング」「武四郎まつり」等の協力などボランティアとして食を通して健康づくり活動をしています。

 

 ~出店内容~

今回の松阪市福祉フェスティバルでは「うどん」を出店いたします。

温かいうどんを食べて体も暖めて福祉フェスティバルをお楽しみください。

2018.12.06

第14回社会福祉大会・福祉フェスティバル出展事業所紹介!

こんにちは!福祉のまちづくり課です。

 第14回松阪市社会福祉大会・福祉フェスティバルが12月16日(日)にハートフル三雲で開催されます。今日は屋台村に出店されるボランティアグループをご紹介します。

 

 【松阪更生保護女性の会】

  ~日常の活動~

法務省の主唱する社会を明るくするボランティア団体の1つとして平成14年4月に活動を始めました。現在は広報部、研修部、事業部のいずれかに所属し、年4回の松更女だよりの発行、各種研修会の企画、活動PRのためのバザー、津市にある三重県保護会「上弁財荘」の給食支援、県内14地区会との交流・研修、県内外の刑務所や更生保護施設への視察研修等を実施しています。また、松阪市社会福祉大会・福祉フェスティバルへの参加や赤い羽根共同募金活動等に会をあげて参加しています。

平成28年度は、日本更生保護女性連盟が取り組んでいる“地域との連携・協働活動”の中部地区の推進地区のひとつとして、松阪保健所の協力のもと、低年齢から大人の方までを対象に、薬物乱用防止啓発活動として、年間20余ヶ所およそ800名の方に薬物乱用防止やけしの花の話を訴えてまいりました。

薬物が本人や家族や地域をこわしていくことがないようこれからも犯罪のない社会づくりの活動を続けていきたいと思います。

 

 ~出店内容~

今回の松阪市福祉フェスティバルでは「ぜんざい」を出店いたします。

大納言の小豆を使用した甘くて美味しいぜんざいを是非ともお楽しみください。

2018.12.05

第14回社会福祉大会・福祉フェスティバル出展事業所紹介!

こんにちは!福祉のまちづくり課です。

 第14回松阪市社会福祉大会・福祉フェスティバルが12月16日(日)にハートフル三雲で開催されます。今日は屋台村に出店されるまちづくり協議会をご紹介します。

 

 【港まちづくり協議会】

  ~日常の活動~

地域の住民等が、身近な課題を自主的に解決し、地域の個性を活かして、住んでいて良かったと思える、安全で安心なまちづくりを行う」ことを目的に、地域振興部会、安全防災部会、環境福祉部会の3つの部会が活動をしています。

地域振興部会は、うなぎつかみ大会、ふれあい公民館まつり等のイベント事業を通して、世代を越えた交流を生み出し、コミュニケーションの活発なまちづくりをしています。

安全防災部会は、犯罪や交通事故から地域住民を守り、また地震や風水害による被害を最小限におさえるため、防犯パトロール、防災訓練、避難訓練、救急救命講習会などを開催し、災害に備える活動をしています。

環境福祉部会は、環境を守る美しいまちづくりとして地域美化清掃や、介護予防を目的に「サロンドみなと」を開催し、高齢者が健康でたのしく暮らせるまちづくりなどを目的に活動しています。

 

 ~出店内容~

 相可高校調理クラブの皆さんと、港まちづくり協議会のメンバーで何度も打ち合わせを重ねレシピを考えた、港地区の特産品であるあおさのりをふんだんに使用した、とっておきのパン、お惣菜と、地元で人気の和菓子店中村屋さん特製のあおさ饅頭です。ぜひお召し上がりください。

 

2018.12.05

第14回社会福祉大会・福祉フェスティバル出展事業所紹介!

こんにちは!福祉のまちづくり課です。

 第14回松阪市社会福祉大会・福祉フェスティバルが12月16日(日)にハートフル三雲で開催されます。今日はオリジナルショップに出店される事業所をご紹介します。

 

 【障害者生活介護事業所 ほほえみ】

  ~日常の活動~

  ・支援活動(食事・排泄・歯磨き・着替え・健康管理)

  ・訓練活動(調理実習・掃除・洗濯・知識の学習)

  ・体験活動(外食・買い物・スイミング等)

  ・音楽療法

  ・創作活動(絵画・習字・手芸等)

  ・生産活動(組立作業・農業)

  ・余暇活動(読書・DVD鑑賞・カラオケ等)

~出展内容~

  ・クッキー

  ・テーブルふき

  ・アクリルタワシ

  ・手芸品

2018.12.05

和楽器の音色とともに

 こんにちは 飯高支所デイサービスです。

 今日は、津軽三味線&和太鼓チームのみなさんに演奏をしていただきました。このデイサービスに来ていただくのは、今回で2回目です。この前は8月に来ていただきましたが、とてもステキな演奏だったので今回も、とても楽しみにしていました。本格的な和楽器の演奏を聞かせてもらう事はめったにないので、ワクワクドキドキでした。最初は民謡の演奏を聞かせてもらって、その後お馴染みの懐かしの童謡をみんなで一緒に歌いました。拍子木や鐘(銅拍子)を持たせてもらい、一緒に演奏するという貴重な体験をさせていただきました。みなさん「楽しかったな~」「すごかったな~」と喜んでいました。

ページの先頭へ戻る