障がい者福祉の事業や支援

日常生活自立支援事業

日常生活自立支援事業は、誰もが安心して福祉サービスを利用できるよう、お手伝い(援助)する事業です。
地域で生活されている高齢者や知的障がい者、精神障がい者などの方々に、心から安心できる生活を送っていただけるよう、自分に必要な福祉サービスを選んだり、利用するための手続きや契約を結んだり、日常的なお金の管理などをお手伝いします。

こんな「困った」はありませんか?

  1. 福祉サービスを利用したいけど

    • どんな福祉サービスが利用できるかわからない。
    • 福祉サービスを利用したいけれど、手続きの仕方がよくわからない。
  2. お金がちゃんと管理できるか心配…

    • 福祉サービスの利用料や、税金・保険料・電気代など、いろいろな支払いができるか心配。
    • 年金がきちんと振り込まれているかどうかわからない。
  3. 大事な書類をなくしてしまいそう…

    • 通帳や権利証などの大事な書類を置き忘れることがある。

こんな「お手伝い」いたします

  1. 福祉サービスの利用のお手伝いをします。(福祉サービスの利用援助)
  2. 日常的なお金の管理をお手伝いします。(日常的金銭管理サービス)
  3. 大切な書類等をお預かりして保管します。(書類等預かりサービス)

対象となる方

認知症高齢者や知的障がい者、精神障がい者など判断能力が不十分なため、福祉サービスの利用や日常的な金銭管理等がうまくできない方が対象になります。

利用手続き

  1. まず、相談してください。

    お近くの日常生活自立センターや市町の社会福祉協議会にご相談ください。専門員や推進員が相談をお受けします。プライバシーに配慮し、秘密は必ず守りますので、安心してお気軽にご相談ください。

  2. お手伝いの計画を作ります。

    日常生活自立センターの専門員が、ご本人の暮らしにあったお手伝いの計画をつくります。

  3. 契約します(審査が必要な場合もあります)。

    お手伝いの方法が決まれば契約となりますが、契約を結ぶ能力に疑義がある場合には、県の日常生活自立支援センターの契約締結審査会で審査されることになります。

  4. 契約するとお手伝いがはじまります。

    契約を結んでいただくと、生活支援員が実際にお手伝い(援助)させていただきます。

  5. ちゃんとお手伝いできているか確認します。

    お手伝い(援助)がはじまった後も、定期的に専門員が中心になって実施状況の検討を行います。

利用にあたっての料金

  1. 福祉サービス利用援助および日常的金銭管理サービス 1回:1,000円(1時間程度)
  2. 書類等の預かりサービス 年間:3,000円(1ケ月:250円)

お問い合わせ先

松阪多気日常生活自立支援センター(松阪市社会福祉協議会内)

0598-22-3715

ページの先頭へ戻る